5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

この知識があれば時代劇が面白くなる

1 :名乗る程の者ではござらん:04/01/31 20:52 ID:uoqnMPBm
1両=小判1枚=現在の価値で約4万円

2 :名乗る程の者ではござらん:04/01/31 20:53 ID:uoqnMPBm
岡場所=現在のソープランド

3 :名乗る程の者ではござらん:04/01/31 20:54 ID:???
質問

吉衛門は幸四郎の兄?弟?
カツオはキンノスケの兄?弟?

4 :名乗る程の者ではござらん:04/01/31 20:57 ID:???
上様=将軍、上方=大阪

5 :名無し募集中。。。:04/01/31 21:09 ID:22dja2S8
岡場所はソープじゃねぇよ!

6 :名乗る程の者ではござらん:04/01/31 21:14 ID:???
大阪(おおさか)じゃなくて大坂(おおざか)


7 :名乗る程の者ではござらん:04/01/31 21:15 ID:???
良スレの予感

なるべく基本の基本から教えてくらさい。

8 :名乗る程の者ではござらん:04/01/31 21:17 ID:OFtE11vM
>>3
吉右衛門は幸四郎の弟
嘉津雄は錦之助の弟
(補足トリビア→獅童の父は錦之助、嘉津雄の兄)


9 :名乗る程の者ではござらん:04/01/31 21:23 ID:6wxABGDm
中村錦之助
中村嘉津雄
松本幸四郎
中村吉右衛門
中村獅童

この人たちって一応みんな血縁者なんだよね。血の濃度はそれぞれ違うけど。

10 :名乗る程の者ではござらん:04/01/31 21:23 ID:???
>>1
そもそも、1両の価値も4万円って断定できないだろう。

とっ!それはさておいてネタふりとして
吉原と岡場所、また柳橋は場所もすることも違います。 

11 :名乗る程の者ではござらん:04/01/31 21:24 ID:OFtE11vM
>>1
それ間違い
このあいだテレビで違うこと言っていたよ。

つーか、昔の貨幣価値は今の価値では置きかえられねーんだよ。
米価基準にしたって、今は江戸時代より米の価額が相対的に下がってるしね。

12 :名乗る程の者ではござらん:04/01/31 21:27 ID:???
米価基準なら、1両は江戸初期で10万円弱だった。
中期で4〜5万円、後期で2〜3万円、幕末は乱高下して数千円。
知識ゼロの人が、時代劇を楽しむためだったら、>>1は役立つんじゃないの?

13 :名乗る程の者ではござらん:04/01/31 21:34 ID:???
>>12
ちなみに大坂は銀が主要貨幣ですって難しいかな?

時代劇的には放火の度に大儲けする材木問屋は木場に多く有ります。



14 :名乗る程の者ではござらん:04/01/31 21:35 ID:???
>>9
中村勘九郎、勘太郎、七之助も血縁者

幸四郎、吉右衛門の母方の祖父=初代吉右衛門(長男)と
錦之助、嘉津雄の父=三代目時蔵(次男)と
勘九郎の父=勘三郎(三男)は
兄弟だからね。おやじは歌六。

ちなみに、幸四郎、吉右衛門と団十郎と先代辰之助(松録の父)は
父方の従兄。
勘九郎の母方の祖父(六代目菊五郎)の養子の子は菊五郎。



15 :名乗る程の者ではござらん:04/01/31 21:39 ID:???
つまり藤堂と捨助は従兄弟ということね

16 :名乗る程の者ではござらん:04/01/31 21:41 ID:???
>>15
ちがう。また従兄弟。
幸四郎・吉右衛門と獅童と勘太郎・七之助がまた従兄弟。

17 :名乗る程の者ではござらん:04/01/31 21:46 ID:???
貨幣価値の判断は難しいよなあ。
「坊っちゃん」の時代の貨幣価値を考察してるサイトがあったけど、そこでは昔も今も
価値があまり変わってないだろうというものとして、銭湯代を基準にしてたな。

18 :名無し募集中。。。:04/01/31 21:51 ID:22dja2S8
一両の価値についてはこう考えてみてくれ

・庶民の感覚で大金である
・しかしまったく手が届かないわけではない
・金貨1枚

このへんのイメージから、俺は1両=10万円として変換してる

19 :名乗る程の者ではござらん:04/01/31 21:53 ID:???
江戸時代でも時代によって貨幣価値違うからね。
300年もあるのだから当然っちゃ当然。

20 :名乗る程の者ではござらん:04/01/31 21:55 ID:???
>>14
それにしても歌舞伎の世界は凄いな。最高クラスの役者がみんな血縁とは!
白鴎、幸四郎、吉右衛門、錦之助、嘉津雄、勘九郎、団十郎はみんな大好きな役者だ。

21 :名乗る程の者ではござらん:04/01/31 22:02 ID:???
一両=四分
一分=四朱


22 :名乗る程の者ではござらん:04/01/31 22:03 ID:???
>>19
髷や衣装も違う・・・
忠臣蔵とか見てて、侍の羽織の襟や袖の部分が違う柄だったりするけど
あれは当時流行のファッションみたいなものか?

23 :名乗る程の者ではござらん:04/01/31 22:05 ID:???
>>18
池波小説には「1両=10万円」と換算できる記述があったな。
なんの小説だったかな・・・


24 :名乗る程の者ではござらん:04/01/31 22:10 ID:???
>>20
でも、名門といっても、意外とみんな、昔の役者からは血は繋がって
ないんだよね。
勘九郎はひいじいちゃんから、団十郎・幸四郎らはじいちゃんから
役者をはじめている。
絶えている血筋も多い中で、なぜか↑この血筋は栄えてるね。

25 :名乗る程の者ではござらん:04/01/31 22:24 ID:???
>>10
しかし、ま、男と女だもの、行き着く先にやるこたぁ一緒かも。
その過程と段取りは全然違うけどね。

26 :名乗る程の者ではござらん:04/01/31 22:31 ID:???
岡場所が本来は傍場所とかいて
傍場所=傍目八目=傍惚れ
「傍=本来の場所とは違う、外れたところ。横」

という知識まで知っておくべきなんだよ。時代劇は!

27 :名乗る程の者ではござらん:04/01/31 22:48 ID:???
>>26
それに関しては大変勉強にはなるけど
んな事まで知らなくとも普通に楽しめるような気がするんですが…

28 :名乗る程の者ではござらん:04/01/31 22:58 ID:???
>>27
そうか、細かすぎたか(´・ω・`)

じゃあ
「さんぴん」というのは「三両一人扶持」のことで
本来は貧乏武士に対する悪口で、町人に言うのは間違いだ

というのはどうか

29 :名乗る程の者ではござらん:04/02/01 00:18 ID:PGgIiaGC
くだらねぇスレだな

30 :名乗る程の者ではござらん:04/02/01 00:23 ID:???
勉強してこいよ自分で

31 :名乗る程の者ではござらん:04/02/01 00:36 ID:???
こんな、時代風俗豆知識みたいのが無くたって面白く見れるよ。

32 :名乗る程の者ではござらん:04/02/01 00:46 ID:???
PHPから時代劇用語の本が出てるからそれ買って勉強しろや廚よ

33 :名乗る程の者ではござらん:04/02/01 00:49 ID:???
そりゃそうだけど、まぁあってもいいんじゃないの!

>>28
その程度のレベルで良いと思うよ。

34 :名乗る程の者ではござらん:04/02/01 00:53 ID:???
そんな知識なくたって困らないが知るとへぇ〜な
時代劇トリビアのスレってことでひとつよろしく。

35 :名乗る程の者ではござらん:04/02/01 00:57 ID:???
すいません「ごくもん」ってなんですか

36 :名乗る程の者ではござらん:04/02/01 01:17 ID:???
>35
「獄門」のこと?
刑罰の一つで斬首の上、首をさらされること。
さらされる首を載せるのが獄門台・

37 :名乗る程の者ではござらん:04/02/01 01:31 ID:???
>>36
むかし、なんかの時代劇のお白州の場面で
打首獄門のところ罪一等減じて・・と言った瞬間、罪人の顔がゆるんだが
そのあと、死罪申し付ける!・・でガクッってなったのは激しくワロタ。

38 :名乗る程の者ではござらん:04/02/01 01:38 ID:???
>>37
確かに死罪のほうが軽いからね
ただ罪一等を減じるといった場合、死刑関係は遠島になることだけど

39 :名乗る程の者ではござらん:04/02/01 02:15 ID:???
>>38
言われてみればそうだな・・
しかし、奉行が淡々と申し渡すのがまた面白かったのよ。
ひょっとして大岡越前かな?・・・でも、ワカラン!忘れちゃった
必殺の初期のやつでも、火盗改に捕まれば良くて打首、悪くて磔だって
慌てるシ-ンがあったから、ごっちゃになってるかも・・・

40 :名乗る程の者ではござらん:04/02/01 02:17 ID:Rqhgfz77
あの、市中引き回しってほんとにやってたんですか?
また、ほんとにあったのならいつ頃なくなったんでしょうか?

41 :名乗る程の者ではござらん:04/02/01 02:20 ID:???
>>40
江戸時代中、ずっとやってただろ。
獄門とセットの刑だっていうし。

42 :名乗る程の者ではござらん:04/02/01 03:38 ID:???
昔コントのお白州の場面で遠山役が「これにて一件落、チャックウィルソン!」っていったら、舞台端からチャックが出てきて壁をぶち破りつつ下手人を向こうに連れさったことがあったっけな

43 :名乗る程の者ではござらん:04/02/01 08:46 ID:???
こういうスレを待ってました!イイヨイイヨ〜!
ここまで読んで、確認&質問を挙げてみました。

>>8
中村獅童の父親は本当に萬屋錦之介?

>>17
銭湯料金は20年前頃から劇的に上昇してるので・・・
それを言うなら、やっぱり鶏卵?

>>26
じゃあ、岡引の岡も正式じゃないという意味?

>>28
○両○人扶持、の意味は?

>>38
遠島になったら、2度と戻ってこれないの?脱出も無理?

44 :横レスですが:04/02/01 09:20 ID:???
>>43
>>8
>中村獅童の父親は本当に萬屋錦之介?

錦之助・嘉津雄の兄という意味で書いたんだろう
ようするにあの兄弟の甥っ子


>>26
>じゃあ、岡引の岡も正式じゃないという意味?

そのとおり
本来、岡引には捜査権も逮捕権もない


>>28
>○両○人扶持、の意味は?

年棒が○両、それと米を○人が一年食べる分もらえるということ


>>38
>遠島になったら、2度と戻ってこれないの?脱出も無理?

お白州で遠島○年と決まるんじゃなかったっけ?
自分でイカダ作って脱走した例もあるけど、成功率はかなり低かったはず

45 :名乗る程の者ではござらん:04/02/01 09:39 ID:???
>>43
えらい質問多いな・・・
>>37だけど、なりゆきで>>38の質問だけ資料で調べたよ。
記録によると、遠島は江戸の場合、伊豆七島(新島、三宅、御蔵、八丈島など)に
送られる。
罪の軽重によって送られる島も異なり、重罪人はより遠い島に流された。
八丈の場合、江戸期を通じて送られてきた罪人は約2000名で内600人
ほどが赦免されたそうだ。
島抜け(脱走)は記録なし。というより残せんやろ! 実際、新島とかなら
可能性というか生還率もあるだろうが、八丈なんか無理だろう。
遠島で送られた後の様子を描いた作品ってあまりないけど、俺が見たのは
断崖絶壁の御蔵島に流人船が嵐で接岸できず、罪人が泳いでたどり着けって
役人に海へ突き落とされて、溺れ死んでるのもいた。


46 :名乗る程の者ではござらん:04/02/01 09:43 ID:???
>>44
早速のレス、ありがとん。
自分も斬九郎でハマるまで、大名・旗本・御家人の違い、
町奉行・与力・同心の違いも分からず、公式サイトか何かで意味を知ったら
凄く時代劇が面白くなったので、絶対に需要のあるスレだと思います。

・だいたい何両何人扶持くらいが平均だったのですか?
・島では、どうやって生活していたのですか?
自給自足?コミュニティがあった?懲役のような強制労働もあった?

47 :名乗る程の者ではござらん:04/02/01 10:06 ID:???
>>46
流人担当です。
島ごとによって扱いも違ったよう。
でも、大体質問の通りです。
もっとも、島には島民もいるので常時監視され、日常生活も細かく制約されます。

48 :名乗る程の者ではござらん:04/02/01 10:09 ID:???
>>45>>47
おお!こちらもサンクスです。

>>10にあった
>吉原と岡場所、また柳橋は場所もすることも違います。 
とは、どういう意味でしょう?

あと、ドラマで八丁堀の町方が、
武家屋敷は取り締まれなかったりする場面が出てきますが、
武士に対する警察組織はなかったの?

なんか過去ログが面白すぎて教えてクンになってますが、
気の向いた方に答えていただけるだけで結構で、
解答を強制してるわけではないので、ググれ、でスルーしないでね。


49 :名乗る程の者ではござらん:04/02/01 10:53 ID:???
>>48
武家でも幕臣(直参)と大名など監察糾弾する組織は違う。
・大目付は大名等の監察糾弾。
・目付は幕臣(特に旗本など)の監察糾弾と徒目付・御小人目付を支配します。
・徒目付・御小人目付(カチメツケ・オコビトメツケ)は残九郎などの御家人や西尾伝三郎
        などの役人、つまり将軍お目見え以下の幕臣などの監察糾弾。
・大名家はそれぞれ各大名家に目付に準じた機関があり、内部で処理される。 
     

50 :名乗る程の者ではござらん:04/02/01 10:58 ID:???
ヤクザの大親分、大前田英五郎の子分が
八丈だかどこかに遠島になって、島抜けしようと筏作ったけど
結局失敗して死んだって話を子母沢寛の本で読んだ記憶がある


51 :名乗る程の者ではござらん:04/02/01 11:00 ID:???
岡っ引きっていうのは、結局いまでいうヤクザなんか?

52 :名乗る程の者ではござらん:04/02/01 11:04 ID:x1cc7gL4
1万石以上の知行地持ちだと大名で、
それ未満だと旗本だと聞いたことがある。
ってことは、1万石だと参勤交代が義務づけられていて、
9999石だとそれが免除されるわけ?
その場合、旗本の方が余計な出費が無くていいかも。

53 :名乗る程の者ではござらん:04/02/01 11:09 ID:???
よく丁半博打をやってるシーンがあるけど
あれは丁に賭けた金額と半に賭けた金額を
同じにしてから目をあける決まりになってる
「丁半、駒そろいました」っていうのはそういう意味

だから一人の客がバカ勝ちしても、胴元懐は痛まない
客の金が右から左に流れるだけ
胴元は勝った客から5%くらいのテラを取ることで儲けてる
JRAのテラ25%はどう考えてもボリすぎ

54 :名乗る程の者ではござらん:04/02/01 11:41 ID:???
>>48 吉原忘れてた。
・吉原、針吉原の事・・幕府公認の遊郭、浅草寺北方の日本堤にある。
           おいらんの居る所。料金もとてつもなく高い。
           残九郎のOPでバイトしてるシ−ンがたぶんそう。
・岡場所・・非公認のモグリ遊郭。江戸府内に多数アリ。非公認なので
      店の間口も狭い。料金も庶民的。非公認だが役所に付け届け
      (ワイロ)をしてるので黙認され、半ば公然と営業している。
・柳橋・・・・蔦吉姐さんのような芸者と遊ぶ所、料理屋が軒を連ねる。
       両国橋東詰めのところ。橋の西詰めにある江戸一番の繁華街
       浅草と直結している。残九郎のEDの模型は両国橋。 


55 : :04/02/01 11:46 ID:iEvfw10U
>>53
そりゃあ賭場はそれだけ運営に費用がかかりませんからね。
せいぜい場所の管理費と人件費くらいなものでしょう。

JRAはその管理費や人件費にむちゃくちゃ金がかかる。
その上上納された分の多くが馬産や畜産振興に回される。
賭場はそういう分は一切ないですから。

56 :名乗る程の者ではござらん:04/02/01 11:48 ID:???
>>48
>>54の吉原・岡場所を今風に言うと、
吉原=吉原
岡場所=渋谷&大塚&鶯谷等のDC


57 :名乗る程の者ではござらん:04/02/01 11:53 ID:???
>>54
針吉原=新吉原のまちがい。
>>51
ついでに
幕末の関八州(北関東)にいるやくざの中には、十手捕り縄を預けられる者もいた。
いわゆる二束のわらじ。 実際の代官所は水戸黄門に出てくる悪代官みたいに
人数がいないので子分の大勢いるやくざは何かと重宝したそうです。
ただし、弊害も多かった。


58 :名乗る程の者ではござらん:04/02/01 12:10 ID:???
>>42
遅レスだけど
結構うけてるのは俺だけか?

59 :名乗る程の者ではござらん:04/02/01 12:20 ID:???
>>58
俺も今読んで吹きそうになった

60 :名乗る程の者ではござらん:04/02/01 13:02 ID:???
吉原と岡場所の関係は、隆慶の「吉原御免状」読むとよく分かるよ

61 :名乗る程の者ではござらん:04/02/01 14:26 ID:pc6h+ebd
スゲー良スレ発見

62 :名乗る程の者ではござらん:04/02/01 14:29 ID:???
こういう時代考証がしっかりしてるのは、どんな作品?
やっぱり鬼平とかの平成CXかな?
特に原作もしっかりしてるやつ(池波、山本、藤沢、柴田、司馬あたり)。

63 :名乗る程の者ではござらん:04/02/01 14:30 ID:???
時刻や時間の単位について教えて下さい

64 :名乗る程の者ではござらん:04/02/01 14:34 ID:???
>63 ややこしいからググったほういいんじゃないかな。
ttp://www.tsm.toyama.toyama.jp/curators/aroom/edo/ji-edo.htm

65 :名乗る程の者ではござらん:04/02/01 14:42 ID:???
お金の単位は金貨、銀貨、銅銭、ぜんぶ違うんだよな。
だから銀行という。
ちなみに4進法。

66 :名乗る程の者ではござらん:04/02/01 14:43 ID:???
>>65
>だから銀行という。

だから交換所が必要なのであって、現在のソレを銀行という。
端折り過ぎたw

67 :名乗る程の者ではござらん:04/02/01 15:47 ID:???
江戸は金本位
大坂は銀本位

68 :名乗る程の者ではござらん:04/02/01 15:55 ID:Cy33f5YG
>>52
>1万石だと参勤交代が義務づけられていて、
>9999石だとそれが免除されるわけ?
原則としてはその通りなんだけど、「交代寄合」といって、旗本でも参勤交代の
ある家も、数は少ないながらも一応ある。
交代寄合は基本的に格式の高い家柄。最上家や朽木家などのように旗本に格落ち
した元大名家、山名家などのような高家の一部、鍋島家などの大名家の分家筋、
久能山で家康の霊廟を守る榊原家(徳川四天王・榊原康政の兄の子孫)など、交代
寄合の資格を持つ家柄の内実は多種多様。
石高の高い家柄が多かったものの、参勤交代の経費、江戸屋敷の管理費、大名並み
の交際費が必要となるので、借金の多い家もあったらしい。
……時代劇を見る上では役に立ちそうもない知識でスマン。

69 :名乗る程の者ではござらん:04/02/01 16:00 ID:???
池波の小説だと
「このような大旗本は大名家ほど格式に縛られることもなく
内情は裕福なものであった」
見たいな一文が必ず入るよなw

70 :名乗る程の者ではござらん:04/02/01 16:23 ID:ILUM+RkM
■2ちゃんねる閉鎖だってよ。
http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1075593174/595-596

595 名前: 名無しさん@4周年 投稿日: 04/02/01 12:31 ID:pYo6O9H3
       2ちゃんもう閉鎖するって本当?

596 名前: ひろゆき ◆3SHRUNYAXA @どうやら管理人 ★ [sage] 投稿日: 04/02/01 12:31 ID:???
       >>595
       本当。

■関連スレ
□祭りスレ
 http://news4.2ch.net/test/read.cgi/news/1075616879/
□議論スレ
 http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1075618052/

71 :名乗る程の者ではござらん:04/02/01 17:46 ID:???
>>51
ヤクザじゃなくて同心の下で働く民間人(町人)て事なのでは?
質問。
藩の財政状態によっても違うのかもしれないけど、「たそがれ清兵衛」だとトモエの実家は
400石(海坂藩は7万石)でもそんな大した家格に見えない。でも「壬生義士伝」だと大野家
400石(南部藩は20万石)は家老並の家格に見える。
藩によってこんたな違いがあるものでござんすか?

72 :名乗る程の者ではござらん:04/02/01 19:06 ID:???
>>71
「剣客商売」に出てくる四谷の弥七(三浦浩一)や傘徳(山内としお)などが
いちばん近い感じでは・・下っ引きの傘徳は十手すら持っていない。
あと深川の茂七なんかも。
実際はなんか商売やってるところ多いよね、めしや、髪結いとか・・
女房とかにやらしておけばいいわけで・・加えて、町内から付け届けとかで
ワリと実入りが良かったりする。


73 :52:04/02/01 20:49 ID:???
>>68
ありがとん!
適当な家柄の適当な石高の旗本が一番気楽なんでつねw

74 :名乗る程の者ではござらん:04/02/01 21:00 ID:???
>>68
ちょっとした疑問なんだが
足高の制で一万石以上になった場合
参勤交代は今まで通りしなくてもいいの?

75 :名乗る程の者ではござらん:04/02/01 21:02 ID:???
補足
一万石未満で、参勤交代のない一般の旗本ね

76 :名乗る程の者ではござらん:04/02/01 21:14 ID:???
>>74
足高は何らかの役職に就いたときに適用されるわけで
役職つきの場合、参勤交代は免除でしょう。

77 :名乗る程の者ではござらん:04/02/01 21:46 ID:???
厠=トイレ

78 :名乗る程の者ではござらん:04/02/01 23:07 ID:???
厨=キッチン

79 :名乗る程の者ではござらん:04/02/01 23:38 ID:???
>>71
「たそがれ清兵衛」の描写の方が正解では・・・
幕末といえど東北の藩なんてあんなモンでしょう。少々行き過ぎた感はあるけど
それに藩によって違いも大いにあるでしょう。場所も実高(実収入)も違いがあるし
具体的に良い所と悪い所の例を挙げればイイんだけど、それは専門の方へ

80 :名乗る程の者ではござらん:04/02/02 09:30 ID:???
岡引きの給料は、同心のポケットマネー

81 :名乗る程の者ではござらん:04/02/02 15:33 ID:???
>>76
サンクス

82 :http:// FLA1Adj064.tky.mesh.ad.jp.2ch.net/:04/02/02 17:05 ID:???
guest/guest

83 :名乗る程の者ではござらん:04/02/02 20:29 ID:???
前々から思っていたんだが、用心棒のことを「先生」と言う風習は
本当に存在したの?つうか「用心棒」って言葉自体あったの?

84 :名乗る程の者ではござらん:04/02/02 22:21 ID:lzQZkpmd
こういうスレもあるよ

スレ立てるまでもない質問@時代劇板
http://tv2.2ch.net/test/read.cgi/kin/1026922093/

85 :名乗る程の者ではござらん:04/02/03 01:11 ID:???
>>83
なるほどな〜、そんなん考えたことなかったけど・・たしかに謎だ
子分とかに剣術教えたりしたら先生って呼ばれるんじゃない。
「用心棒」の語源は知らない

86 :名乗る程の者ではござらん:04/02/03 01:34 ID:???
用心棒というのは確か扉のしんばり棒のこと。
いざというときは武器としても使ったことから、
ガードマン的な人物のことを用心棒というようになったらしい。

87 :名乗る程の者ではござらん:04/02/03 02:19 ID:???
>>86
やっぱりそうか・・・
チョッと自信なかったのでが答え避けたんだ。。。。アリガトね!

88 :名乗る程の者ではござらん:04/02/03 06:42 ID:???
おはよう!
朝からでワリィが質問
チョンマゲの髷って、いつ頃から頭のてっぺんに乗せるようになったの?
戦国時代と江戸初期と後期と違いますよね

錦兄ィの「宮本武蔵」なんか色々な髷した人が登場するけど
また黒澤映画では戦国時代でも頭の上に髷があるし、
かといって大河では家光の頃でも束ねてるだけだし、よくわからん?

89 :名乗る程の者ではござらん:04/02/03 08:31 ID:???
なるほど。確かに疑問だ。
いまやってる大河を観ても、香取は前髪を剃ってるけど、邦衛は剃ってない。
職業や年齢によって髪型が決まっているのか?
それともオシャレ(髪型選択の自由)?

90 :名乗る程の者ではござらん:04/02/03 11:43 ID:???
そもそも月代を考案したのは誰?
ものすごい前衛的なんだけど。

91 :名乗る程の者ではござらん:04/02/03 12:11 ID:???
誰かは知らんが、元は戦国時代に兜を被っても蒸れない為

92 :名乗る程の者ではござらん:04/02/03 15:01 ID:???
烏帽子に合わせた髪形なんじゃ?

93 :名乗る程の者ではござらん:04/02/03 16:43 ID:???
兜、烏帽子・・・・なるほどーありがとう。
でも、剃らないだろ、普通。
辮髪から来てるのかなとチラと思った。





94 :名乗る程の者ではござらん:04/02/03 16:52 ID:???
山田風太郎が「半分、出家したつもりで始めたのではないか」とか書いてたけど
流石にそれには俺も納得できなかったw

95 :名乗る程の者ではござらん:04/02/03 17:37 ID:???
こんなサイトを見つけてきますた。
髷や月代についても掲載されてます。

http://www.remus.dti.ne.jp/~tshioiri/kurashi.html

96 :名乗る程の者ではござらん:04/02/03 18:35 ID:???
よく浪人や渡世人が口に葉っぱや爪楊枝をくわえているシーンを見るけど
あれって何かのおまじない?

97 :名乗る程の者ではござらん:04/02/03 21:09 ID:???
>>95
すばらしい!
茶筅髪と二つ折りっていうのか。
この記述によれば、家光の頃に髷の変遷があったわけで
他にも詳しく出ていますね>
しかし、この「時代風俗考証事典」の著者林美一って人、有名ですな。
かの大江戸捜査網の時代考証の名にこの人の名前が出てた。

98 :名乗る程の者ではござらん:04/02/03 21:14 ID:???
ていうか幕末期には武士階級の人間も総髪にする人が結構いるけど
(勝海舟とか)あれもはやりか何かなのでしょうかね

99 :名乗る程の者ではござらん:04/02/03 21:17 ID:???
>>98
国の事で忙しくて、月代の手入れなんてやってられないゼ★



100 :名乗る程の者ではござらん:04/02/03 21:25 ID:???
>>96
これはクセってもんで〜
      ・・・・・・・・・・・・くせ?クセ?癖?
>>99
てめえは、あまり詳しくありやせんが・・・・
海舟って名乗るあたりとなにか関係があるんですかい?
                            完

101 :名乗る程の者ではござらん:04/02/04 13:10 ID:???
まげを束ねる元結(もっとい)が小さくなったのは、吉宗のときの贅沢禁止令が
キッカケって聞いたことがある。

102 :名無し募集中。。。:04/02/11 21:26 ID:???
【仕置き】 法によって処刑することを、江戸時代こう呼んだ

103 :名乗る程の者ではござらん:04/02/11 21:27 ID:???
【ミス住】荒らし

104 :名乗る程の者ではござらん:04/02/12 09:31 ID:???
時代劇板にもいるのか、ミスの人

105 :名乗る程の者ではござらん:04/02/12 09:44 ID:???
【 ´D`】 ののたんは奇跡

106 :名乗る程の者ではござらん:04/02/12 20:02 ID:b4JOro80
「いってんちろく」って何なんでしょうか?

107 :名乗る程の者ではござらん:04/02/12 20:32 ID:???
>>106
一天地六。賽子だろ。

108 :名乗る程の者ではござらん:04/02/13 00:15 ID:???
>107
どうも!サイコロでしたか。

109 :島原見廻:04/02/16 07:54 ID:QSDgxBjR
ヒマそうなので、閑話を。
江戸小話に嫁さん貰った若殿が翌朝ジイにあれは下々もああかと聞いて、ジイが
ヒトでござりますれば同じと答えると、贅沢である、控えさせえというのがある。
一方、その手の後嗣ぎは、そっちの能力開発が最重要課題のため幼時より側の女
どもがよってたかって刺激して、乳母も長じると実施指導したとか。
時代は違うが、足利8代は、乳母の方がいいと言ったとか。
江戸小話は、上つ方の事情に暗い庶民の想像に過ぎないと、二重におかしいが、
この手の話を本にまとめたものとか、ご存知でしたら、ご紹介を。

28 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)