5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

紺野のエロ小説書いて〜 第3章

1 :名無し募集中。。。:03/02/06 23:03 ID:UGGbZ12C
紺野あさ美の小説スレです
常時sage進行

前々スレ
紺野のエロ小説書いて〜
http://tv2.2ch.net/ainotane/kako/1009/10092/1009257331.html

前スレ
紺野のエロ小説書いて〜 第2章
http://tv2.2ch.net/test/read.cgi/ainotane/1027612613/

231 :名無し募集中。。。:03/03/01 00:14 ID:U0EYDadJ
>>230
要するに>>229はコテハン変えるって宣言なんだろ。






ここからはマターリいきましょう。

232 ::03/03/01 00:40 ID:WP6aiqtD
このスレを立てた「吉澤サンタの弟子」の弟です
先日24日に交通事故で兄が亡くなりました
皆さんにはすいませんがこの後の話はもう書くことが出来ません
どなたか削除依頼をお願いします


233 :新紺:03/03/01 02:09 ID:GRUZ/8H6
(私、何度同じ触られ方に引っかかれば良いんだろ・・・。でも・・・、気持ちイイ
よぉ・・・。まことちゃん、ごめん!でも、あさ美ちゃんの揉み方・・・。良すぎっ!!)

私の脳裏を、まことちゃんの淋しそうな顔が過ぎって・・・消えた。。代わりに私の
目の前に現れたのは、恍惚な表情を浮かべたあさ美ちゃんの顔だった・・・。
あさ美ちゃんは私の耳の辺りに手を回すと、スムーズな動きで私の顔を手繰り寄せ、
私の唇を奪う・・・。

(私・・・、瞳を開けたままでキスしてら・・・。)

胸の内はこんなにも「ドキドキ」しているのに、キスされている状態で何故か妙に
冷静でいられる私がそこには居た。閉じられたあさ美ちゃんの瞼が時折プルプルと
震えている。いつも優しく私の心を癒してくれる「澄んだ瞳」が、見えないのは
残念にも思えるが、一所懸命さが伝わってくる柔らかくて温かい口づけに、私の胸
は高鳴っていく・・・。

『(・・・!?)っん・・・。』

234 :新紺:03/03/01 02:21 ID:GRUZ/8H6
最も、私が冷静で居られたのはほんの一瞬だった・・・。一旦私の洋服の内側から
退いたあさ美ちゃんの指先が、既に服を着ててもはっきりと輪郭を象ってしまって
いる私の乳首を摘んだ途端に、私の思考は再び淫らな空気へと誘われていき、Hな
声をあさ美ちゃんの口の中に吐きだしていた・・・。

あさ美ちゃんは私の身体を彼女の正面に立たせるように向かせると、片方の手を私の
胸に這わせながら、もう片方の手で、私が「あやうく落っことしそうになっていた、
お茶のペットボトル」を、少しだけ乱暴な手つきで奪い取る。

『ありがとね、里沙ちゃん、持っててくれて。』

私はあさ美ちゃんのお礼の言葉には反応せず、お茶を手放した方の手の親指を・・・、
何故か自分の口元に添えて「くわえて」しまっていた!せっかく両手が自由になったの
だから、あさ美ちゃんの「片手の攻撃」に抵抗し、止めさせる事など簡単な事だった筈
なのに・・・。私の身体は本能のままに開かれていく。

235 :新紺:03/03/01 02:23 ID:GRUZ/8H6
『やだぁ・・・、里沙ちゃ〜ん。そのアングル、ちょーエロいんだけどぉ?ねぇ。。
さては・・・、ま〜た濡れちゃったりなんかしちゃってる??』

『っひぁっ!』

伸縮性のあるショートパンツのニット生地越しに、あさ美ちゃんの指が私の股間
を捕らえる。私のソコはまるで「乾いていない工作用の糊」でも塗りたくったか
のような粘着質な弾力を帯びてあさ美ちゃんの指先を受け入れてしまうのだった・・・。

『あれ〜?な〜んか湿っぽい感じなんだけどぉ?』

『うっ、うっ・・・。もぉ!お風呂入ったばっかなのにぃ・・・。あさ美ちゃんのばかぁ!』

あさ美ちゃんは「私の抗議」が聞こえないフリをしながら、手に持っているお茶を飲み
始める。ついさっき私と口づけた柔らかい唇に、今度はペットボトルの口が触れている。
普段の光景ならそのしぐさに興奮することなどないだろう・・・。けれども、今はあさ美
ちゃんの細かい一つ一つの動作が何だかとっても卑猥に見えてしまう・・・。それに、
私の視野に入っているあさ美ちゃんの上半身の光景とは関係の無い部分で、あさ美ちゃん
の指先は私の下半身を弄んでいるのだ・・・。

236 :新紺:03/03/01 02:34 ID:GRUZ/8H6
『気持ちイイでしょ?里沙ちゃん?』

知らんぷりをしたかのように私と目を逸らしながら聞いてくるあさ美ちゃんに

『んっ、・・・。あさ美ちゃん。もぉ許して・・・。』

と嘆願する私は、心とは裏腹に足を開いてあさ美ちゃんの指先を受け入れやすいように
してしまう・・・。(もぉやだ!これじゃまるで「痴女」だよぉ・・・!)
そんな自分に幻滅しつつも、この場のHを楽しんでいる自分が、そこには居た・・・。

以前、矢口さんに猥褻な行為をされた時ですら、私は自分で足を開いたりすることは
なかった。確かにあの時は混乱して「パニクって」いたし、余裕など今以上に全くと
言って良いほどなかったのは事実だった。けれども基本的にあの時の私は終始、矢口
さんを拒み続けたし、どうしても心を完全には開けなかった。

『ねっ!いいでしょ?お豆。足開いて・・・。』

いくら可愛らしい声でお願いされても、

『イヤです!ダメです!矢口さん、もう許して・・・。』

半泣き状態で、私は許しを請いていた・・・。

237 :新紺:03/03/01 03:07 ID:GRUZ/8H6
『もぉ、だめ!私は今あなたが欲しいの!ちょっと強引にするよ!許してね。』

拒否しまくりの私に耐えかねた矢口さんは、そういうと私の両足の隙間に強引に足
をこじ入れてきて開くと、激しく私のアソコを舐めてきたのだった。

『ああっ!矢口さん、ダメっっ!あぁ〜!』

初めてなのにクンニまでされたことを考えれば、その時に私は同性愛の受け入れや
エクスタシーの体験を完全に終えてもおかしくないはずだった。実際に、客観的に
考えればあさ美ちゃんよりも矢口さんの方がどう考えても「上手」に決まってるし、
現実としてすごく気持ち良かった。けれどなんでなんだろう・・・?

(里沙ちゃんと私が、同じ立場だからだよ・・・。)

(えっ!?)

相変わらず目を逸らしながら私の股間を弄くっているあさ美ちゃんと私の体の間に
まるで「ゴースト」のような実体のない、ぼんやりとした姿の「あさ美ちゃん」が
現れた・・・。

238 :JINKATA:03/03/01 03:19 ID:GRUZ/8H6
気を取り直して更新。今の自分に出来ることは、「恋の行方は」の作者様が、
創作意欲を取り戻してくれるまで、このスレが「小説スレ」で有り続けられる
ように書き続けるだけです!(実力不足は承知の上です!)
随時、光臨をお待ちいたしております。m(−−)m
また、引き続き「石紺の作者様」を始めといたします続編・新作の作者様の
光臨を心よりお待ちいたしております。
以上「紺野のエロ小説書いて〜第3章」の1住人より。


239 :名無し募集中。。。:03/03/01 06:37 ID:Yv1PSiJ4
JINKATAさん ガンガレ!!

いままで新垣さんは嫌いではないけど、エロはちょっと・・・
ってかんじでしたが、JINKATAさんの小説はイイです。


240 :紺野サンタ:03/03/01 08:21 ID:JGGIlXB3
232を書いた奴は偽者だー。
はじめまして吉澤サンタの2番弟子紺野サンタです。兄貴分の吉澤サンタの弟子がここの板を出ていたので作品の方は僕が書きます。
みなさんよろしくお願いします。

241 :名無し募集中。。。:03/03/01 08:30 ID:3wQw6XVU
たった今本気で殺意を覚えた

242 :吉澤サンタの弟子:03/03/01 08:36 ID:JGGIlXB3
というか、この板って俺達作者がいるからなりたっているんじゃないの?
作品も書き込みをしないで文句ゆってんじゃねえよ。文句言ってる前に自分で書き込みして納得するような作品を書いてみろ。


243 :名無し募集中。。。:03/03/01 08:39 ID:3wQw6XVU
↑みたいなこと書いといてなんですが
どんなにむかついても、どんなにウザくても
完全放置でいきませう。
相手にしなければそのうち読解区と思われ

244 :名無しツッコミ中。。。:03/03/01 11:11 ID:Rt7aYATR
だめだ…マジレスさせてくれ
>240>242
「おまいら」ってゆーか、「おまえ」IDが同じだぞ(w
バカすぎてワラタ

245 :紺野サンタ:03/03/01 11:26 ID:JGGIlXB3
本日より作者同盟を作りたいと思います。JINKATA さんとかはぜひ入ってください。
会長は吉澤サンタ様です。続編・新作の作者様とかも気軽に入ってください。
待っています。

246 :名無し募集中。。。:03/03/01 11:53 ID:IkVS59iZ
>>245
そういう馴れ合いは他所でやってください
あなたには恥というものはないんですか、まだIP変わってないし。
大体そういうのは吉澤のサンタさん本人が言うことでしょう
自分のメルアドとか晒して内輪でやってください

あと、わかってるとは思いますがJINKATAさんもこういうヤシには乗らないでくださいね
続き期待してますから。
長文スマソ

247 :紺野サンタ:03/03/01 14:34 ID:ggSIJDeQ
しょうがないでしょ。吉澤サンタ様が忙しいから僕が代わりに書き込みしたんです。
>>246
あなたみたいのがいるから、「恋の行方は」の作者様が書き込みやめちゃたんですよ。
JINKATAさんも気にせず入ってください。

248 :名無し募集中。。。:03/03/01 15:19 ID:Yj+v0Yxv
>>240>>242
あほな自作自演しまくってまでこのスレに粘着するなんて・・キチガイですか?

>>229で書いたことは嘘ですか?
「恋の行方は」の作者さんが書き込みやめたのは全部お前のせいだろ
開き直ってほかのやつに責任転嫁するな氏ね!!

吉澤のサンタの代わりなんかいらないから(サンタ本人のみで(・∀・)イイ!!)
>>229で宣言したとおりとっとと出て行け。コテハン変えて戻ってくるな!

249 :名無し募集中。。。:03/03/01 16:22 ID:zxHU3hfQ
みんなもういいよ。
弟子とやらもSAGEを覚えたんだから放置しようよ。
レス数増えても所詮20ぐらいしか増えないんだし。

250 :放棄野郎@『恋の行方は……』作者:03/03/01 16:23 ID:IQB3m4zv
リクした高紺できてるかしらとROMりに来てみたら、
川o・-・)<完璧
に荒れてるよ、ヲイ。

>吉澤サンタの弟子様
書かない奴が文句を言うなとおっしゃいますが、書いてる立場(今は放棄野郎ですが)から言わせていただきますと、
おいら達は『読者様』あっての『作者』であり、書いたものを読んでいただけてハジメて『作品』になるのであります。
作者であることは偉いでしょうか。
何を書いても許されるのでしょうか。
サンタ様のお弟子さんなら理解していただけるかと思います。

スレ汚し失礼しました (思わず長文書いてすまった…鬱氏)


251 :名無し募集中。。。:03/03/01 16:32 ID:U0EYDadJ
荒らしは放置してレゾンデートルを与えないようにしましょう。

252 :名無し募集中。。。:03/03/01 18:22 ID:piOlTmL1
>>249禿同。
吉澤のサンタの弟子は、244や246みたいなのみて
喜んでるんだよ。もし頭に来て思わずカキコしそうになったら、
弟子がそれ見て笑ってる所を想像して欲しい。

俺たちが弟子にかまいつづける限り弟子はここにいるだろうから、
徹底完全放置にご協力を!!

253 :作者の現状:03/03/01 21:24 ID:sb2KffSt
JINTAKA殿:連載中
『恋の行方は……』作者殿:休載中
吉澤のサンタの弟子ちゃん:必死中
石紺の作者殿:もはや完全に忘れられてる

といった感じでよろしいでしょうか?

254 :吉澤サンタの弟子:03/03/01 21:30 ID:ggSIJDeQ
250さんが書いたことはよくわかりました。確かに僕達作者は『読者様』あっての作品を作れるですよね。
今まで失礼なことを書いてすみません。俺はもうたまにしか来ませんけど弟分がそれを引きづきます。
俺は師匠の復活を望んでいます。早く戻ってきてください。俺と紺野サンタだけじゃあもう代わりは務められません。
だから早く戻ってきてください。「恋の行方は」の作者さんも早く戻ってきてください。
俺がこのスレを汚していることは全部謝ります。後、福田の彦星さんも早く戻ってきてください。
お願いします。

スレ汚し失礼しました  

255 :名無しくん。。。:03/03/02 16:59 ID:VF5fICCo
保全。。。

256 :名無し募集中。。。:03/03/03 01:25 ID:UzFQafih
ここはもう潰れるな(www
また違うところに弟子厨を誘導するかな(www

257 :名無し募集中。。。:03/03/03 01:27 ID:UzFQafih
ここでも作者募集中だ(www
http://tv2.2ch.net/test/read.cgi/ainotane/1024525292/l50
http://tv2.2ch.net/test/read.cgi/ainotane/1024525292/l50
http://tv2.2ch.net/test/read.cgi/ainotane/1024525292/l50
http://tv2.2ch.net/test/read.cgi/ainotane/1024525292/l50
http://tv2.2ch.net/test/read.cgi/ainotane/1024525292/l50
http://tv2.2ch.net/test/read.cgi/ainotane/1024525292/l50
http://tv2.2ch.net/test/read.cgi/ainotane/1024525292/l50
http://tv2.2ch.net/test/read.cgi/ainotane/1024525292/l50
http://tv2.2ch.net/test/read.cgi/ainotane/1024525292/l50

258 :名無し募集中。。。:03/03/03 01:31 ID:k++R4M33
w連発キモイシネ

259 :しんじ:03/03/03 02:04 ID:DD+X+qci
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Suzuran/3755/2.html

ここにあるべさ。感想はBBS又はメールによろしくたのむぅ〜。

260 :JINKATA:03/03/03 02:52 ID:kimIhKws
荒れてるなぁ・・・。何かレスしづらいけどまぁいいや。
>>239 >>246
ありがとうございます。本来はもう完結させる予定だった話なのでどんな結末に
なるのかは自分でもまだイメージ出来てませんが、頑張ります。
>>250
リクエストの「高紺」僕で良ければ書きます。ただし当分の間は新キャラ登場
まで話が進まなそうなのでいつになるか保証はできませんか・・・。(^^;

後は密かに>>253 が「石紺の作者様」ご本人からのレスであることを願って、
「私はちゃんと覚えてますよ〜!」と言ってみるテスト。

スレ汚し失礼致しました。




261 :新紺:03/03/03 11:05 ID:0luyxZTV
(私はいつもまこっちゃんに怯えている立場なの。同い年で同格の立場の筈なのに
私はいつもまこっちゃんの事を怖がっているの。ましてや矢口さんは私達の大先輩
でしょ?だからその時、里沙ちゃんも怖かったから「イケなかった」んだよ・・・。)

目の前に複数の「紺野あさ美」が現れたのに、私は全く不思議がらずに考える。

確かにあの時、私は最後までイケなかった。「快感」よりも「理性」が勝ってしまい
矢口さんの前で号泣してしまったからだ・・・。私は「矢口真里」を娘のメンバーの
先輩として、また女性としてもの凄く憧れていた。身長は私と同じ位か、下手すると
私よりも小さい矢口さんは、しかしながら随時「美形揃い」の「娘。」の中でも抜群
の存在感を示す。。私は矢口さんをもの凄く尊敬していたし、彼女の芸能人のしての
「生き様」に小さな小さな存在の私が、芸能界で生き残るヒントがあると思った。

考えすぎなのかも知れないが、もしかすると矢口さんを「その気」にさせたのは私の
方なのかも知れない、と思う時がある・・・。


262 :新紺:03/03/03 11:07 ID:0luyxZTV
『私ね・・・、純粋に私の事を慕ってくれているのが分かる「お豆の瞳」がたまらなく
好きなの!』

ある日のプライベートの時間・・・、オフの前日の夜に矢口さんのお部屋に誘われた。
「振り付けの指導」をしてくれていた優しくて頼もしい先輩が、突如そう言って私の
身体を狙う「恐ろしい先輩」に変貌した瞬間だった。言い方は悪いかも知れないのだが
「卑怯な不意打ち」だった。けれども、「矢口さんの全てを盗みたい(学びたい)」と
思う私の目線が矢口さんをその気にさせてしまった原因なのならば、ワザとではないと
しても、私にも責任がある・・・。

(そんなことないよ・・・。)

葛藤する私の心を見抜いたように、「幻のあさ美ちゃん」が語り出す・・・。

(私だって、まこっちゃんを慕う気持ちに下心も疚しい気持ちもなかったもん。でも
そういう関係になってしまう事だってあるんだよ・・・。)

263 :新紺:03/03/03 11:10 ID:0luyxZTV
普段コンサートや曲の収録前に「上がり症」を露呈するのはあさ美ちゃんの方で、私は
どちらかというと、「大丈夫だよ!」と目でリラックスさせてあげる方の立場にある。
だけども今は、あさ美ちゃんの目が私に、そう語りかけている・・・。

(私の事を信用して、矢口さんの事を話してくれて本当に有り難う。私も同じ立場の人
だから、里沙ちゃんの気持ち、よく解るよ・・・。ちょっと頼りなく見えると思うけど、
私は里沙ちゃんに、絶対「辛い想い」はさせないよ!だから、私を信じて!!)

「幻のあさ美ちゃん」も何だかとっても「マイペース」で、自分の主張だけをすると、
私の返事も聞かず、弾けるように消えてしまった・・・。代わりに目の前にいる本物の
あさ美ちゃんが私との距離を更に縮めるかのように私の身体を抱き寄せる・・・。

『あっ!・・・!?』

私の口から思わず漏れてしまった「吐息混じりの声」は突然現れて消えた「朧気な彼女」
に対しての驚きなのか、それとも鮮やかに「するりっ!」っと私の下着の中に手を忍び
込ませたあさ美ちゃんの指先の刺激によるものなのかは分からない・・・。

264 :新紺:03/03/03 11:38 ID:0luyxZTV
声を発することによってようやく「我に返った私」に考える間を与えさせないかのように
あさ美ちゃんは首筋にキスをしながら私の身体を荒々しく抱き寄せる。

(私を信じてっ!里沙ちゃん!!)

態度で示す「無言の決意表明」にも思えたが、そんな思考がはたらいたのもほんの一瞬で、
直にアソコを触られている「果てしない快感」が私の思考を鈍らせ、埋め尽くしていく。
さっきから何度も「戸惑っている」私の思考は、いつも結論に結びつかないまま停止して
しまうのだが、それを打開する術を、私は知らない・・・。

(あさ美ちゃんが上手すぎるのと、感じやすい今日の私の身体が悪いんだ・・・。)

自分の「不埒な神経」を私は違う要素の所為にして、快感に身を委せる・・・。

265 :JINKATA:03/03/03 11:53 ID:0luyxZTV
マターリと淡々と更新。(エロ無しでスマソ。)

次回更新にてようやくこんこんの視点に「ザッピング」する予定。(最近は
ずっと「にいにいの視点」だったなぁ・・・。^^;)

そこから、紺野の「回想シーン」にて、>>250様が僕にではないけれどもリクを
していた「高」を一旦登場させるかそれとも見送るか現在思考中です。
いずれにしても今夜は夜勤なので後日ですが・・・。

266 :名無し募集中。。。:03/03/03 13:38 ID:/2da+RKD
更新乙!


267 :更新乙!:03/03/03 13:48 ID:/2da+RKD
   ノ     -_丿/    l l 、  l       /////// /  ヽ\ -,,  l       ヽヽ
  ヽ      ,_- ,__゙゙゙''''''''l /  ヽ     // / / / // / / l l l l ヽ \ ヽ        l l
   l l      `l'- .,,_ _,,,_ /    l`''ノ   l/ / / / / //_,,,--,,l ll l l__l l lヽ ヽヽ       ヽ l
   / l    l   __,,-.、/  ヽ- ,,_  l (    l / /,,__/ /''´_--,,_ ヽl l l/ l/ヽl ヽ l \      l .l
  ( ヽ   l_,-l、ヽ  ヽ'ヽ、l''--ヽ l )   l// //- l l l l/ /;゙ヽ  l /_,,゙l l l ヽ\  `'ヽ     l l
   \ ヽ  l l 、 ヽ ヽ_/ l/ ./´ / く    l / l l_  l l l lヽ l__/    /' l .l/l l lヽヽ ヽ   \   l/
    ヽ ヽ l l ヽ- '- '-''´ ./  //    // l l l`'-l l l l `    ヽ'-'´./l l l ヽ l  ヽ   ヽ /
     l  l `'=   / ,,_ ./ /     .// l l l l l l l`'l 、    __´   l l l/ヽヽ   l   -ヽ
      ) l l l- ,,,-- - ヽヽ/      // l l l l l /l l l .`'-,_    , '´l l/ l ヽlヽ  l     l
     (  ヽw   `-゙'''´       /,--- 、-l l l/ l l .l   `''- ' ´ l l l l l l  l\\ l      l
   / \)  /   l ./  し  --__- _-'´ 、  ` ヽ l l l l   l  l l l l l ヽ l l  l ヽヽlヽ    l
   ヽ   ./     / -- - ヽ-_, -''´   `'ヽ   .ヽ l l l   l ヽ,,,_l l lヽヽ l l  l   l ヽヽ  /
    )  /     .l  (__/_, -'´        \   l  l ヽ  ヽ_--`''--,,_\\l ヽ lヽヽ \X

268 :紺野サンタ:03/03/03 16:11 ID:7rE52BMp
JINKATA さん、すみません。兄貴分の吉澤サンタの弟子がリクエストしたのに書いてもらいまして。ありがとうございます。
兄貴分の方は師匠と僕がなんとかしますから。
254で本人も謝っているんことことですからなんとか許してもらえないでしょうか?
お願いします。

269 :250:03/03/03 18:57 ID:BAtvoQcZ
>JIKATA様
せっかくですが、高紺のリクけっこうです。
吉澤サンタのお弟子さんへのリクなので。


270 :名無し募集中。。。:03/03/03 19:07 ID:EUva+iaG
JIKATAさんナイスです!
ご自分の書きたいようにお書きになるのが一番だと思います

271 :名無し募集中。。。:03/03/03 19:11 ID:4AR34vL9
川o・-・)<えー、このスレはすっかり糞スレになってしまいました。

272 :名無し募集中。。。:03/03/03 22:34 ID:J7t4a5im
ごめんよあさ美ちゃん・・・・゚・(ノД`)・゚・。

273 :名無し募集中。。。:03/03/04 04:02 ID:9sYogpeu
まだ自作自演がばれてないと思っているバカがいる(プ
吉澤サンタの弟子ってリアルに精神病院行った方がいいんじゃないのか?(w

274 :名無し募集中。。。:03/03/04 12:38 ID:lzCYaq6F
恋の行方は…が大人びた恋愛なら新紺はオママゴトみたいな恋愛だな
作者さん復活しねーかなぁ

275 :JINKATA:03/03/04 23:58 ID:UEE4e5WE
>>269
やはり・・・。何となくそうおっしゃるのではないかと思ってました。
まぁ話を進めていくうちに登場予定ではあったので、聞いてみただけなのです。
>>270の言うとおりに書きたいように進めていきますね。良かったら今後とも
応援よろしくですm(−−)m
>>268
許すも何も・・・。別に怒ってないし。。(^^;

276 :紺野サンタ:03/03/05 22:23 ID:28k304aE
本日より作者同盟を開始と思います。JINKATA さんとかはぜひ入ってください。
会長は吉澤のサンタ様です。続編・新作の作者様とかも気軽に入ってください。
待っています。





「恋の行方は」の作者さん早く戻ってきてください。
俺がこのスレを汚していることは全部謝ります。後、福田の彦星さんも早く戻ってきてください。
お願いします。


277 :名無し募集中。。。:03/03/05 22:29 ID:WlFVvdDH
>>276
お願いだから、このスレにはもう来ないでくれ。

頼む。

278 :名無し募集中。。。:03/03/05 22:37 ID:9rG9L9wx
>>277
お願いだからバカに餌をやらないでくれ。

放置しる。

279 :名無し募集中。。。 :03/03/06 12:27 ID:omwM8WxE
同盟を作る必要があるのかと、何のためにつくるのかと小一時間問いt(r

280 :名無し募集中。。。:03/03/06 17:54 ID:oBqATZmO
うたばん紺野は可愛かったなぁ。
笑いを必死にこらえながらのダンス、感動した!

281 :新紺:03/03/07 02:14 ID:J5x+JkOE
ワザと目を合わせないようにして、里沙ちゃんの「恥辱心」を煽ろうとしていた私は、
さっきのお風呂の時とはちょっとだけ違う、里沙ちゃんの反応を見逃さなかった・・・。
良くは分からないけど、里沙ちゃんは懸命に理性を働かせ「何か考えている」と言った
感じの様子だ・・・。

(矢口さんにされた時の事でも思い出してるのかなぁ・・・?)

そう思うと図々しくもちょっと妬けてしまう私なのだが、まあいいや。今、里沙ちゃんの
「全て」を手中に収めているのは、この私なのだ。それにもし里沙ちゃんが今そんな事を
思い出しながら私の愛撫を受け止めているとしても、気持ちは良く分かる気がする・・・。

282 ::03/03/07 02:16 ID:J5x+JkOE
恥ずかしい話だが、私は里沙ちゃんと今日、このホテルに泊まりに来るまでの一週間の
間に、3回程「自慰」というものをしてみた。最初に試みたのは、まこっちゃんの部屋に
最後に泊まった日から3日後の事・・・。夜遅くにようやく自分の部屋に戻り、ふとした
時、自分の身体が「まこっちゃんと過ごす夜」から逃れた開放感と反比例するかのように、
卑しく「疼いてしまっていた」のがその原因だった・・・。

疼きを何とかしたい気持ちは強いけれど、それでも本能的に理性は強く働いていて、

(せっかく独りになれた時間なのに、まこっちゃんの事なんて思い出してたまるか!)

そう考えた私は、

(せめて架空の世界では、石川さんに優しく抱かれたい・・・。)

と思い、憧れの彼女が、私の身体を優しく愛してくれる状態を想像し、自分なりの性的な
「既存知識」を総動員させて、夢中で自分の性感帯を弄くり回してみた・・・。

283 ::03/03/07 02:39 ID:J5x+JkOE
けれど、どうにもこうにも「上手く行かない」のだ・・・。憧れの石川さんが私の事を
「愛してくれるイメージ」が今一つ上手に浮かべられないのが一番の原因だとは思うが、
それなりに「気持ちよく」成ってきた所で、急に「後藤さん」の事を思い出してしまった
りしてどうにも悪循環だった・・・。

そんなことをして藻掻いているうちに、日頃の仕事の疲れが溜まっていた私の肉体が悲鳴
をあげてしまった。私は生まれて初めて「両足がいっぺんに釣る」という苦痛な体験をし、
悔しさと情けなさで、大泣きしたのだった・・・。

もはや夢の世界ですらまこっちゃんとの「アブノーマルな関係」から逃げ出す事のできない
自分に愕然としながらも、身体の疼きは本当に文字通り「イヤらしく」私が再び「自慰」に
再挑戦したのは、そのすぐ翌日だ。

皮肉な結果だった。いや、そう言う結果になるのが、何となく自分で想像できたからこそ、
私は最初からはそれをしなかったのかも知れない。

284 ::03/03/07 03:01 ID:J5x+JkOE
掛け布団をかけたままでうっすらと汗をかきながら、私は自分の衣服を1枚1枚ゆっくり
脱いでいく・・・。私の着ているパジャマを脱がしていくのは、私ではない。愛ちゃんで
あった。私は里沙ちゃんと今、こうなるまでに生涯3人の女性と「肉体関係」になったが、
その中で「高橋愛」とだけはベット上で身体を重ねた事はない。だから普段でも時々だが、
仕事の集中力が途切れたときなどに、

(愛ちゃんはあの時、もしもトイレなんかじゃなく、お部屋のベットの上だったらどんな
風にしてくれたのかな・・・?)

そんなことを考えたりしてしまっていた。私は愛ちゃんが好きだ・・・。いや、違う。
「掴み所のない」愛ちゃんの事は好きではないが、愛ちゃんの「触り方」が好きなのだ。
愛ちゃんの「触り方」を愛しているのは、「私の肉体」で、「私の精神」が愛している
のは石川さん・・・。そう割り切れた途端に、私の「自慰行為」は驚くほど上手くいった。

285 ::03/03/07 03:15 ID:J5x+JkOE
私のセックスに対する考え方は「現実派」なのだと思う。愛ちゃんとは実体験として
「した事がある」からベット上でのイメージも湧くのだが、石川さんと私は、根本的に
まだ「何もない」のだ・・・。「想像力豊かな人」であればその部分は「上手に補える」
のかも知れないが、私にはできない。それゆえに「自慰行為」を終えて一旦は自分の
「肉体の疼き」にモルヒネを投与して麻痺させる事はできても、その行為を終えた時に
自分に残るのは、空想世界で「精神的には愛していない高橋愛とのH」をして苦悩する
気持ちだけだった・・・。

3回目にしたのは、実はつい昨日の事だ。かなり激しかった。昨日の夜、私は「高橋愛」
「柴田あゆみ」そして「小川麻琴」と言う3人の美女に同時に抱かれた・・・。それは
もう凄かったさ。。けれど、言うまでもなく架空の世界で激しくされた私の身に現実と
して残るのは、その「激しさ」と正比例するかのように大きく生じる「苦悩と空虚感」
である・・・。私は危うくノイローゼになりそうな一夜を、昨夜過ごしたのだった・・・。

286 :名無し募集中。。。 :03/03/07 09:10 ID:79O681ZW
更新乙です。
応援してるので頑張ってください。

287 :名無し募集中。。。:03/03/07 10:36 ID:HkE+6Ulp
更新キタ━━(゜∀゜)━━!!
乙です。我も陰ながら応援しております。

288 :名無し募集中。。。:03/03/09 05:02 ID:wK48b2m+
ほー

289 :紺野サンタ:03/03/09 13:48 ID:V1Hnrf2G
ネタが思いついたので書きます。

290 :紺野サンタ:03/03/09 14:26 ID:V1Hnrf2G
紺野は朝、起きると股間のあたりがなんかもぞもぞすることに気づきました。
「なんでだろう?」
おそる、おそる見ているとそこには信じられないものがついていたのです。
「どうしよう、どうしよう」 紺野は隣の部屋の高橋の所に行きました。
「愛ちゃん、起きてよ」
高橋は寝ぼけていいました。 「あと10分寝かせて」
そう言うと紺野はこういいました。
「起きないならキスをするよ」 そういって、紺野は唇を高橋の唇に合わせようとすると、高橋が起きました。
「何するのー」
「だって愛ちゃんが起きないのが悪いだよ」 そう、言い争っていると紺野は泣きながらいいました。
「愛ちゃん、どうしよう。私、娘。にいられなくなっちゃうかも」
「なんで、どうしてよ」
高橋が聞くと紺野はこう答えました。
「実は、私の股間に信じられないものがついているの」
「あさ美ちゃん冗談はやめてよを見てみてよ。」
そういって、紺野は高橋に股間を見せました。
「・・・・・・・!!」
高橋は驚きで言葉を失ってしまいました。
「愛ちゃん、どうしよう」
紺野は泣いていると高橋が慰めました。
「あさ美ちゃん大丈夫だよ。」 そういって高橋はこういいました。
「これは私とあさ美ちゃんの秘密にしよう」
「でも、もしばれたらどうするの?」
「ばれたらばれたでどうにかするよ」
そういって高橋は仕事の準備をしました。
「さぁ、あさ美ちゃんも部屋に戻って準備してきなよ」
「うん、」
そういって高橋と一緒に行きました。
【つづく】



291 :名無し募集中。。。:03/03/09 14:59 ID:luKEp2dK
他の作者も馬鹿にははっきり言わないから馬鹿が付け上がることを理解して欲しい

292 :名無し募集中。。。:03/03/09 15:58 ID:xE7kNuZL
紺野たんのパンティーは
キティちゃんがプリントされてます。

293 :紺野サンタ:03/03/09 16:09 ID:V1Hnrf2G
290 で書きわすれたのがありました。
この後恐ろしいことが起こることは2人とも予想していなかったでしょう。

294 :名無し募集中。。。:03/03/09 16:15 ID:ofK5WB/Q
川o・-・)<「おちんこでした」とか書いたらぶっ殺しちゃいますからね。
       まさか、そんなありきたりな話では な い で し ょ う け ど

295 :名無し募集中。。。:03/03/09 22:55 ID:AiLLkqCM
展開丸わかりでバカ丸出しがいるスレはここですか?

296 ::03/03/09 23:49 ID:LUSbmj4a
私が今夜「里沙ちゃんと過ごせる時間」に求めていたのは、こんな濃密な「肉体関係」
ではなかったはずだった。結果的には里沙ちゃんが「小さな身体の大きな器」を持って
受け止めてくれたから良かったようなものの、一歩間違えれば「5期メンバー」として、
私は完全に「孤立」してもおかしくなかったのだ・・・。いや、同期メンバーの話だけ
ではない。新ユニットとして活動していく「タンポポ」でも、四面楚歌になってしまう
可能性もあった訳で、そう考えると背筋が寒くなる・・・。

(やっぱり、昨日「ひとりH」なんてしなきゃ良かったなぁ・・・。)

そういう問題でも無い気もするが、まぁいいや・・・。私は今日ぐらいは「難しい事」
は考えずに過ごしたいと思った。もしかすると朝になったらもっと大きな「空虚感」が
私を襲うかも知れない・・・。

(だからこそ、今はこの場を楽しもう・・・。)

私の心の中で、何かが弾けた・・・。

297 :新紺:03/03/10 00:05 ID:/ve+QOt+
『ねぇ・・・。』

里沙ちゃんの首筋に舌を這わせながら私は囁く・・・。里沙ちゃんは私の耳が彼女の
口のそばに無ければ聞き取ることができないような、吐息混じりの小さな声で、

『・・っん?』

と、答えた。即答はせずに、私は自分の唾液をワザと多めに付着させるように舌を
動かしながら、左手は形の良い彼女のおっぱいを、右手はもうすでに先程から私の
指先の刺激に過敏に反応して、さっき彼女が履き替えたばかりの薄いブルーの下着
のクロッチの部分から「ヨコ漏れ」を起こしてしまう程、大量の愛液を分泌している
里沙ちゃんのアソコのヌメヌメとした感触を楽しむ。「弾けた私」は何だか普段では
絶対に思いつかないような「卑猥でお下品」なセリフを思いついていた・・・。

せっかく恥ずかしい気持ちを我慢して言うのなら、耳元で、優しく、そしてやらしく
囁いてみたい・・・。

298 :新紺:03/03/10 00:18 ID:/ve+QOt+
里沙ちゃんの耳は「カラスの濡れ羽色」をした艶やかな黒髪に隠れている。胸への
愛撫を中断させるのは、とても名残惜しいが仕方がない・・・。私は左手で彼女の
長い髪を掻き分けると、小さな耳朶を、一旦口に含んだ後にこう言った・・・。

『立ったままで触られるのって、何か「痴漢」されているみたいで刺激的でしょ?』

カワイイからこそ虐めたくなる。魅力的だからこそ弄びたくなるのだ・・・。私は
自分の心に勝手な言い訳をしながら里沙ちゃんを「口撃」し、同時に里沙ちゃんの
「性感帯」をくまなく「攻撃」する。

『・・・、ぇっ、、。・・ち・・かん・・?』

息も絶え絶えに懸命に声を振り絞って答える里沙ちゃんのしぐさがたまらない。私は
里沙ちゃんの小さな可愛らしいお尻を抱き寄せるようにして、更に身体を密着させる。

(うわっ・・・。すっご・・・!)

「ヨコ漏れしそうな」ではなく、どうやら本当にしていたらしい・・・。里沙ちゃん
が履いている「ショートパンツのお尻」が布地を通して、じっとりと濡れていた。

299 :JINKATA:03/03/10 00:24 ID:/ve+QOt+
>>286 >>287

応援、有り難うございます。頭が働いていないので、ミニ更新です。
何かこんこんを変態チックなキャラにしてしまって申し訳ないです。

しかし。。話が全然進行してないですね(^^;いつになったら新キャラが
登場させられることやら・・・。

300 :名無し募集中。。。:03/03/10 01:25 ID:xZgH+AHR
川o・-・)<「だって愛ちゃんが起きないのが悪いだよ」

川’ー’川<「あさ美ちゃん冗談はやめてよを見てみてよ。」

ハゲワロタ

301 :名無し募集中。。。:03/03/11 19:28 ID:OiE+xej+
『恋の行方は・・・』の作者さん降臨まだかな〜〜〜〜!
新紺の作者さんもがんがってください!!

302 :新紺:03/03/12 02:39 ID:ukXTzmSe
『・・ゃ。。やだよぉ・・・。』

『えっ?何がぁ〜?』

私の「何が?」には答えずに、里沙ちゃんは、私が彼女のソコを弄っている右手の
上に静かに自分の手を重ねる。「戸惑った顔」をしているので、「立ったままで」が
嫌なのかと思い、核心部を弄くる方の手の力を抜いてみたが、払いのける様子はない。

(抵抗したかったら、してもいいんだぞぉ。里沙ちゃん!)

意地悪な考えを思い抱きながら顔を胸元から見上げる私と目が合った里沙ちゃんは、
「泣き笑い」のような複雑な表情を浮かべながら微笑む・・・。

里沙ちゃんが拒否反応を示したのは、おそらくは私の「口撃」の内容についてなんだ
ろうけれど、言ってしまった以上は撤回する事はできないので、私は話を逸らす・・・。

『そうお?そんじゃ触るの止めたげてもいいんだけどぉ・・・?』

『やっ!ぃやんっ!そうじゃなくて。。あっ、じゃないや。。って、何言わすのさ!』

里沙ちゃんは恥ずかしそうに、私と重ねた手で私の腕を軽く叩く。

303 :新紺:03/03/12 03:23 ID:eOzJaEWm
『そっ!んじゃイイジャン!刺激的で気持ちイイでしょ?』

『う、うん。。でも・・・。』

『でも?何!?』

(ちょっとでも不都合な事を言われたら、自分の耳を塞ぐのではなく、キスをして里沙
ちゃんの口を塞いじゃえ!)

そう思っていた私の「殺気」が伝わってしまったのか、反射的に「後ずさり」した里沙
ちゃんの小さな身体は、すぐにお尻にあてがわれている私の手によって抱き戻される。

『ひゃっ!もぉ。。分かったよぉ・・・。』

そう言いつつも私の手から逃れようと藻掻くように里沙ちゃんはクネクネと身体を捩る。
その都度、私に抱き寄せられる様は、私が生まれた頃に、一時期流行った「ランバダ」
でも踊っているかの様で何だかとっても笑えた・・・。

『あさ美ちゃんにこういう事をされるのが嫌って訳じゃないんだけどぉ・・・。なんか
「痴漢」とかそういう事言うあさ美ちゃんはちょっと。。ねぇ・・・?』

304 :新紺:03/03/12 03:47 ID:eOzJaEWm
『やっぱり、イメージと違う?』

『そりゃそうだよぉ〜!』

無理もない。私だって、今日初めて「こんなテンションの自分」を発見したのだ・・・。

『あさ美ちゃんがそんな変態な事ばっか考えてる女だって事がばれたら、全国の「一億
三千万人の紺野あさ美ファン」の人達が悲しむよぉ・・・。』

そう言われて一瞬だけ「おセンチな気分」になった私の隙をついて、里沙ちゃんは私の
抱擁から抜け出すと、私が眠ることに成っている方のベッドに身を投げ出した・・・。
頭の後ろに手を組んで、仰向けに寝っ転がりながら話を続ける・・・。

305 :JINKATA:03/03/12 03:56 ID:eOzJaEWm
ちょいとだけ更新。

ダメだぁ・・・!今日のオソロを聞いた後でディープなエロは描けない(^^;
って元々描いてないけど。。

以前のレスにて「おままごと」みたいだと指摘されたので少し「危ない感覚」に
目覚めたこんこんを描いてみたかったのですが、無理ですた。m(−−)m

まぁ「新紺」はともにまだ中学生と言うことで、そんな「おままごとチック」な
心境も仕方がないだろうと解釈してみる・・・。

エロが少なく、駄文ばかりが多い「新紺」ですが、これからもよろしくです。

144 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)