5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

吉澤鉄筋系。

1 :THE・地蔵:02/12/12 22:56 ID:x1Sf3HXr
吉澤が主人公の小説にチャレンジしようと思ってます。
初めてなので駄作かと思いますが、頑張りますので
読んでくれれば幸いです。

マッタリ更新のつもりなのでsageで。




2 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :02/12/12 22:57 ID:0803P7s0


「俺は頭が良い」


小さい頃、よくダンボールでロボットを作った。
そんなに大ききものでもなく、接着道具はガムテープしかなかったけど
世界で一番カッコイイ自分だけのロボットだった。


3 :2:02/12/12 22:58 ID:etVJlQd7
sage

4 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :02/12/12 22:58 ID:0803P7s0

悲しくなるほど壊れやすく、
最大の敵である母親に、しょっちゅう
邪魔だといわれて撃沈された。


5 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :02/12/12 23:04 ID:0803P7s0
                \同|ヽ/  
___.::⌒   _())__    〉▽∠e,
 ̄ ̄ ̄::;;;;;;;;;ノ, ゚=]]コ]__〔|^〜^O|ヨ 〕/ラ1
      "    ノヲGコヒ日ヒ| 〔フ|| .フ/
              ̄ロΠロ「エコ」|L/ 
              /≠ヨ ヒキヽ
               ̄ ̄     ̄
             吉澤鉄筋系。


6 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :02/12/12 23:04 ID:0803P7s0
そんな事はすっかり忘れていたが、
今日、学校に通う電車の中で、ふと一人で思い出して
だれもわかりゃしないのに、一人で恥かしがっていた。

もう17才になるが、自分が女だと気づいたのは
ごくごく最近だった、男の子と、遊ぶ事も多かったし、
自分の事を「俺」というのも直さなかった。
ただ、小学校の頃、何度も泣かした男子に、ほとんど腕相撲で勝てなくなった事と
生理が起きたり、胸だけがやたらにでかくなるのが、自分が女だと気づかせてしまうのに
充分だったので、堪らなく悔しかった。

そんな俺、吉澤ひとみ
世間一般では花の女子高生だ!


7 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :02/12/12 23:05 ID:0803P7s0
何処にでもいる、ちょっと男勝りの
ありふれた女の子!今日も一日、ためにならない勉強に時間を食わせてやりますか!

空を見上げれば見事なまでの、灰色の空
「まぁ、晴れてても眩しいだけだからね。」
前向きに前向きに、自分の重みで心潰してたんじゃかなわないもんね!
無敵のロボットはもう無いんだ!自分の心を・・・鍛えなくちゃ!

そんな事を考えてるうちに、学校に着いた。
両親には驚くくらい女子校を勧められたが、そんな女臭い所じゃ身が持たないと思い
意見を押し切り、共学に進学したのだ。
私立だが、思ってたよりも規律は厳しくなく、俺もちょっとだけ、髪を茶色にしてみたりした。


8 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :02/12/12 23:06 ID:0803P7s0
教室に入ると見慣れた顔が半数ぐらい出揃っている、
「おはよう!よっすぃ〜!!!」
急にドでかい声で挨拶されたので、半歩後ずさる、
「おぉ…梨佳ちゃんおはよう。」
この娘は一年の時から同じクラスで恐らくよく話す女子の中では一番の仲だ。

「エヘヘ・・・実はね・・・今日、学校までのバスの中でね、中村君に声かけられたの!
 おはよう!って! ね!?これって脈ありじゃない!!?しかもね、ね?
 バスで座った席もね、二つ前の席に座ったの!!ね!?これってもう!両思いじゃない??」
最後の方はほとんど息継ぎをしないで、一方的に興奮していた、
梨佳ちゃんは、今の時代珍しいくらい、夢見がちで、
その分ちゃんと可愛かった。
「すごいじゃん!もう告っちゃいなよ。」
と、おもしろ半分で油を注いでみると
「えぇぇ〜・・・はずかしいよぉ〜・・・」
と、ちょっと体をくねらせて可愛らしく恥らんだ。


9 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :02/12/12 23:07 ID:0803P7s0
決してぶりっ子っている訳ではなく、これが素なのだから世話が無い。

ちなみにこの娘、一ヶ月に一回は意中の男子が替わる。
面白いくらいにコロっと変わるのだ。 昨日まで落とした消しゴムを拾ってくれた佐々木君が好き!
とかいってたかと思えば、購買で順番を譲ってくれた阿部君が素敵!!などといっているのだ。

梨佳ちゃんはニコニコしながら自分の席に戻っていった。
あれだけ可愛いのだから、それなりにモテる、梨花ちゃんの好きな人が変わるのと、
同じくらいのペースで、告白されたり、それらしい手紙をもらっている。
しかしこれまたこの娘の変わった特徴で、今、現在進行形で好きな人じゃないと絶対にOKは出さない。
その人がどんなにカッコ良くても、たとえ昨日まで梨佳ちゃんが太めの好き好きビームを出していたとしても
必ず振る。例外はないのだ。
まぁ、本人としては全く悪気はなく、さらにそのせいで、回りからの評判も下っている訳じゃなさそうなので、
放置するしかないのだろう。


10 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :02/12/12 23:07 ID:0803P7s0
俺は頭が悪い。
この学校のレベルがちょっと高めという事もあるが、成績は体育以外いつも中の下だ。
何で頭の中空っぽそうな梨花ちゃんが、あんなに頭が良いのかたまに不思議でしょうが無くなる。

さて、事件の始まりは実にゆっくりだった。
うちの学校では、よく、生徒会から、[今の学校に満足しているか?]とか
なに問題があった時は[この件に関してどう思うか?]などのアンケートが行われる。
この日も帰り際のホームルームでその、アンケート用紙が配られた。
だるいなぁ・・・と思いながら、回りの男友達と、ホールズの新しく出た
あの、リンゴ味は有りか?を話しながら書いていた。


11 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :02/12/12 23:08 ID:0803P7s0
しかし、アンケートの問いに答えていくうちに、いくつか不思議な点を見つけていた、
しかしどれも、口に出して、ホールズの話題を区切ってまで聞くものでもなかったので、
心の中にとどめていた。
まず真っ先に気づいたのは、名前を書く欄があるのだ。これではいつもやっている
無茶苦茶な答えが書けないではないか!仕方なく名前を書いて
2,3問学校の美化についての問題を答えた後に、またもや不信点を発見した。

・言われた事は、逆らわずに従えますか?

ア 言われたとおりにする。 イ 言われた通りにしない。 ウ その他。[

いきなりそんな質問が書いてあっても、何の事だか分からない、
俺は勝手に、社会に出てから上司にちゃんとついて行けるか、
という質問だと解釈して、「ア」に丸を付けた。


12 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :02/12/12 23:09 ID:0803P7s0
そしてまた、3,4個と、質問の間を空けて、
[機械は好きか]だの[いざの時ならば友達でも捨てられるか]
だのが、それとなく質問されていた。
俺が感じただけでも、そんな感じの質問が5つあった、([学校のトイレットペーパーは今はシングルですが
ダブルスにした方が良いと思いますか]という質問も変だったが、これは数に入れない)
最後から3番目の質問なんて、

[自分の大切なものの為なら、死ねますか]

と、来たもんだ!どっかのダサいアニメかよ…



13 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :02/12/12 23:12 ID:0803P7s0
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ふぅ。それなりにたくさん書いたつもりでいましたが、
かなり少ないですね・・・・

これから頑張るので!
読んだ方は感想などを書いていただければ嬉しいです!

14 :名無し募集中。。。:02/12/13 16:55 ID:P4cq8DeP
( ^▽^)>梨佳→梨華です!

15 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :02/12/13 22:08 ID:O2P3uGZl
>>14
おっとぉ・・・
なるべくミスが無いよう気を付けたつもりだったのですが・・・
御指摘ありがとうございます。

16 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :02/12/13 22:14 ID:O2P3uGZl
さて、実際そんな疑問なんて簡単に忘れる訳で…帰り道にちょっと梨華ちゃんとの会話で出て来たくらいだった。
梨華ちゃんも不思議がっていたようだが、それよりも今日廊下でぶつかった
一年生の男子が可愛かった!と、また1人で盛り上がっていたので
それにあいまいな相づちを打つのに精一杯になっていた。


17 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :02/12/13 22:15 ID:O2P3uGZl
それにあいまいな相づちを打つのに精一杯になっていた。

そんなどうでもいいような事件から数日後
俺はくだらないアンケートなんてすっかり忘れて、すぐそこに控えた期末考査に俺の頭は支配されていた。

その日学校は少しいつもと違っていた。
なんか知らないおっさん達が学校の回りをうろうろしているのだ。
「よっすぃ〜おはよう。」
「お、梨華ちゃん!おはよう。」
取りあえず明るく返事をして、この話題を振ってみる
「なんか変だな…なんだよあのおっさん達…・?」
「さぁ…・・・・・・ぁ、もしかしてアイドルか何かのスカウトじゃないかしら?
あ〜!声かけられたらどうしよぅ!!!」
「スカウトねぇ…」
それにしては少し空気が重過ぎる感じもするが…
「ぁ、ねぇ!!見て見て!!!ほら、あの今こっちに歩いて来てる赤いマフラーの子!!!
この前話した、廊下の子だよ!!ね?可愛いでしょ!? あ、見た!?今、
こっち見て笑った!!やだぁ〜!おねぇさんに気があるのかしら!!!!??」
気のせい…だよね…両方とも。


18 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :02/12/13 22:16 ID:O2P3uGZl
おっさん等は学校内には入って来ていないので、学校関係者ではないか?という
自分の考えは消された。
2時間目が終わってふと外を見るとおっさん達はもう見えなかったので
俺は胸をなで下ろした。

次の時間は、きたるべき期末考査の心構えを先生方から聞かなくてはならないらしいので
ダルがりながら体育館へ向かった。
それなりにきちんと整列して、近くの男子と、機関車トーマスに出ていた、あの
偉そうな太っちょおじさんの名前を必死に思いだそうとしていた
校長の細く長い話しが終わり、今度は生徒会会長であり
学校のマスコット的キャラである、3年生の矢口真理さんがテコテコ出て来て
生徒会の引継ぎだの何だのを喋っていた
「あ〜あ。真里さん会長辞めちゃうんだ…」
男子達が寂しがりる姿を尻目に矢口さんは
「ありがとうございました!」
と、一礼して戻っていった。そして新しく会長の座を手に入れた隣のクラスの男子が
「頑張りますので よろしくお願いします。」
と、ありきたりな挨拶をして、下手へはけた。
「生徒達は静かに教室に戻って下さい。」
先生の声がスピーカーから流れて、みんなだらだらと自分達のクラスへ戻っていった。


19 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :02/12/13 23:24 ID:O2P3uGZl


         ゆっくり過ぎて気づかなかったんだ
          あの時気づくべきだった…。




20 : ◆cCKOSINeo. :02/12/14 01:07 ID:LLAi1QZ5
>THE・地蔵 ◆jizouMjYBUさん
小説総合スレッドで紹介&更新情報掲載しても良いですか?
http://tv2.2ch.net/test/read.cgi/ainotane/1027284701/

21 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :02/12/14 12:57 ID:gU+4hIMj
> ◆cCKOSINeo. さん
どうぞどうぞ。ありがとうございます。


22 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :02/12/14 19:42 ID:jtByUOpN
放課後、校門の前、いつもどうり梨華ちゃんを誘って帰えろうとしていたら、
「石川せんぱーい!」
と、梨華ちゃんを呼ぶ男の子の声がした、梨華ちゃんお気に入りのあの一年くんだ
「あら、どうしたの?小川君」
小川というなのその一年は、梨華ちゃんが(一時とはいえ)夢中になるのも
うなずける、なかなかの美少年である。
「ずっと考えてたんですけど、僕…あの…その…」
ぅおら!ガツンと言っちまえ!少年!!でもあんた、ずっと考えてたって
この前会ったばっかじゃないの?
小川君はしばらくもじもじしていたが、ようやく考えがまとまったようで梨華ちゃんの目を見て
「あの…先輩、今日僕と一緒に帰りませんか?」


23 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :02/12/14 19:43 ID:jtByUOpN
と、小さいながらもはっきりと言った。
梨華ちゃんは悪魔で先輩らしさを重宝しているらしく、
「ん…? しょうがないねぇ…」
と、少々大人びた口調で返事した
しかし嬉しくて顔が緩むのを必死で押さえているのが見え見えで、
回りにいた同学年の男子達が悪態を吐いていた
「じゃあよっすぃ〜、ごめんね?また明日!」
そう言い残して梨華ちゃんは、小川君を引っ張って、そそくさと学校から出ていってしまった。
少しの間その二人の後ろ姿を眺めていたが、梨華ちゃんは小川君とできるだけ長く二人で歩いていたいらしく
バスには乗らず、バス停を通り過ぎて、駅まで続く道を歩いていった。
「しょうがない、一人で帰るか…」


24 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :02/12/15 15:26 ID:fsag+P1p
仲のいい男子達は、もう既に帰宅してみたいなので
俺は一人孤独にバスを待っていた。
バスを待つ間、また昔、、、あれは小学校一年?二年か?
まぁ小学校一、二年のころを思い出していた。
あのころは物を作るのが大好きだった…ロボット以外にもいろいろ作った気がする
秘密兵器に秘密基地…まるで自分がとても頭のいい
博士か技術者になった気分だった。
子供のころ、誰もが持ってる自分への優越感、自分が他の友達なんかよりも優れていると思えた、
あの錯覚が味わえなくなったのはいつからだろうか?
いつのまにか俺の中にあるのは平々凡々とした、負け組精神だった…
あのころ…何か口癖があった気がする…そのころやってたアニメのセリフだっけ?
それとも覚えた言葉を連発しているだけっだたのかも、
なんだっけ………………………………


25 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :02/12/15 15:27 ID:fsag+P1p
「吉澤さん!」
完璧に自分の中にいた時に、いきなり名前を呼ばれたので
かなり自分でもキョドったと思う、
「あ、会長さん…」
自分を呼んだのは、今まで一度も話した事が無い、この学校の生徒会長の矢口さんだった
身長は自分よりかなり小さいが、自分よりも何倍も強そうな[勝ち組の目]をして
俺に細く微笑みかけていた。
「ちょっと今からそこの公園で喋っていかない?すぐ終わるから!」









                怖い

え?なにこの人、今始めて顔会わせたばっかなのに、俺と対で話しがしたい!?
俺の頭は一気に混乱していた。
うわぁ〜…そう言えばなんか、変な会社出入りしてるって噂聞いた事あるぞこの人…
断ろう…話す事なんてなにも無い!
「あの…」
「ん?何?大丈夫!ホントすぐ終わるから!」
あぁ〜、待てよ、待てよ待てよ…
もしかしたら生徒会長としての用事で話しかけて来ただけかも、
先生とかからなんか言われて、それを伝えに来ただけかも…・
そうだ!考えてみれば、俺はこの人に対して、全く迷惑になる事はしてない!
放課後の公園に呼び出されて、ボコボコにされる筋合いはないのだ。
OK!聞いてやろうじゃないの!お話って奴を!


26 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :02/12/15 15:30 ID:fsag+P1p
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ふぅ・・・なんか今んとこ読んでくれてる人はゼロに等しいみたいですね・・・

(´・ω・`) ショボンネ

いつかは・・・いつかは・・・

27 :zai:02/12/15 16:18 ID:bpcSHVpw
いやいやしっかり読ませていただいてますよ。
次の更新待ってますよ。がんばってください。

28 :名無し募集中。。。:02/12/15 17:24 ID:1UDJEivK
読者2人目。頑張りや〜♪

29 :名無し:02/12/15 17:36 ID:giSHL9OW
子供の頃のロボットっていうキーワードはキューンとくるものがあるね
今後の展開に期待

30 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :02/12/15 20:29 ID:fsag+P1p
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

読んでくれている方々がいて、本当に嬉しいです!

(`・ω・´)<ガンガルゾ!オー!

31 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :02/12/15 20:30 ID:fsag+P1p

公園に着くと、矢口さんが俺をベンチに促す、言われたとうりに座り
次の言葉を待った
「あのね吉澤さん…」
「はぁ、なんでしょう?」
少し風が出て来た、矢口さんの髪が少し落ちて、一瞬目線が分からなくなる
「吉澤さん……・・ごめんね。」
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
いきなりベンチの背もたれの方から二本の腕が伸びて来て
一つが俺の両肘を抱きかかえるように持ち、手の自由を無くし、
もう一つは何やら湿ったハンカチで、俺の口と鼻を押え付け出した!
「むぁ・・!」
とたんに目の前が真っ白になり、意識が俺の中から消えていくのが分かった。



32 :地蔵さんには基本的にお供え物をします。:02/12/15 20:46 ID:XX6vGP6Q
なかなか読ますね。続きが気になる系。

33 :zai:02/12/15 21:10 ID:bpcSHVpw
1日に二回も更新があるなんて、読者としては嬉しいです。
それに、これからどうなっていくのか続きがすごい気になります。
次回を楽しみにしています。

34 :名無し募集中。。。:02/12/15 21:39 ID:fYDCo6xW
>>1
24時間書き込みがないと落ちるかも
気をつけろよ

35 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :02/12/15 22:20 ID:fsag+P1p
>>34
マジですか!?
明日からは学校なので毎日ちゃんと書けるか謎なんですけど・・・


36 :名無し募集中。。。:02/12/15 23:47 ID:WF6b5pLn
>>34
羊は狼と違ってマタリーしてるからそんな心配しなくても大丈夫じゃない
まあ毎日更新できればそれに越した事は無いが・・・焦りは禁物。
基本的に小説の書き込みは拙速よりは遅巧のほうがイイと思うよ俺てきには。。。

37 :レクイエム ◆8FREQU/2yA :02/12/15 23:55 ID:cLi9J+xz
なるほど。そっちの路線で来たか。
あなたらしいよ。
これからも頑張ってな。

38 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :02/12/16 00:09 ID:tUO8KT0G
>>37
テメェモナー

39 :七人の名無し:02/12/16 01:25 ID:bPnAgYu1
あっ!!おもしろい小説またひとつハケーン。作者さんガバテください。

40 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :02/12/16 16:49 ID:tUO8KT0G




















41 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :02/12/16 16:50 ID:tUO8KT0G
とたんに目の前が真っ白になり、意識が俺の中から消えていくのが分かった…。

「ん…・」
もう朝か…なんか全然寝た気がしない、
早く起きなきゃ遅刻しちまう…
「痛っ…!」
なんだ?頭が重い…ガンガンする。
生理痛?…・・いや、このまえ終わったばっかだし、第一こんなにひどく……
…・・
「!!!!あ!」
思い出した!矢口さんに公園に呼ばれて、なんか後ろから手が伸びて来て…
「っく…ここ…何処だ…?」
俺の部屋じゃない、何処だ?何があった…?落ち着けぇ…・・!
取りあえずそこは、今俺が寝かされている、真っ白で清潔そうなベットが一つ置いてあるだけだ。
他には何も、窓すらない 白い壁に白い床、白い天井に白いドア…
自分の着ている制服だけが黒く浮いて見えた。
「何なんだよ…畜生…」
頭痛に耐えながら立ち上がり、ドアの前までよろよろと歩いた
ドアノブに手をかけて回してみる


42 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :02/12/16 16:50 ID:tUO8KT0G

「開かない!!……なんだよ!クソ!俺が何した!?矢口さんか?矢口がやったのか!!?
おい!誰か!!いねぇのかよ!出せよ!!おい!!」
思いっきり叫んで思いっきりドアを叩いた。
ドアが開かない閉塞間に、状況が把握できない恐怖感、さらには変なもん吸わされた名残で
頭痛が容赦無く頭を締め付けている。
もう脳の[考える部分]なんて、おサルさん以下なんだろうな…・
心臓がバクバクいってる。
喉から血が出て、鉄の味がする。
手がちぎれそうだ。
髪を乱して喚き散らす俺を、昨日の自分は笑うだろうか…?
そして、明日の俺は、今の自分を思い出して笑う事が出来るだろうか…?
不思議と涙は出ない
そんな感覚、とっくに通り過ぎてしまったのか?
涙を流した瞬間に、諦める心が生まれてしまうからか…?
答えのでない自問を繰り返して、俺はドアを叩き続けた
<ガチャ…>
急にドアが開いて、振り下ろした手は叩く目標を無くして、胴体を道ずれに
床に倒れ込んだ。
「いやぁ〜!
今回の新入りは威勢がええなぁ〜!」
そこには数人の人が立っていて、その中の先頭の男が、
俺を見下ろして笑っていた。



43 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :02/12/16 16:55 ID:tUO8KT0G
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

すみません。
>>41 の最初の一行は、ワードパットからのコピペミスです。
そこは飛ばして読んで下さいです。


44 :作者☆:02/12/16 21:12 ID:Hyz0334H
大変おもしろいです!
更新楽しみにしてます、こちらも頑張りますです…。

45 :レクイエム ◆8FREQU/2yA :02/12/17 11:30 ID:tvuxGstR
ま、頑張れ。

46 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :02/12/17 18:56 ID:kPXm+7FA
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

>>44 >>45

お互いがんがりませう!
俺も駄作ながら精一杯やり!!!

47 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :02/12/17 18:56 ID:kPXm+7FA

誰だ?
と聞こうとして、口を開いたが喉がかすれて声が出ず
ヒューッと、乾いた音だけが漏れた。

「まぁまぁ落ち着け。ちょっと狭いが中で話そうや。
いろいろ聞きたい事もあるだろうし、聞かなきゃいけない事だって
その倍はあるからな。」

食えない笑い方だ…
取りあえずは、話しを聞くしかないのだろう。

再び部屋に入り、ベットに腰を下ろした。
「ん、ほれ、水飲むか? 安心せぇ
毒なんて盛ったりしてへんから。」
差し出された500mlのボトル詰めの水を、半分ほど飲み干した。
毒は・・・本当に入ってないようだ。
水を飲んで、少し深く息をしたら、少し頭が晴れて来た
「だ、、、、誰だ…・?」
さっき言えなかった言葉を口にする。

「そうやな!先に自己紹介しとこか!」
そういうと男は、ポケットから名刺を取り出し、差し出しながら続けた
「俺の名前は[つんく♂]!一応この会社の社長をやってる。」


48 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :02/12/17 18:57 ID:kPXm+7FA
「会社?」

「あぁ…そうか。
ここは君…あ〜、吉澤って呼んでいいな?
で、吉澤の学校から1キロほど離れた場所にある、ぼろい製鉄会社の地下や。」

クールに…何考えてんだか知らないけど、クールに、落ち着いて。
大丈夫。相手のペースにはさせない!

「や、矢口さんはどこにいるの?」
聞きたい事…本当にいっぱいある。
そぅ、先ずはこの質問でいい、こんな目にあっている直接の原因…

「矢口か?あいつは今、また別の事をしている。
吉澤…あいつを責めんでやってな。
 あいつはただ俺の命令に従っただけやから…」

って事は、全部こいつのせいって訳か…OK。的が一つになった。
後は俺を連れて来た目的…・。
「何で…俺をここに連れて来たの?」



49 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :02/12/17 18:58 ID:kPXm+7FA

するとつんく♂は困ったような苦笑いをした
「駄目やで!女の子が[俺ぇ]なんて言ったら!
もっとかわいらしく行こうや!せっかくの美人が台無しやで…・」
と、そこまで言って俺の目線を確かめた
俺の目は、しっかりつんく♂の目を。

つんく♂はため息を一つして、急にまじめな顔をして言った。


50 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :02/12/17 19:06 ID:kPXm+7FA

「吉澤。お前ロボット操縦しないか?」



51 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :02/12/17 23:31 ID:kPXm+7FA



(数秒の沈黙)






                   ( ´,_ゝ`)プッ

今度はこっちが苦笑いだった。
いい年こいたおっさんが…・・女子高生拉致って
ロボ操縦の誘い!?
[俺を操縦しろ!!]とかならまだしも(駄目だな…)
………ロボット…………・
なんだか少しだけ、心にゆとりが持てた来がした。


52 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :02/12/17 23:34 ID:kPXm+7FA
そして、どうやらそんな苦笑いをしている俺を見てつんく♂は、
[こいつはロボット操縦できんのが、嬉しくてしょうがないんや!]
と、勝手な解釈をしたらしく、

「ほ〜、物分かりがいいみたいやな!どれ、ちょっくらホンモン見せたろか!?」
といって自分について来るよう手で合図した。

「ぁ、待って!」
「なんや?まだ聞きたい事が?」

「うん。…なんで、俺だったの…・?」
それを聞くとつんく♂は隣のSPと思われる人に
「ちょっと、[アレ]出してくれへん?」
と頼んだ。 するとそのSPは、持っていたセカンドバックの中から
一枚の紙を取り出し、つんく♂に渡した。
「吉澤。これに見覚えないか?」
ん…?なんだ…?
目を細めて観察してみる。

「…・っあ!」


53 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :02/12/17 23:35 ID:kPXm+7FA
そこにあったのは、いつだったかのアンケートだった。
何か違和感を感じた…あのアンケート。
「それ、あんた等がやったの?」
「これも矢口を生徒会長にさせた理由の一つや!
これを見て大体の目星を付けて、次ぎはそいつを肉眼で監視。
それで見事、俺のアンテナに引っ掛かった奴がこうしてここに呼び込みを受けるって訳だ!」

あぁ…あの時のおっさん達はこいつらだったのか…
しかもスカウトされたのは俺か…梨華ちゃん…残念(?)だったたね…。

「まぁ今まで俺のアンテナに入って来た奴で、才能の無い奴はいなかった。
お前も含めてな…。 きっと音楽かなんかのプロデューサーになってたら、俺
成功してたんじゃないかって時々思うわ…はは!」

俺もそう思う。他人事ながら、出来ればそうしてほしかったよ…
ぁ、俺が巻き込まれてんだから他人事じゃないか…
そんな考えを見透かしたかのようにつんく♂は続けた

「でも俺は、ロボットを作ってみたかった!平和を守る、正義のロボットを…な。」



54 :名無し募集中。。。:02/12/18 00:29 ID:JDu7FSYT

旦  お地蔵さまに茶でも供えてみた

今日ハケーンしますた。
なかなかおもろいですな。
続きを気体しとりますぞ。

55 :七人の名無し:02/12/18 01:03 ID:stmzrT4I
OH!!たくさん更新してる。

56 :名無し募集中。。。:02/12/18 08:03 ID:FLYP7Vt/
レクイエムのスレから来ました。
基本的にロボット好きなんで執筆がんがってください!

57 :名無し募集中。。。:02/12/18 22:40 ID:p+47fyjH
面白い!その上深みがある!
地蔵さんがんがって下さい!!

58 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :02/12/20 13:21 ID:gVG+Jw4u

正義のロボット…。
その時俺はまた、昔のころを思い出していた、
正義の味方、無敵のスーパーロボットが俺の手元にまだあったころを…

「うし!じゃぁほれ!ついて来!俺の人生、見せたるわ。」
SPがドアを開け、つんく♂が外に出ていった、
ドアノブを持ったままSPが俺に出るよう合図した。

興味が湧いてしまった。
昔の自分にコンプレックスがあったのかもしれない。
もちろんその時、自分に選択権はなかったのだろうが、
俺は、自分の意志で部屋から出た。

俺は頭が悪い。

つんく♂とSP達に挟まれて、[ロボット]の本に連れて行かれる間
俺は勝手に頭の中で、[ロボット]について考えていた。



59 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :02/12/20 13:21 ID:gVG+Jw4u
どんな形だろう?カッコイイかな?
大きさは…マジンガー並かな?ガンダムサイズかな?
もしやSD?
乗って操縦?ううん、なんかの本で[乗って操縦なんて自殺行為]
みたいな文章を見た気がする。するとリモコン?
こっちの方が敵と戦う時に安全でいいかも…・・・・・・・・
……え?
「敵?」
思わず小さな声で喋ってしまった。
「ん?どうした吉澤」
つんく♂がすかさず訪ねてくる
「え…えっと、正義を守るって事は、やっぱり悪い奴等がいるんだよね?
それって…?」

「いきなり言っても、信じへんやろ?
まぁ、そのうち、な。」
俺が反論しようと口を開けると、急につんく♂が立ち止まり
危うく顔をぶつけそうになった。
「このエレベーターに乗ればもう目の前や!」

そう言えば、この建物、どれだけ広いんだろう?
部屋を出てから、もう10分は経っていた。
ロボットの格納庫と言えば、地下にあったりするのかと思っていたが、
言われるままに乗ったエレベーターは、[2F]行のボタンが押された。


60 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :02/12/20 13:34 ID:gVG+Jw4u
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            親愛なる読者の皆様。

      ちょっとしょぼしょぼ更新しましたが、
     私最近、バイト始めたりしてしまったので、
    ほんの少し更新のペースが落ちると思います。
   社会人の方でもちゃんと更新している方も多い中
    バイトごときでほんと申し訳ありません・・・
       出来る限り頑張りますので、
   もしも、万が一この小説を楽しみにしている方がいたら、
       細く長い目で見てほしいです。

               以上。どうでもいい話しでした。

61 :七人の名無し:02/12/20 15:12 ID:y5gdnJBQ
更新が遅くてもいいです。だから絶対完結さしてください。(すいませんこんな大口たたいて…。)

62 :レクイエム ◆8FREQU/2yA :02/12/21 20:13 ID:b3ZKu1Va
そういえばバイト決まったんだっけ。

小説ともども頑張れよ。

63 :(○^〜^○):02/12/21 22:02 ID:+B4TJv3l
ヽ( ○^〜^)ノii!! sugokuii!!

64 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :02/12/23 23:02 ID:1C/oR9go
エレベーターの中で、また一つ驚くものを見つけた。
ボタンが大量にあるのだ、上は5階までだが、
地下が50階まであった。
「ここってこんなに地中深くまであるんですか?」
つんく♂は目線は変えずに口だけ動かした。
「その下もあるんやで、まぁお役所には秘密やけどな!」

まだまだ秘密は有りそうだが、俺はその時、子供のころに戻れていた。
物語の主人公になっていたんだ。
ワクワクして、心臓の音は相変わらず高鳴っていたが
ここに来た時のような音とは全く逆の、期待の音だった。

「さ、着いたで」
そういうつんく♂の声がして気づいたが、耳が痛い、俺が乗ったのは、一体何階だったのだろう?
取りあえず降りてみると、そこはベレンダのようになっていて、
柵のついた狭い廊下が壁ずたいに取り付けられていた。
恐らくここが、地上に出ている部分なのだろう、間隔を空けて張られている曇りガラス
から、日の光が漏れていた。
ここでちょっと気づいた事があったが、それより先に
目の前にそびえている物に、俺の意識は奪われていた。

目に見えている柵付きの廊下の数から判断して一階から五階までの吹き抜けの
建物の中にすっぽりと収まっている黒いビニールシートの固まり…


65 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :02/12/25 21:00 ID:sUU0417/
ロボット…と呼ぶには、少し雑すぎる気がした。
はるか上空にある、頭部と見られる赤い部分は尖がっていて、
ちょうど、魔女がかぶるような三角帽子を連想させた。
顔以外は全てビニールシートで覆われており、時折ある
作業中に出来たと思われる裂け目からは、真っ赤な装甲が見えていた。
足は地面に着いておらず、天井からたくさんのワイヤーで吊るされてあり
まるで首吊り死体だった。
足元のビニールシートはズタズタで、その中からは
機体に取り付けられてあるであろう多量の配線が、一階の床に落ちていた。



66 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :02/12/25 21:00 ID:sUU0417/
「どうや?カッコええやろう?」
本当に自慢げに聞いてくるつんく♂に対して、
俺は何も答えなかった。
「まぁ今はご近所さんに見られないようにこんなマント着てるけどな、脱いでもスゴイで、こいつは。
下に降りて見てみるか?俺もちょっと用事があるから、テキトーに見といてええで」
そう言うと再びエレベーターに乗り込もうとしたので、慌ててさっき浮かんだ疑問を聞いてみた
「ちょっと待って!ところで、今って何時?」
つんく♂は腕の時計を確かめるように見て言った
「今は・・・10時やな、午前の。吉澤に気絶してもらってから十七時間経ってる。
あぁ、お前の心配してる事なら大丈夫やで、親になら昨日
吉澤が寝てる時にちょっとお前のケータイ貸してもらって、「友達んとこ泊る」送っといたから。」
言い終わるとつんく♂はボタンを押して上に上がって行ってしまった。


67 :名無し募集中。。。:02/12/26 08:09 ID:qnKe1/9d
更新乙
よっすぃ−に「かっけ−」って言わせる外装キボンヌ

68 :名無し募集中。。。:02/12/26 16:10 ID:qqPlVK+W
>>67がイイことを言いますた。

69 : :02/12/26 21:53 ID:qKIcZ1JY
誰かロボの絵書いて。

70 :チュキチュキ:02/12/27 03:53 ID:MeauE7MN
よっすぃーなんて所詮チンコロボ

71 :名無し募集中。。。:02/12/27 03:54 ID:mQ3xPzBZ
バイバーイ♪

72 : :02/12/28 14:22 ID:MIIOXdN6
(O^〜^O)

73 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :02/12/29 12:06 ID:H5sG9sOQ
っく・・・今日こそは・・・
今日こそは更新を・・・

74 :七人の名無し:02/12/29 22:30 ID:KMuIDsL4
よし。がんばれ。

75 : :02/12/30 19:09 ID:Ubnya9PY
(O^〜^O)<イイ!

76 :名無し募集中。。。:02/12/30 22:27 ID:8Plm3OFZ
>>73 そして明日になりますた。
もうすぐ来年になっちゃうよん。

77 :レクイエム ◆8FREQU/2yA :02/12/30 23:42 ID:iATNZay6
きっと疲れてるんですね。自分のように・・・

78 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :02/12/31 00:42 ID:u5vfhEbP

しばらくそこで、三角帽子を眺めていたがふと下を見ると
小学生だろうか?背の低い女の子がとぼとぼ歩いていた。
へぇ、こんなとこにも子供がいるんだ。
そう思った俺は、エレベーターに乗って一階のボタンを押した。

一回に着くと、すぐ目の前に今見た女の子が立っていた
紙をお団子に結び、大き目の目をこちらに向けている。
話し掛けようと口を開けたがあっちの方が一足早かった。

「あ、もしかして新しいパイロットの方ですかぁ?」
間抜けに開いた口を慌てて閉めて返答した
「あ〜うん・・・昨日連れてこられちゃってね…君は…?」

ニコッと可愛らしい笑いを見せて、ビシッと敬礼をして女の子は自己紹介を始めた。
「はぃ!私は第二補充パイロット兼、セクシー担当の加護あい
14才でありますです!」


79 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :02/12/31 00:43 ID:u5vfhEbP
えぇ!14才!?中学生だったのか…言わなくて良かった。
あ〜…それにしてもかわいいなぁ…加護ちゃんかぁ…うちに持って帰りたいなぁ…。

よだれを垂らしそうな顔で見下ろしている俺に対して
別段不信感も抱かずに加護ちゃんは
「何てお名前ですか?」
と、問い掛けて来た。
「あぁ…俺は吉澤ひとみ、17才! えっと・・・そのくらいしか言える事は…」

「あ!自分の事『俺』なんてカッコイイですねぇ!じゃあ吉澤さんは
ボーイッシュ担当でお願いしま〜す!」

笑顔が耐えない子だなぁ・・・空気が和むよ。

「何て呼べばいいですか?『吉澤さん』じゃ堅すぎますよね?
『吉澤ちゃん』…?」

「なんでもいいけどみんなには『よっすぃ〜』って呼ばれたりもするよ」

「いいですね!『よっすぃ〜』!イメージにぴったり!」

っとその時、いきなり後ろから男の人声がして、
俺も加護ちゃんも跳ね上った


80 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :02/12/31 00:43 ID:u5vfhEbP
「あぁっ!!もしかして君、5人目のパイロット?」

何て言うか・・・第一印象が『エロそう』で、しっくり来るような
ひげを生やしたおっさんが、こっちに近づいて来た。

「うへ〜・・・田代さんだ・・・」

加護ちゃんがちょと嫌な顔をして俺の後ろに隠れた。

「ほら、ヤッパリそうだ!パイロットなんだろ?」

「はぁ、一応…」

田代は俺の体を下から舐めるように見た後、必要以上に近づいて
「うん!やっとまともな感じのが入って来た!いいよぉ!君!
実はね、君を数あるパイロット候補からつんく♂のやつに
勧めたのは俺なんだよ!いやぁ〜よかったなぁ選ばれて!
めったに無いぞ?こんなチャンス!」

俺の背中に隠れている加護ちゃんが小さく

「よっすぃ〜目ぇ付けられてたんだ・・・かわいそ〜、気を付けてね!」



81 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :02/12/31 00:51 ID:u5vfhEbP
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

っと、中途半端なとこで区切って申し訳ないですが
ひとまず今日の所はご勘弁を・・・

ふぅ・・・最近疲れが多いです・・・バイトで見れないテレビも多いし、
この前もラーメン食いに行ってる隙に
ソニン見逃すし・・・精神的にもぐったりですよ。

それはさて置き、こんな糞小説を年末のお忙しい時に見てくれている方々、
感想のレスが大変励ましになっています。
違和感を感じた点などがあればバシバシ意見書いて下さい。参考にします。

それでは皆様、良いお年を・・・。

82 :名無し募集中。。。:02/12/31 04:06 ID:ALlm4HY0
5人目ってコトはあいぼむ以外にあと3人…。
♪誰でしょ誰でしょ誰でしょね〜
  候補がいっぱいあり過ぎるぅ〜

それと、田代さんはハンディとか持ってる人?
いや、かばんに入って(隠して)んのかな?

最後に、お地蔵さまはビデオ持ってないのでつか?

83 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :02/12/31 13:38 ID:c4PDGhzg
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今年はもう書き込まないつもりでしたが一つ・・・

>>82さん
ビデオはあります。。。
ただ、予約しても撮ってくれる確率が三分の一という
未来のビデオデッキなのでなかなか取れませんのです・・・。

84 :七人の名無し:03/01/01 01:25 ID:2deISRh1
あけおめです。

85 :名無し募集中。。。:03/01/02 00:14 ID:YVDBuZ0s
明けましておめでとうございます!
ゆっくりでもいいんで更新頑張って下さい!!

86 :名無し募集中。。。:03/01/02 00:15 ID:YVDBuZ0s
ごめんなさい・・・
ageちゃいますた。

87 :名無し募集中。。。:03/01/02 20:33 ID:6M6CP9I3
(・∀・)よい!

88 :七人の名無し:03/01/04 01:16 ID:SiJmHERq
行き詰まったんですか?じゃあこんな展開はどうでしょう。【田代に迫られておもわず殴ってしまった吉澤】みたいな。やっぱだめですよね。すいません。

89 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/04 11:58 ID:1g/hDPpS
迫られるんですか・・・田代には前半は[実はいい人]みたいなキャラで
行かないとラストにつながん無いんで。。。
申し訳ないです。。。

90 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/05 03:02 ID:ScwLAwXL
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

あ〜・・・眠い・・・
こんな糞小説読んでくれてるみんなぁ!
ありがとう!読んだら簡単で言いから感想書いてくれたら嬉しいよ!
っていうかみんなの感想読むために書いてるからね。。。
いやホント。

91 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/05 03:04 ID:ScwLAwXL
「おっ!なんだ加護ちゃんもいたのか!おじさんに会いに来てくれたのかな?」

加護ちゃんは無言のまま首を横に振った。

「ははは、お年頃だねぇ!」

田代は軽く笑って(でも少しショックを受けたようだ)目線を俺に戻し、
親指で後ろ斜め上の三角帽子を指して言った。

「さて、もっと詳しく見てみるかい?この鉄の固まり。」

「あんた、これをどこまで知ってるの?」

田代は片方の口元を歪ませ悪戯な笑みを作った。

「全部・・・全部知ってるよ。 なんせこいつは俺が作ったんだから。」

「中澤さんだって!平家さんだっているじゃない!
それに他の作業のおじさん達も!」

加護ちゃんが冷たく言い放った。

「まぁ彼等は俺のアシスタントってところかな?
取りあえず俺はこいつについて、奴等が知らない事もたくさん知ってる!
もちろんつんく♂の奴も知らない…な」

こいつ・・・どれだけの人物なんだろう?
話しからすると、相当偉い人なのだろうか?

「うん。知っておきたい。」



92 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/05 03:04 ID:ScwLAwXL
取りあえず知っておきたかった。
つんく♂には、結局聞けなかった事や、教えてもらえなかった事も
こいつなら教えてくれそうな気がした。(もちろん信用した訳ではないが)

田代に案内された場所はすぐ近くのコンピューター群だった
三角帽子から伸びている大量のコードの半分がここに集められていて
かなり異様な空間だった。
俺を気遣ってついて来たのか、ただの好奇心か
くっついて歩いている加護ちゃんは慣れた足取りでコードを跨いでいる。

「まぁ教えるっていっても、そんなのはたくさんあり過ぎて
いっぺんには喋れん、質問に答える程度だ、ほれ、言って見ろ」

田代はパソコンの画面と向き合い、キーボードで何かを打ち込みながら
俺の言葉を待った

「ここは・・・何のための会社なんだ?」

「企業だからな、もちろん金儲けのためだ。」

以外にもあっさりとした答えが返って来たが、ひるまずに続ける。


93 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/05 03:05 ID:ScwLAwXL

「でも、つんく♂さんは敵と戦う正義の企業・・・みたいな事言ってたけど…?」

「…・・人間はどんな時に一番金を出すと思う?」

「…・人の命がかかってる時?」

田代はパソコンの画面から目を外し、俺の方を向いた

「そう。近いうち…まぁもう起こってるんだが、人類は滅亡するかもしれない。」

あ〜あ…ホントにアニメだぜ…

「よく聞け五人目。敵がいるんだ、しかも奴等の目標は完璧にここだ。
ここには…まぁ追追話すか話されるかすると思うが、そいつらが狙ってる物がある!
これが渡るともっとヤバイ事になる、それこそ手のうちようが無くなるんだ。」

「ちょっとまった、つんく♂さんも教えてくれなかった。
敵って何だ? アメリカ?朝鮮?」

田代は首を横に振った

「それだったらお国の問題だ、
うちらの敵…それはな、[人間以外の生き物全て]だ。」

…?…なんだ?ワンちゃんニャンちゃん大逆襲か?

「全て?」


94 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/05 03:06 ID:ScwLAwXL

「あー、ちょっと言い方が違ったか、別にそこらを飛んでる鳥とか
地べたを這ってる小さな虫とかはどうでもいい、
用があるのは親玉クラスだ」

「虫の王様とかがいるの?」

「王様…と言うよりヒーローだな。特別変異か、それともなんか秘密があるのか知らないが
極まれに、異常なまでにドデカい虫やら動物やらが見つかってるんだ。
ここ5年で4匹もな。」

「そんな話し聞いた事無いけど?」

「全部うちがもみ消してる。そいつらをこれからも退治していくために…な。
でもこれからは違う!隠してなんていられない!奴等は絶対都心にも出るだろうし
日本に奴等を撃退できるほどの武力はないんだ!
いざと言う時軍隊は役に立たない!アメリカとかに助けもとめても
核飛ばされてうち等までさよならってのがオチだ!
そんな時、何が一番機能する?」

「……・・」

「企業だよ!国も自分達を守るために、我が社に頼るだろう、
頼れるのはここだけなんだから!
こんなに早くからこの件に気づいて対処しているのは確実にここだけだ!
殿様商売なんだよ!確実に敵は来る!確実に儲かるんだ!」


95 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/05 03:07 ID:ScwLAwXL

敵?金?国?企業?またもやいっぺんにいろんな単語が入って来て
考えが絡まって来た。

「えっと…つまり…敵はドデカい生き物で、それを倒すためにロボットは作られたんだな…?」

「ロボット…その言い方は嫌いだな…別に他にいい呼び方がある訳じゃないが
なんと言うか、ガキっぽい。これはもう、まさに大人の世界なんだよ!」

「私、一度だけ実戦した事があるの…。」

今まで口を閉じて話しを聞いていた加護ちゃんが俺の服を引っ張って言った

「私が殺ったのは、ついこの間なんだけどね、おっきな芋虫だった・・・」

「4匹目の奴か…まぁ無難な戦い方だったけどな…あいつはデータで見る限り
今まで出て来た奴で一番弱い。攻撃方法も糸だけだったしな…
おっと…別に加護ちゃんが弱いっていってる訳じゃないんだよ。」

「でも…スゴイ気持ち悪かった…」

だろうね…でっかい芋虫…それもあんなでっかいロボットが必要なくらい…考えたくないな
加護ちゃんの頭を撫ぜながら、俺は思った、

嘘とか冗談じゃ…ないみたいだな…。



96 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/05 03:08 ID:ScwLAwXL

このままのノリで行くと、確実に俺は、あのロボットで、巨大生物との殴り合いをしなくちゃならないだろう…
今ならまだ辞退できるかもしれない。

「あのぉ〜悪いんですけどやっぱり俺…」

っと、その時いきなり回りのパソコンなどの器材から
[ビィィィィィビィィィィィィィィィィ]
と、警告音のような耳障りな音が叫ばれ出した

「え?何々?」

動揺する俺を尻目に田代が

「あ〜?また[理沙]の故障かぁ?」

と、めんどくさそうに画面に目をやる。

次の瞬間、田代の眼光は鋭いものに変わっていた。


97 :名無し募集中。。。:03/01/05 04:54 ID:Ij68JOW0
田代さん!ミニスカ女性でもハケーンしましたか?

虫とか言うから starship troopers かと思た。
今、漏れが読んでる小説の中では一番面白いぜよ。

p.s.芋虫気持ち悪がるあいぼむ萌え〜

98 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/05 15:29 ID:ScwLAwXL
>>97
すげー今読んでる中で一番いいんだってさ!聞いた?みんな聞いた!?
うわ〜い!うひやぁあぁい!!
ありがとうございますです。。。

調子のって今夜にでも更新できるやも。。。

99 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/05 21:32 ID:PSpjO6fJ
ごめん。
ちょっと調子のり過ぎた・・・

100 :レクイエム ◆8FREQU/2yA :03/01/06 00:38 ID:tZWeFMoQ
100ゲト

101 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/06 03:34 ID:5YApBD7P

「…来たぞ…五体目…。」

田代がそう言い終わる前に、加護ちゃんは側にあった警報ボタンを叩き押していた。
とたんに下からけたたましい音が響いた、おそらく地下ではみんな慌ててるに違いない。

「私、出ます!」

加護ちゃんがそう言って走り出そうとしたのを、田代が制した。

「[大耳]は今解体整備中だ!クソ!のんきに発進口でこいつ組み立てるんじゃなかった!」

田代はまだうろたえてる私の方を向き、

「こいつ、四号機は一応動ける!五人目!戦わなくていい、
他の発進口がまだ出来てないんだ!お前が出たらすぐに[黒帯]…三号機を出す!
それまで、逃げるだけでいい、出てくれ!!」

「え…で、でも・・俺…・」

今日来たばっかで、さらに俺からはパイロットになるなんて、
一言も言ってないんだぞ?
こんなのに乗れる訳…

俺がウダウダ考えている間に
今までどこに行ってたのだろう?
作業服や白衣を着た男性女性が忙しなく回りの機械をいじっていた。



102 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/06 03:35 ID:5YApBD7P

「こいつの操縦は、どんな馬鹿でも出来るようになってる!
ようはセンス…才能の問題だ!お前にはそれがある!あるから呼ばれたんだ!
って言うかもう設定がお前になっちまってる!お前のサイズに合わせちまってんだよ!
アシスタントシステムからなにからな!乗るしか、守る方法はねぇんだよ!!」

「守る…?何を…」

「あぁ?てめぇにもあるだろ?守りたい物!ヒト!!
言っとくがあいつらは遊び来てるんじゃねぇんだ!うちらが持ってるもん探し当てるまで
暴れまくるぞ!」

ふと、頭の中に梨華ちゃんの顔が浮かんだ
梨華ちゃんは小川君と真っ直ぐ帰ったろうか?
今日は学校が休みだから、この辺をウロウロしていないだろうか?

「梨華ちゃん…」

一回だけだ、これに一回乗ったら、やっぱり無理です。
とか何とか言って辞めさせてもらおう。
設定したからって、ちょっと時間をかければ書き換えられるだろう
そしたらまた、別な娘を当たってもらえばいいじゃないか…
一回なら、いい経験だ。
…………ヨシ!!!

「・・・やってみます!」


103 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/06 03:35 ID:5YApBD7P

「よぅし!じゃあオラ!ついて来い!」

加護ちゃんが俺の事を心配そうに見てる

「大丈夫だよ!ちゃんと見ててね!って言っても、俺は何にもしないんだけどさ!」

「怪我…しないでね…。」

「だいじょぶだいじょぶ!じゃあ!また後でね!」

そうだ、大丈夫!あんなちっちゃな中学生にも出来るんだ!
お姉さんである俺が、ビビっててどうする!

加護ちゃんに手を振りながら、田代と一緒にエレベーターに乗り込む
田代が5Fのボタンを押し、エレベーターは心なしかさっき乗った時よりも
早く、上に上がっていった。

[ピーン]

エレベーターの到着音が鳴り、ドアが開く、
そこには、さっきまでまで見上げるだけだった尖がり帽子の赤い顔があった。



104 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/06 03:38 ID:5YApBD7P

「コクピットは口の中だ、ほら、取りあえず乗れ」

エレベータから降りると、意外と広い足場が設けられていて
四隅にちょこちょこっと、機械類が置いてあり、その回りを
五・六人の人達が忙しそうに行き来していた。

「田代、やっぱり吉澤使うんか?」

つんく♂だった。用事って、ここに来てたんだ

「他がいないんです。矢口はまだ帰って来てないんでしょ?
それにもう、サイズはこの娘に合わせちゃってますから、
書き換えには一週間かかりますし…」

「そうか…まぁええやろ、吉澤には確実に才能があるからな。
にしても、吉澤!」

「は、はい」

なんか誉められて、変に緊張しちまったよ…

「ありがとうな。実際チョット不安だったんや、お前、他の娘達と
ちょっと最初の反応が違ってたからなぁ…はは」

昨日の、ちょっと俺が発狂しかけた時の事を言ってるんだと解かって
恥かしかった。



105 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/06 07:13 ID:5YApBD7P

「おい、もう時間がねぇ!簡単に説明すっから、乗れ!」

「じゃ、頑張ってな!」

そういうとつんく♂はくるりと向きを変えて、
白衣の人達が数人溜まっているパソコンの前に行ってしまった。

「ほら、早くしろぉ!」

田代氏急かされて、俺はついに、尖がり帽子の顔、2mの所まで接近した。
ここまで来ると顔だかなんだかわかんないな…

大口を開けている尖がり帽子は、パイロットが乗り込みやすいように、この、
飛び込み台みたいな搭乗口に、首を伸ばして(本当に伸ばして)顔をくっ付けていた。

まずは中を覗き込んでみる、別に口の中って感じじゃなかった
コードや機械器具が折り重なっている所に少しばかりのスペースがあり、
そこに座席が置かれていた

「思ってたより、ボタンとかは少ないんだね。」

「シンプルな方が使いやすいだろ?」

全くその通りだ。


106 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/06 07:15 ID:5YApBD7P

俺は思いきって中に入ってみた、搭乗口の回りについている、
唇とも牙とも取れる装甲の裏には恐らくこれがこいつの視界なのだろう
座席を中心に200度ほど(微妙だな…)の弧を描いた長方形のスクリーンがあった。
左上にはこのロボットの状態を表すための計測器具がデジタル画面で現されている。
右上にもう一つ画面があったが、電源が入っていないのか
ただただ暗いブラウン管に俺のさえない顔が反射して映るだけだった。
そして、真ん中には小さな窓があり外の様子が肉眼で確認できるようになっていた。

「先ずは席につけ」

田代に言われるままに座席に座る。

「ベルトを締めて首輪を付けろ」

「く、首輪!?」

少し首を曲げて座席の右肩あたりを見てみると、
一本の細いコードで繋がれた金属質な首輪が掛けてあった。

「そう、それだ。大丈夫、自分で外せるようになってるから!早く!」

試しに外れるかチェックしてから俺はそれをはめてみた

「ちょっときつくない?」

「そんくらいでいいんだ。息が出来ないって事はないな?」

深呼吸をしてみる、呼吸するには影響ないみたいだ
首を動かす障害にもならない


107 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/06 07:15 ID:5YApBD7P

「大丈夫・・・」

「よし、じゃあ今度は両腕を肩まで横についてるコントロールアームに通してくれ、
まぁ今こいつには左手はついてないから、入れるのは右だけでいいんだが・・・
カッコがつかんだろ?」

コントロールアームと呼ばれたそれは、鎧のような形をしていた。
上下からスライド式のパイプで支えられて中に手を入れると
自由自在とまではいかないが、関節が動かせるようになっていた

「それに連動して、腕や指が動くようになってる、その首輪もそうだ
お前の向いた方向にこいつの首も動く。
次ぎは足だ、足元に固定されてる靴に履き替えろ」

下を向くとプレ○テのアナログスティックのようなもの二本の上に
それぞれ靴が置かれていた、取りあえず履いていたローファーを脱ぎ、
その無機質な靴を履いてみた。
お、ぴったりだ

「ここらへんが一番重要で解かりにくい、よく聞けよ!」

俺はうんうん、と頷いた



108 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/06 07:16 ID:5YApBD7P

「いいか?まずそのスティックを前に持ち上げながら倒して軽く押し込む。」

以外にも簡単に足が上に持ち上がるようになっていてそのまま前に倒して押し込んだ。
上に持ち上げるよりも下に沈めるのは弾力があるようだ。

「そう、それを左右交互にやって、歩く動きだ。」

「引っ張り上げないでそのまま前に倒したらどうなるの?」

「足を曲げて上げると言う動きをしない事になる、つまり足を引きずって歩く。
ちなみに押し込むと言う行為は地面を押す行為に当たる、
強く押し込めばそれに応じて高くジャンプだって出来る。
まぁ覚えちまえば普通に俺達が歩いたりしてるのと共通点があるからな
どんどん簡単になるはずだ。」

「ってことは…同時に引っ張り上げれば、しゃがめるの?」

田代がニヤリと笑った。



109 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/06 07:34 ID:5YApBD7P

「物分かりがいいな、加護ちゃんはこれの原理を覚えるのに3ヶ月かかった。
そこまで仕組み理解できたならもう分かってると思うが
今と同じで右に持ち上げて右に押し込めば右に進んだり左に進んだりも出来る。」

「オーケー!わっかた!以外と簡単なのな。」

「口で言うのは簡単なんだよ!あぁ、それから、ベルトにもセンサーがついてるから 
前にかがめばこいつも腰を折ってくれるからな。」

すごい・・・ホントに、こんなに自由に動かせちゃうんだ…。

「武器とかは?なにかないの?」

田代は少し苦笑いをした。

「何しろまだ作りかけなんでな、あんまり付けてないんだ。」

その時、田代の後ろから、さっきの技術者の一人と思われる女性の声が聞こえた。

「田代さん!五体目の[暴種]が、この地区の地下に侵入してきました!」



110 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/06 07:34 ID:5YApBD7P

「解かった!よし、吉澤!後の説明は通信でする。
とにかくこれはまだ作りかけなんだ、武器もフル装備じゃないし
何せアシンスタントシステムが後一歩で詰めなかった。
無理はするなよ!すぐに味方が来るから、そいつに任せればいい!」

「わかった。」

アシスタントシステムと言うのが少し気になったが、
時間が無いらしいので聞くのは後にしておいた。

「じゃ、俺らも全力でバックアップするから、通信をしっかり聞いて、敵を見失わない
ようにしろよ!頑張れよ!」

「わかった。」

その時の田代は、なんだか始めて会社に出勤する
子供を見送るお父さんみたいだな。
そう思うとなんだか少し、田代に親しみがもてるような気がした。

[コクピット閉まります]

機械じみた女性の声がして、勢いよく尖がり帽子の口が閉じ
首が元の胴体の上へと縮まっていくのがわかった。



111 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/06 07:36 ID:5YApBD7P

っと、その時いきなり
ブシュゥゥゥゥ と空気の音がして、腕が入っている
鎧の中が急に狭くなった。

「っう…・!!?」

一瞬、手が潰れるかと思ったら、すんでの所で止まった、
保健所とかにある、血圧を測る機械のちょっとソフトな奴を
腕全体にかけてる感じだ…

「すまんすまん。言ってなかったな、それは使用だから
そんなに心配すんな。」

右上の画面に田代の顔が映ってる
通信用の画面だったのか。

「もう電源は全部はいってるから、今は下手に動くなよ。
一つしかない発射口を早々ぶち壊したくない。」

[ハッチ開きます。]

ロボットの格納庫である建物が横にスライドするように開く、
久しぶりに外に出た気がした。
高い…いい眺めだ。
回りの景色がメインカメラの画面にパノラマに映る。
昼時の太陽の光を浴びて、赤い機体が光っているのが目に浮かんだ。



112 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/06 07:54 ID:5YApBD7P

「目標は十二時の方向…そのまま真っ直ぐいけば鉢合わせできるぞ?
奴は今、見当違いなところで暴れまわってる。
ここらの住民は我が秘密企業が使えるの最初で最後の
避難警告を出して移動してもらってる。
[怪物が出ました!]ってな。
そろそろテレビカメラも回ってるはずだ、
これは我が社最初の国民アピールでもあるんだ!!
今までは戦闘の場所が海底だったり樹海だったりしたからな!
この作戦が成功するかしないかで俺らが正義の会社になるか、
銃刀法違反及び爆発物所持…その他もろもろの
犯罪をやらかしてる悪の大企業になっちまうかが決まるんだ!
気合い入れてけぇ!!!」

なるほどね…味方が来るまで突っ立てるんじゃ駄目なのか…
まぁこいつに乗るのも最初で最後なんだ、

「・・・カッコよくいこうぜぇ!」

さっきやったみたいに…右足を上げて…
すると思った以上に尖がり帽子の方の足が持ち上がってしまったらしく、
バランスを崩しそうになった、慌てて足を下げてバランスを保った。

「あぶねーあぶねー…でも、まず一歩だ…
田代…さん、今みたいなのでいいんでしょ?」

「……・・・・・・・・・・・・・・・・・・・……おー…・」



113 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/06 07:55 ID:5YApBD7P

「…?田代さん?おーい!」

この時、俺は気づいてなかったんだ、
こっちからあっちの顔が見れるように、あっちからもこっちが見えている。
さらにあっちは、こちらを管理、監視する係でもあるのだ。
当然、このコクピットについてるカメラも一つじゃない訳で…

司令室のモニターで俺の初陣を見ていた加護ちゃんは、
頭を抱えていた。

「よっすぃ〜…・・・・・・・パンツ丸見え…。」

田代は俺がさん付けで呼んでやってるにも関わらず

「いやぁ…やっぱりあそこにカメラ置いて正解だった…
にしても、17才だろ?17才でまだこんなのはいてんだ…
…(・∀・)イイ!」

つんく♂も大画面で映し出されている俺のそれを見て

「ははっ…やっぱり他の娘と違うわ…!」

と、回りの男性作業員達に混じって意味の無い拍手をしている。

そんな事などつゆ知らず、俺はよろよろと歩いて
少しずつ敵に向かって行っていた。


114 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/06 07:56 ID:5YApBD7P
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

て・・・徹夜の大量更新・・・完・・了・・・・。

115 :作者☆:03/01/06 10:28 ID:rVeyyOpJ
加護ちゃん可愛い〜♪お疲れ様です!
何かロボットとゆうのは難しいですね、よっすぃガンバ><


116 :レクイエム:03/01/06 16:13 ID:tZWeFMoQ
徹夜お疲れ。吉澤のロボの名前が気になるな。

117 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/06 18:34 ID:5YApBD7P
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

う〜ん・・・今読み直すと文法が変な部分が多いなぁ・・・。

操縦法方(特に足の)を結構自分なりに考えたんですけど
解かってもらえたでしょうか?

118 :名無し募集中。。。:03/01/06 22:56 ID:XMu/lh1D
いいじゃないの!
操縦方法もかっこいいし。
あとは、外観が気になる。
赤いとんがり帽子に隻腕?
体型の描写もキボンヌ

119 :七人の名無し:03/01/07 00:20 ID:68KIjyMz
大量更新お疲れさまッス。 操作方法むずかしそー。でもい〜な〜乗ってみたい。

120 :名無し募集中。。。:03/01/07 01:15 ID:A8QAi/cN
よっすぃ〜のパンツ・・・萌え。

121 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/08 00:14 ID:bEr1rTS5
誰か無理な相談聞いてくれる人いませんかぁ?

122 :なお:03/01/08 00:20 ID:N1Gzrpwb
どしたん?地蔵さん(^ο^)

123 :レクイエム ◆8FREQU/2yA :03/01/08 00:38 ID:NWGwsnDi
画像の話か・・・・・。
ひょっとしたら・・・

124 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/08 00:47 ID:bEr1rTS5
>>レク
正解だ。

>>なおさん
無理と存じて相談します。
小説の内容が頭に浮かびやすいように
ロボの[操縦の手引き]みたいな画像を載せたい
したいのですが、スキャナもカメラもスキルも無いので
駄目です。
しかし文章だけじゃ限界があると思ったので
糞汚い絵で説明したいんです!
なおさんが駄目なら別の方!俺を信じてくれる方!
FAXで送りますんで俺の代わりにうpして下さい!!
お願いします!!!

125 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/08 12:07 ID:bEr1rTS5
まぁ駄目元ですからね。。。個人情報俺に流す事になるし・・・

今夜にでも更新します!

126 :レクイエム ◆8FREQU/2yA :03/01/08 13:50 ID:NWGwsnDi
画像をネット上にアップできればいいんだよな?
やっぱスキャナは必要・・・かな?

127 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/08 22:31 ID:bEr1rTS5
さて、誰も読まない糞小説でも書くか。。。

128 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/08 22:31 ID:bEr1rTS5

しばらくただただ真っ直ぐ歩くのに集中していたが
オペーレーターだろうか?女の人の顔が、右上の通信用画面に映し出されて
俺の注意が移った。

「敵の姿が見えますか?そろそろ近いですよ。」

髪の長いその女性に言われて、俺は首を左右に向けて回りを見渡す、
俺が首を曲げるたびに、尖がり帽子の頭が同じ方向に曲がる。
頭部にコクピットがあるハズなのに、顔と一緒に座席が回転するわけではなく
連動して動いたのはスクリーンなどがついている壁だけだった。
恐らく、座席のある床は、胴体と直結していて
その上に頭がかぶさって出来ているのだろう…

「ホントに帽子だな。こりゃ…」

今気づいたが、回りは背の高いビル街だった

「ロボットの戦闘って、ここまでゆっくりした.ものなのか…?」

それを聞いてか再び通信が入る

「半径1`のどこかに確実にいます。
レーダーの設備が完璧じゃないので
確認するまで位置までは特定できませんが…」



129 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/08 22:33 ID:bEr1rTS5
                  _
「そんなアバウトに言われて / /
                 / /
             .   / / ○)
               / . \.       _
               / /\/    ◆ ノ ノ
             . / /         ノ ノ
             / /         ノ ノ
              ~~         ~~~~
とたんに体が座席ごと浮く感じがして、
俺を載せた三角帽子はうつ伏せに倒れた。

幸いコクピットは衝撃などに強く作られてるらしく
地面に激突してもショックを吸収され揺れる程度で済んだ。

「っく…後ろ…?」

「目標を外部カメラにて確認。組み分け、哺乳類
種族名[ハツカネズミ]」

言い終わると同時に画面の女性の顔が消え
男が…田代が映った

「先ずは立ち上がれ吉澤。」

立ち上がる・・?
えっと…、手で地面を押して…


130 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/08 22:33 ID:bEr1rTS5

そうだ、足を…

っと、急に目の前のメインスクリーンが一瞬暗くなった

「なに?
う、うぁ!!?」

巨大ネズミのしっぽが三角帽子の頭をしっぽでたたき上げたのだ。
強烈な振動が走り、俺は背もたれにしこたま頭をぶつけた。

「いってぇ…!!」

再び地面に投げ出された
早く立ちあがらなきゃ…

「手で胴体を起こして…空いた隙間に膝を入れて、爪先と手の力で…」

三角帽子がゆっくりと立ち上がる

「よし、じゃあ今度は少し敵との間合いを取れ。
その機体は元々接近戦向きじゃないし、
片腕じゃどう考えても分が悪い。」

俺はすぐに、敵に背を向けて走りだした
歩いたり走ったりと言う操縦は一人前に出来るようになったな…

300mほど離れてなずみの方に向き直る、こっからだと全身が見えた
体長30mは余裕でありそうな巨大すぎるデブネズミが
俺の方を恨めしそうに睨み付けていた



131 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/08 22:35 ID:bEr1rTS5

「吉澤、椅子の右側面についてる赤いボタンを押せ」

「ん?…これか?」

[パシュッ]

座席の回りの手が届く範囲のあちこちの位置に
ナイフやピストルなどの取っ手と思われる物が
勢いよく飛び出て来た。

「それがそいつの今の所の付属できるフル装備だ
さっきも言ったとうり今はそれを全部を持ってるわけじゃない、
って言うかそいつが完成してても重くて全部を持っていけるわけじゃないがな・・・」

試しに近くにあったハンドガンを引き抜いてみた、
しかしそれには銃口はなく、手に持つ所と
引き金だけが間抜けにあるだけの物だった。

「こんなんで撃てるのか?」

「コクピットのそれは、あくまで発射ボタンに過ぎないからな
ライフルとかが、先端まであったら邪魔でしょうがないだろ?」

「なるほどね…」

一人で感心しながらそのピストルもどきを
目線の位置に持って来てみた、
すると三角帽子の手に持っているハンドガンが
メインモニターに映った。


132 :レクイエム ◆8FREQU/2yA :03/01/08 23:04 ID:NWGwsnDi
そこが連動
してるのか・・・。お疲れ。

133 :名無し募集中。。。:03/01/09 07:39 ID:BmSoAAvZ
FAXじゃなくてデジカメで撮影してupとかどお?

134 :作者☆:03/01/09 21:21 ID:Gi3oKmL9
動かすの難しそう〜…。
絵ってペイントでかくのは駄目なんですか??

135 :名無し募集中。。。:03/01/09 21:42 ID:0IN4bLzR
>>地蔵
AAでがんがれ!

136 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/09 22:23 ID:qiEIkD5b
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

>>133
デジカメなんて文明品持ってませんです。。。
携帯のちっちゃい画像で頑張ってみましょうか・・・。

>>134
チャレンジしてみた結果、マウスなんかで絵を書くのは無理
と言う事が解かりますたです。。。

>>135
もうだめぽ。。。

まぁこの話しは知り合いにでも頼んでみるので
期待せずに気長に待ってて下さい。

  _, _
( ^▽^)<オラはみんなの感想レスで生きてるんだ。
      読んでなくても適当にレス書いてくれれば嬉しいぜ!

137 :レクイエム:03/01/09 23:19 ID:QOZYr3da
地蔵!朗報だ!父親が2年前に買っていたデジカメが出てきたぞ!

138 :名無し募集中。。。:03/01/09 23:57 ID:lBxZCOm0
絵がカッコヨカタラ、本格的にアニメ化キボンヌ。

ちなみにアニメは
 アクショソ
 ニューヨーク
 メトロポリス
の略であることは言うまでもな(ry

139 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/10 00:25 ID:MxvAYLTW
>>137
よし!原稿(書いたら)送るから、
ファックスの番号教えれ!
お願いするよ!

>>138
カッコよかったら・・・(汗


さぁ残る問題は俺の画力だけですね。。。

140 :レクイエム ◆8FREQU/2yA :03/01/10 01:12 ID:LP9UPCky
ファックス番号は自宅と同じ分かるでしょ?
分からなかったら連絡網を見てくれ。

141 :山崎渉:03/01/10 04:32 ID:ihkdfu2Y
(^^)

142 :山崎渉:03/01/10 16:51 ID:jP7jQFjA
(^^)

143 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/11 22:51 ID:d7PusG4h
あー・・・
書く時間ねぇ・・・

144 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/12 16:09 ID:RsCf5t5p

「ほんとだ、ちゃんと銃口もついてる。」

「見とれてる場合じゃないぞ!
ネズミさんもいい加減痺れを切らしたらしい…」

銃を降ろして視界を開けてみると、巨大ネズミがこっちに向かって
のそのそと歩いて来ている

「遅いな・・・警戒してるのか?吉澤、一発撃ってみろ。」

メインモニターに向けてピストルもどきを構える。
仕事とはいえ生き物を殺すのはいい気分じゃない、
それがたとえ、人の命を奪うような凶暴な物でも…

っく…手が震える…
落ち着け、守るためなんだ!ごめんな

「死んでくれ。」

一気に引き金を引いた。

[タァン]

コクピットから聞いてるせいかもしれないが
独特な軽い音がした。



145 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/12 16:10 ID:RsCf5t5p

「…あ、当たったか?」

撃つ瞬間、とっさに目を閉じてしまったので
弾道が解からなかった。

「あれ?ネズミは…?」

「馬鹿野郎!下だ!」

田代の声を聞いてすぐに下を向く、そして首はそのままに
上目遣いでメインモニターを見てみた。

「うっ…」

巨大なネズミの頭が今まさに尖がり帽子の胴体にぶつかろうとしていた。

[ズンッ]

重い衝撃が走り、グラリと機体が傾く
大きな音を立てて、今度は仰向けに倒れてしまった

「っ畜生!!」

立ち上がろうと腕を脇腹まで持っていくがその先が動かない。
ネズミが腹に乗ったままなのだ

「このヤロ・・・降りろ!」

もちろん頼んだ所で降りてくれない。


146 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/12 16:11 ID:RsCf5t5p

[ガシ、ガシ]

硬い物がぶつかり合うような音がコクピットに響いた、

「吉澤!齧られてるぞ!早く振りほどけ!」

んな事言ったって動けないんだからしょうがない

「身動きが取れない…!」

だんだん音がでかくなってる気がする。

「まずいな…胸部ショットガンには弾が入ってないし…
味方機がもうすぐ着くはずなんだが」

すっかり忘れてた、味方、援護があるんだ。

「いつ頃到着するんだ?」

「一分前に発進した。もうそろそろ…」

一分前!?俺がここに来るのに10分はかかったのに…

[ベキッ、ベリィ…]

いやな音がして下の映像を見ると、
左胸の装甲が一枚、無残に剥がされていて、
残された一枚の薄い鉄板の、ネズミの歯にやられたと見られる
穴から、中の機械がむき出しになっていた。


147 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/12 16:12 ID:RsCf5t5p

「南無三…」

そう口にした直後、突然軽い揺れと共にモニターから
ネズミの姿が見えなくなった。

「…・?」

取りあえず胴体を起こしてあたりを見渡し、
状況を確認する。

「ジィィィィィィッ!」

左から、奇妙な鳴き声が聞こえて、
首を向けてみる

そこには、生々しく脇腹から
血を流している先ほどの巨大ネズミと、
全身真っ白のボディに、真っ黒な腰のパーツが
美しく映えている、楕円形の頭をした巨人…いや、
ロボットが、お互いにらみ合って対峙していた。



148 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/12 16:13 ID:RsCf5t5p

「到着したみたいだな。あとは[黒帯]に任せて、お前はそのまま待機していろ。」

「…うん…。」

田代の言葉を聞き流して、俺は
[黒帯]と呼ばれたロボットに視線を注いでいた。

始めに動いたのはネズミの方だった。
今まで見せなかった素早い突進で黒帯の白い機体に
飛び掛かった
しかしネズミが動いた瞬間、既に黒帯は地面を蹴って
高く飛びあがった。
目標を失ったネズミは前方にあった高層ビルにぶち当たる、
そこへすかさず、降りて来た黒帯がネズミの背中に向けて蹴りを入れた。

「ギィィィィィ・・・」

苦しそうな声を上げて、ネズミの体が更に深くビルのコンクリートに埋まる。

[シュゴォ!]

黒帯の肘から炎が噴き上がり、その反動を利用した
音速の正拳突きが、ネズミの頭を直撃した。

その間約5秒、本当に一瞬だった。


149 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/12 16:16 ID:RsCf5t5p

しばらくピクピク痙攣していたネズミの足も
次第に静かになっていき、戦闘の終了を感じさせた…。

「よぉし!ご苦労さん。二人とも、テレビとかに細部まで見られないうちに
速やかに帰還しろ。」

それを聞いて、俺はようやく目線を黒帯達から外して、立ち上がった。
黒帯は尖がり帽子より背が低く、
こちらの悪役っぽいデザインとは違い、
丸っこく純白の顔立ちには、愛着さえ持てた。

ネズミが完全に事切れたのを確認してから、
黒帯はゆっくりと元はビルだったコンクリートの固まりから
右手を引き抜いた。

グロテスクに潰れたネズミの頭部を背景に
ゆっくりとこちらを向いた黒帯の姿は
幼いころ夢見ていた、無敵のロボット、そのままだった…。



150 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/12 16:17 ID:RsCf5t5p
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ふ〜

151 :レクイエム ◆8FREQU/2yA :03/01/12 23:06 ID:/RVqBOvk
強いな・・・さすが奴がパイロットをやってるだけのことはある。

152 :七人の名無し:03/01/12 23:37 ID:2yBWKmOH
更新お疲れさまッス。黒帯かぁ〜乗ってるのはやっぱりあの人なんだろーなー。

153 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/13 00:15 ID:Pxv7elTH
バレバレですか・・・
これじゃ
「ふふふ・・・実はこの人だったのさ!バーン!」
っていう演出ができないね。。。
ちょっとあからさますぎたか・・・

今からでもパイロット変えようかな?
「以外にもパイロットは保田さん!でした!ドカーン!!」
っていうのに。。。

154 :名無し募集中。。。:03/01/13 01:57 ID:zG544GB+
奇を衒わんでもえーんやで。
定番好きな人多いっしょ、日本人て。

155 :名無し募集中。。。 :03/01/13 02:21 ID:S07yiyGa
ナンダ?クロオビニノッテルノダレナノ???

156 :名無し募集中。。。:03/01/13 23:58 ID:lo/4M5fQ
保全

157 :名無し募集中。。。:03/01/14 21:14 ID:LPrnSlCx
保田

158 :なお:03/01/16 17:24 ID:276MCmx/
地蔵さん書いてぇ〜(;‐;)

159 :作者☆ ◆SAKUgUdd02 :03/01/16 18:15 ID:P2Lel9mJ
地蔵さんどうしたのですかっ?!
インフルに気をつけて頑張ってください。。。

くろおびにのってるのわからない…(汗)

160 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/17 00:48 ID:LePUnaQF
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
すみません。。。
最近何かが忙しくて、
小説の進みが悪いんです。。。
いちよう書くには書いてるのですが更新できる量じゃないので
お許しを・・・



161 :名無し募集中。。。:03/01/17 21:18 ID:9GAiXR7G
許す。

162 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/19 02:30 ID:gYy+Y88w
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

こんばんわ。
最近[カテキョ]を遅ればせながら読んで
涙を流した地蔵です。
いつかはいつかはあんな風になりたいと思いつつ更新します。

163 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/19 02:32 ID:gYy+Y88w

帰りはいやにスムーズだった。
俺の時間の感覚が変だっただけかもしれないが
これで最後になるであろうロボットの操縦を存分に楽しんだ。

格納庫に入れる入り口が一つしかないため
先に黒帯が収納され、その後、壁に肩をぶつけながらも
ようやく格納庫に収める事ができた。

[プシュゥゥゥゥ]

腕を締め付けていた鎧が取れて、久しぶりに自分の手を見られた気がして
すこし清々しくおもった

「首輪とベルトを外して降りてこい。」

田代の声に従いベルトを外し、
ちょっと手間取ったが座席と繋がっている首輪も外れた。
これでやっと、尖がり帽子と別々になれ訳だ…

いつの間にやら尖がり帽子の首は、俺が降りられるように
五階の搭乗口まで伸びていた。



164 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/19 02:32 ID:gYy+Y88w

降りたらすぐにみんながいるものだと思っていたが、
そこには人はほとんどおらず、数人の作業員と
缶ジュースを持った加護ちゃんだけだった。

「よっすぃ〜!おつかれ。はいこれ!」

「ありがと。」

「えへへ…じゃあよっすぃ〜、みんな待ってるから。
司令室に行こう!」

そうだ…つんく♂さんに言わなきゃ…辞めます!って…

そう思いながらも、なんだか心のどこかで躊躇している自分がいる事を
このときにはうすうす気づいていた・・・

「ん?どしたの?よっすぃ〜」

「あ〜…ううん。何でもない。
司令室ってどこなの?」

取りあえず言うんだ、こんな危険な事…続けてなんてられない!



165 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/19 02:33 ID:gYy+Y88w

「中央エレベーターの一番下だよ。
えっと、50階だね。」

そう説明しながら加護ちゃんはエレベーターの[↓]ボタンを押した。
すぐにドアが開き、俺達を招き入れる。

「でもすごいなぁ…」

ボタンが押されドアが閉まると同時に、加護ちゃんが
ため息交じりに話し始めた。

「え、何が?」

「よっすぃ〜がだよ!今日知ったばっかで
あんなに軽々と動かしちゃうんだもん…。
私なんてコクピットに座るまでにも丸まる一週間
講習受けてたんだから…。」

「でも、俺なんか何にもしなっかたよ!マジで!
ただネズミに押し倒されてただけ…」

そこで加護ちゃんは吹き出した、
俺もつられて笑い出す、
少し曇りかけていた加護ちゃんの笑顔が元に戻ったので
俺は内心ほっとした。



166 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/19 02:34 ID:gYy+Y88w
「にしても…あの途中から来てくれた…黒帯だっけ?
カッコよかったな〜!あれこそ正義のヒーローだね!」

「うん。凄いんだよ!紺野ちゃんは!」

「紺野ちゃんって言うの?あれに乗ってたの、」

「うん、紺野あさみちゃん。私がここに来たのが三年前で、
紺野ちゃんはちょうど一年後に入って来た4人目なんだけど、
とにかく凄いの!私なんてバンバン抜いて、
思った通りにロボットを動かして…
あーゆーのを天才って呼ぶんだよ!」

スゴイ誉めちぎりようだなぁ、あとで合えるかな?

「それに比べて私は…ちっとも上達しないよ…」

また笑顔が無くなりかけたので慌てて話題を振る、
なぜだかこの娘には、ずっと笑顔でいて欲しい…

「っていうか三年も前からここにいるの!?」

「うん、そうだよ。別に私の[大耳]はあんまり筋力とか関係ないから。
あ、もう着くよ。」

[ピーン]

例の効果音が鳴り、ドアが開いた。

[パチパチパチパチ…]

間の抜けた一人の拍手で、俺は迎え入れられた。

167 :名無し募集中。。。:03/01/19 19:20 ID:QNAagxjc
保全

168 :名無し募集中。。。:03/01/19 21:42 ID:13QkjY6y
交信乙。
川o・-・)ノ<完璧です!

p.s.6期メソも使ってやってちょ。

169 :七人の名無し:03/01/19 23:15 ID:bMwnUugl
やっぱり紺野だった。よかった。 それにしても今日はいった六期メン最初どーなるかと思ったよ。ぶっちゃけ入ってほしくなかった。(雑談スマソ…。)

170 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/19 23:49 ID:gYy+Y88w
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ははははは・・・
バイトから帰ってビデオ見たら、
「にゃ〜お」の部分でテープが終わってた地蔵です。

ははははははは
なんか娘。に冷めた感がありますね。。。
仮にヲタを辞めてもこの小説は書きますが・・・。

>>168さん
6期の、ろの字も出てこないと思います。。。
っていうか、5期までの中でも全員は出ないかも・・・。

>>七名さん
ははは・・・雑談でもなんでもしましょう・・・
もうあかん・・・あかんねん・・・

は・・・

171 :レクイエム ◆8FREQU/2yA :03/01/20 01:24 ID:4WIqm/r6
近い内にビデオ貸すから・・・
冷静になれよ。地蔵。

172 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/22 19:43 ID:/11N3O9a
さて、小説スレ等で全く話題が出ない糞小説でも書くか。。。

173 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/22 19:44 ID:/11N3O9a

「お疲れ〜乙カレ〜!いきなり乗せられてあれだけの動きが出来きれば大したもんだ!」

うんうんと頷きながら田代が早足で向かって来た、
加護ちゃんチョット後ずさり…

「ほら、これ――――」

といって持っていた缶ジュースを渡そうとしたが、
俺がもう加護ちゃんからもらったのを持っているのに気がつくと、
少し慌てた様子でそれを背中に隠した。

「あー・・・なんだ、戻って来て早速で悪いが、
ちょっと社員達の紹介でもしようか?」

それを見た加護ちゃんが、小さくクスリと笑っていた。

「はぁ…」

本当はすぐにでもつんく♂に
辞める事を伝えたかったが、あいにく姿が見えなかったので
取りあえず了解した。

「よぉし!みんな初日出撃のスーパールーキーに
早く会いたがってたからな!」


174 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/22 19:45 ID:/11N3O9a

だったら出迎えくらいしてほしい。
なんてことを思ったが、もちろんそれは胸の中に…

「田代!」

白衣を着た30才前後の女研究員に呼ばれて、
田代が振り向く

「なんだ中澤?俺はこれから忙しいのだが…」

明らかに嫌悪感丸出しの目で中澤と呼ばれた研究員に返事をした。

「別にあなたには用はないけど、あなたの
脳みそを借りたいのよ…」

こちらも負けないくらい睨み付けている。

「ふむ、俺の頭は下らん事には使えないのだが…?」

「四号機のACのモバイル通信なんだけど?」

田代は思い出したようにポンっと手を叩き

「アシスタントシステムの件か!
うんうん、そりゃお前らにゃ無理だろう!
すぐに向かう!吉澤!加護ちゃん!またあとでね!!!」

と、言い、通常の三倍のスピードで走っていてしまった。


175 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/22 19:56 ID:/11N3O9a

ふっと、中澤さんの目つきが優しくなり
俺の方に向きかえった。

「あなたが5人目の吉澤さんね、私は中澤。
主にあなたが乗ってる四号機の監督をしているの。」

言葉は標準語だが、時々アクセントに関西の訛りが
入っていて、少し聞き取りにくかった。

「はぁ…どうも…」

少しビクビクしながら、ぺこりと頭を下げた。

「だからって訳じゃないし、昨日の今日で出来っこないのは分かってるけど…」

中澤の髪の毛をかき上げる姿を見ていると、
少しだけ額に小じわが見え、年齢を感じさせた。

「もうちょっと、丁寧に扱ってくれる?
戦闘兵器といっても精密機械だし、
四号機は基本的に格闘戦向きじゃなくて、
中距離が主体のデザインなの。
今回履かされた装甲だの、倒れた時に壊れた
部品とかの修理には億単位のお金がいるの、
もうすぐ国が私たちを必要として、経費を出してくれるにしても
それは無限じゃないし、万が一建物の中に人がいたりして、その建物を
破壊しちゃったりでもしたら…・・・・今度から、気を付けてね。」



176 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/22 19:56 ID:/11N3O9a

人の命と聞いて、俺には罪悪感のような物が浮き沈みした。

「はい…。」

「解かればよろし!じゃあ私は戻るから、加護ちゃん!」

「へい!」

「吉澤さんに、これからお世話になる人を
紹介してあげなさい。あと、今日のお礼も。」

「え、私が・・・ですか…?
あんまり私も社員の人とかの名前…知らないんですけど…」

中澤がため息をつく

「じゃあ、覚えてる範囲でいいから…。」

「あ、解かりましたぁ〜!
よっすぃ〜!いこ!!」

「あ、うん。」

二人で中澤さんに頭を下げて、
その場を離れた。

それにしても、広いな…ここ…。


177 :名無し募集中。。。:03/01/24 00:17 ID:NnLwi3O8
地蔵さん交信乙彼。
漏れの脳内では話題沸騰だから心配すんな。

そーいや、前言ってた「絵」の話は如何相成りましたでせう?

178 :名無し募集中。。。:03/01/26 11:21 ID:xOAoZex3
がんがれ

179 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/26 12:33 ID:sgICAP3z
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

こんちわ。
インフルがエンザってるみたいで、
かなり体がだるいです。。。

>>177
絵の件は水面下で始動中ですしばしお待ちを・・・
(待たせるだけの物でもないですが。。。)

>>178
がんがる

二人・・・か・・・
続ける理由としては十分ですね・・・。

180 :某作者:03/01/26 16:39 ID:pOMXgz8Q
>>179
とりあえず、月9の松たか子演じる「谷町瑞穂」を見習おうよ。
「100人の中で、1人でも面白いっていう人がいればいい」ってさ。

181 :七人の名無し:03/01/27 00:45 ID:2xcFx1bZ
ゴメソ…Resしないで。つーわけで(←なにが?)三人目がここにいるぜぇ!!

182 :名無し募集中。。。:03/01/27 01:01 ID:fFhA3BrK
おい、じぞう!
177=178=180=181だったらどーする?アイフル?

絵の件はマターリお待ちしとりやす。

183 :四人目:03/01/28 08:39 ID:5jXYLAqH
心配すんなロムも結構いる!

184 :山崎渉:03/01/28 14:01 ID:Lb9JAYho
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉 

185 :レクイエム ◆8FREQU/2yA :03/01/29 00:54 ID:Tli/bIG+
頑張れ。いつも読んでるから。

186 :名無し募集中。。。:03/01/29 10:48 ID:t+f/pwBw
ハハ‥レスが少ないとテンションも落ちるんだよなぁ
でもガンガレ、俺も読んでるから

187 :名無し募集中。。。:03/01/30 22:38 ID:UpNRG6+5
地蔵さん、風邪ひいとる場合やないですぞ!
分割荒れ防止の為に、是非とも御脱稿を。

188 :作者☆ ◆SAKUgUdd02 :03/01/31 13:16 ID:mjlHi8yp
うちなんて2日レス一個もつかなかったからそれよりは
マシですよ、ははは…。

189 :レクイエム ◆8FREQU/2yA :03/01/31 20:01 ID:rEhwE/Zv
この応援レスの多さはかなり恵まれてると思う。
昔なんてキツかったな・・・。
(狩)にいたってはレス無しで当然だったし・・・。

190 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/01/31 21:23 ID:nHte4JRj
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

みなさん、応援レスありがとうございます。
俄然やる気が出ました!

インフルだしてからもう一週間経つのにまだ体がだるいです。。。
こんなんだっけ・・・?
欲なり次第に頑張りますのでもうしばらくのお待ちをです。。。

191 :なお:03/02/01 02:01 ID:RKdI8jxC
なおもいつも見てるよ(^∀^)地蔵さんがんばれぇ〜(≧∇≦)

192 :aa:03/02/01 09:44 ID:z3+IxqI4
http://plaza8.mbn.or.jp/~mnet_hp/idol01.html

193 :名無し:03/02/01 15:35 ID:Cas21Qd+


194 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/02/03 22:35 ID:HGbtk/4Z
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

よ〜っし!
そろそろがんばるよ〜

195 :名無し募集中。。。 :03/02/04 05:51 ID:NA9ZxO3+
今日見つけたよ。
吉澤好きな漏れにはありがたい、イメージ通りな話っす。
これからも頑張ってクレヨン。

196 :名無し募集中。。。:03/02/06 22:10 ID:RuGCzNqN
地蔵↓
( ◎ )

197 :七人の名無し:03/02/08 22:30 ID:Pc4y27N9
がんがれ。

198 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/02/09 13:51 ID:ps0/aemw
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

頑張る宣言からもう六日も経ってたのか・・・
ちょっと遅れたけどご勘弁を・・・。

>>195
ありがとうございます!
ちなみに私は辻ヲタです。

>>196
( ◎ )←これは・・・オッパイ!?オッパイですね?
      気に入りました。

>>197
行きます!


199 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/02/09 13:53 ID:ps0/aemw

「えぇっと・・・誰から先に行けばいいやら…」

加護ちゃんはしばらくキョロキョロしながら当ても無く歩いていたが
不意に思い当たったらしく、小走りにこの部屋の中でも一番巨大な
スクリーンの方に向かいだした

「あ、いたいた!お〜い!飯田さ〜ん!」

張り上げられた声に気づき、巨大スクリーンの少し右寄りの位置にある
座席群から、一人の女性が振り返った。

あれ…この人…?

「吉澤さんですね?さっきの戦闘は御疲れ様でした。」

近くに行って、声を聞いてやっと思い出した

「あ…さっきの通信の人…」

戦いの最中、田代との通信が途絶えた時に
少しではあるが、お世話になった髪の長い綺麗なお姉さんだ。
飯田さんっていうのか…



200 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/02/09 13:54 ID:ps0/aemw


「こんにちわ。本当は二号機の専属なんですが
あの時は、まぁ・・・オペレーター係の田代さんが一瞬動けなかったので
その間通信に割り込ませていただきました。オペレーターの飯田香織です!」

軽く会釈を交わしながら俺も自己紹介をする。

「あ、えっと、今回新しく入りました、パイロットの吉澤です。
その節はどうもです…。」

「でもねぇ…いくら急だったからって、田代さんもなにか履かせるべきだよね〜?」

ね〜?の部分を加護ちゃんに聞いて、飯田さんは困った顔をした。

「ですよね〜…」

加護ちゃんも困った顔で相づちを返したので、俺もさすがに気になった。

「あの…ところで、田代さんが動けなくなった理由って…?」

飯田さんは困った笑い見せて、

「ん、知らないんだったら知らないままの方がいいかもね…?
でもまぁ一つ言いたいのは、今度から緊急時に備えて、
常時下になんか履いてた方がいいよ!うん」

加護ちゃんも[うん]っと頷いたので
大体なんだか察しが付いた。
そう言えばさっきから、従業員さん達の目線がキツイ…


201 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/02/09 13:56 ID:ps0/aemw

俺が冷や汗をかいてるのを見て、飯田さんは気を利かせて話題を変えてきた、

「オペレーターがマンツーマンで付いてるのは、試作機から二号機までの三機だけなの、
三号機と四号機は、アシスタントシステムの性能がかなり良いから、
オペレーターなんて必要ないの。」

この時、一瞬加護ちゃんの表情が曇ったのだが…
その時の俺は気がついてあげられなかった。

「でも、こまったときはアシスタントを通して香織とも繋がるし、
いざって時は、こっちから連絡するから安心してね!」

「はい!」

まぁ、辞めるんですけどね…
でもなんか、ちょっとここの雰囲気は好きだな…
俺の…ううん、ちっちゃい子なら誰でも持ってるヒーロー願望…
その理想的な姿が、ここに揃ってるんだもんな。

俺の心が少し揺らいでいる時、隣にいた加護ちゃんは
何かを話すための、話しの区切り目を探していたらしく、
それを今、ここに見つけたようで、

「じゃあ、飯田さん!私たち他にもいろんな人のとこ回るんで…」

と、唐突に切り出した。

「あら、そう…それじゃ、二人とも、これからも宜しくネ!
一緒に平和のためにガンバロー!!オーー!」


202 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/02/09 13:57 ID:ps0/aemw

う〜ん…こういうチョット変わった人も、
秘密組織ではお約束なんだろうな…。

来た時と同じように加護ちゃんは手を振っていたが
どうも怒ってるようだった、

「…」

「どうしたの?加護ちゃん、ムスっとして」

加護ちゃんは、何でもないと言うように首を横に振った、
しかしその後小声で

「よっすぃ〜にじゃ…ないから…」

と言っていた。

じゃあ飯田さんに?なんか気の触るような事でも言ってたっけ?

加護ちゃんは俺の次に出る質問から避けるように、

「あ!あの人も紹介してあげる!」

と言って小走りに行ってしまった。



203 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/02/09 13:57 ID:ps0/aemw

急いで俺も後を追っていくと、加護ちゃんは
自販機の前にいる、2mはゆうにあるであろう
ガタイの良い黒人の男性の前にいた。

「よっすぃ〜!この人は歩部さん!
警備員なの、見た目は怖いけど優しいんだよ!ねぇ〜。」

「NE〜!」

確かに愛敬のある笑顔で笑いかけては来ていたが、
やっぱりかなりおっかなかった。

「あなたが新しいパイロットの方デスカ?」

どこかぎこちない日本語で、はるか頭上から声がする

「あ、はい…」

「OH〜!やっぱり!加護サンもワタシも楽しみに待ってたんですYO!」

「お〜…そりゃどうも…」

こんなぎこちない会話をしばらく続けていたが、
またもや急に加護ちゃんが、話しにピリオドを付けて来た。

204 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/02/09 13:58 ID:ps0/aemw

「えっと…よっすぃ〜、これで大体私が紹介できる人は終わったから…・
えぇっとぉ…あ、あと私、昨日から家帰ってないから、いったん帰らなきゃ!
うん、それじゃあ!多分、あとで私のケータイの番号とかも
教えられるはずだから、終わったら電話して…ね。」

「えっ?だってまだ二人…・」

そこまで言ったが、さっきの事もあったし
何か思う事でもあって、一人になりたいのだろう…

「うん!じゃあ後で電話するYO!」

「加護さん、お帰りですか?じゃあワタシも
仕事に戻りマス!出口まで送ってきますヨ。」

「うん、ありがと。よっすぃ〜!それじゃ、またね!」

「おぅ!気を付けて帰りなよ!」

振り返りざまに 「ごめんね…」
と、言い残して加護ちゃんは歩部と一緒に、エレベータの方に
歩いていった。

「さてと…」

こしにてを当てて、どうするかを考えていると、
思いのほか早く、次のイベントがはじまった。

205 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/02/09 13:58 ID:ps0/aemw

「お〜!吉澤いたいた!あれ?加護ちゃんは帰っちゃったのか?」

「ん?あぁ田代…さんか。
加護ちゃんは今、帰りましたよ。
それより、用事は済んだんですか?」

さっきの飯田さんの話しを思い出して、
自分でも分かるくらい軽蔑の眼差しで田代を見た。

「まぁいいか…
そうそう!その[用事]が完成したんだ!
渡すから来てくれ。」

「あ、はい…」

さて、この時の俺は、
心のどこかで [やっぱりここにいたい!]
と、思っていたわけだけど…・。


206 :レクイエム ◆8FREQU/2yA :03/02/09 14:18 ID:QahsTK/E
久々の更新お疲れ様。

207 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/02/09 16:26 ID:ps0/aemw
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

自分的に>>205の文が単調すぎて気に食わない。。。(書いといてだけど)

やり取りが小学生みたいだ・・・
>>205だけはサラっと流し読み程度でOKです。。。

208 :七人の名無し:03/02/10 00:05 ID:BMnwlsfl
更新お疲れさまッス。

209 :名無し募集中。。。 :03/02/10 01:06 ID:fDs3IrkK
歩部さんってボブサップなのかな。
更新お疲れ様です!

210 :名無し募集中。。。:03/02/10 07:34 ID:eHbNubZA
マッスルとハニホーの方がいいなぁ

211 : :03/02/12 16:40 ID:Z8A91O0B
今日読みました。
かなり俺の中で高得点です!
地蔵さん、がんがってくらさい!!

212 :名無し募集中。。。:03/02/13 23:40 ID:I3XlCbcu
本日初読み〜
田代、いいキャラだなあ。
「機動戦艦ナデシコ」のメカニックの人を思い出しますた。
お地蔵さん、(・∀・)ガンガレ!!

213 :名無し募集中。。。:03/02/14 00:25 ID:RwFAD901
じ!ぞ!お!じ!ぞ!お!じ!ぞ!お!じ!ぞ!お!

214 :名無し募集中。。。:03/02/14 15:06 ID:mOh7BGoy
〔 E|O^〜^|〕〔 E|O^〜^|〕〔 E|0^〜^O|ヨ 〕〔|^〜^O|ヨ 〕〔|^〜^O|ヨ 〕
吉   >>2-12 >>16-19 >>22-25 >>31 >>40-42 >>47-53   活
澤   >>58-59 >>64-66 >>78-80 >>91-96 >>101-113    .動
鉄   >>128-131 >>144-149 >>163-166 >>173-176      日
筋   >>199-205                           誌
系                                    ○
〔 E|O^〜^|〕〔 E|O^〜^|〕〔 E|0^〜^O|ヨ 〕〔|^〜^O|ヨ 〕〔|^〜^O|ヨ 〕


215 :名無し募集中。。。:03/02/16 15:25 ID:Kbco6N2M
ほぜm

216 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/02/17 22:35 ID:hgeW7S7a
(; ◎ )<ソ、ソニン占いが消えてる。。。
     別に痛くも痒くもないが・・・

217 :名無し募集中。。。 :03/02/19 22:23 ID:1MwiVbpx


218 : :03/02/19 22:29 ID:YBQ5zXns
( ´D`)<ageんなボケナス

219 :七人の名無し:03/02/22 21:30 ID:oRDzgKYM
がんば。

220 :名無し募集中。。。:03/02/22 22:40 ID:U2wUvPSk
作者工房だろ?
テスト期間なのでは?

ガンバ

221 : :03/02/25 00:14 ID:fBMPGFM3
ほぜ

222 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/02/27 22:38 ID:aW5QQ1dI
保全してる暇があったら書け!っと

223 : :03/03/03 19:58 ID:DNgWvUf8
a

224 :好きなキャラは花丸木:03/03/07 12:57 ID:o1pce9xI
ここって「浦安鉄筋家族」と関係無いの?

225 :名無し募集中。。。:03/03/07 20:44 ID:hr1BcGTg
最初から読んだが、なかなかいいね。面白いよ。
ただ、娘。メンバーの名前間違いが多いから気をつけて。
一応ココに名前を間違える可能性の高いメンバーの正しい名前を列挙しとくね。

飯田圭織 安倍なつみ 矢口真里 保田圭 後藤真希 加護亜依 小川麻琴
新垣里沙 

なんか最近更新しとらんみたいだが、焦らず急がずでいいと思うよ。
あと、>>224さんは脊髄反射レスしちゃダメ!

226 :名無し募集中。。。:03/03/07 20:59 ID:jtV0B+on
>>225
この小説で名前の指摘はタブー

227 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/03/10 23:55 ID:0iUW40xi
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

テスト終わったぁ〜・・・

でもまだ卒業式とかで忙しいんですよね。。。
生徒会だから・・・

取りあえず短いけど更新です。。。

>>224
ありますよ。
そのマンガのパクリです。
(読んだ事無いけど)

>>225
すみません。。。
俺のパソ(win95)
ハイテクだから、どうも変換を先走っちゃうんですよね・・・。

>>226
そうでもありませんよ。


228 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/03/10 23:55 ID:0iUW40xi

連れてこられたのは、広い司令室の一番端にある、
壁にぽっかり穴が空いたような部屋(?)だった。

司令室は、巨大スクリーンを付けたかったためか
天井が体育館くらい高くて、地下なのに開放感があったが、
この部屋は天井が低く、息苦しかった。

「吉澤、ケータイ持ってるか?」

「あ、うん」

スカートのポケットを探り、愛用のケータイを田代に手渡す。

「docomoか…えっと…電話番号とか見るにはどうしたらいいんだ?」

「ここを…こうです。」

「お〜そうかそうか」

田代は即座にそれを、近くのパソコンに入力していった。



229 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/03/10 23:57 ID:0iUW40xi

「ところでぇ〜…何してるんスか?」

と、俺が聞くと田代は
俺の携帯と、ちょっと厚めのゴツイ携帯とを
アダプタで繋ぎなが答えた

「お前新しいケータイ欲しくないか?」

「……・嫌って言う事はできますか?」

田代はニヤリと笑うと、俺にその、二つのケータイを渡してきた。

「どっちを使おうがお前の勝手だ。新しい方は持って歩いてくれるだけでいい。」

「じゃあ…」

俺が喋るのを田代は阻止した。



230 :THE・地蔵 ◆jizouMjYBU :03/03/10 23:59 ID:0iUW40xi

「っしかし!そのケータイ端末は世界一の性能だ!!
俺が作ったんだからなぁ!!
i−modeにJ−sky、ezweb、全ての会社のネットワークに接続可能!
カメラもそこらのカメラ付きケータイなんかとは比べ物にならん!
ムービー撮影は連続2時間!!小うるさいシャッター音なんて無いから
盗撮しほうだいだ!!私も愛用してるぞ!!
さらに極めつけは!あの3号機と同じアシスタントシステムを積んである!
だからネットワーク接続が早い早い!データの保存はすべて
ネット上の専用秘書箱に保存できる!容量はほぼ無限だ!!
写真なら何十億とでも保存できるぞ!!
しかも、使用料はすべて当社持ち!
こんな夢のような携帯、今どきの女子高生なら喉に手を入れてでも
欲しいだろうに!?」

長いから飛ばしただろうけど、田代の言いたい事は良く分かった。

「使えって事だな…?」

「流石吉澤さんだ。」

貰ったからにはフル活用させてもらおうと思い、
電源ボタンを長押しした。

[寺田製鉄]

起動アニメだろうか
その文字が左右に安直に動いていた。

96 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)