5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

人間は物を食べないと死んでしまいます

1 :吉澤ひとみ:02/07/28 22:27 ID:RuStWLxi
だから食べるのです。

2 :辻希美:02/07/28 22:28 ID:AQpqTB3C
∋oノハヽo∈
 ( ´D`)<いったらっきまぁ〜っす!


3 : :02/07/28 22:28 ID:orZb2EJt
それにしても食べすぎだよ よっちぃ

4 : :02/07/28 22:28 ID:wo5ErZ3+
      `=、;;;;;,,,,,,,:::,,,,,;;;;;,,,,`""''';;;;,, 、__
       ,.-'゙''''',='";;;;;;;;",-,,;;;;;;゙;;;;;;;;;l;;;;`,、
     /   `ー-...,;;;;;;;;;;;;,-‐/;;;;;;';;;;;;;;;;;;
    ./             `''''''""i;;;;;;;;ヽ
    l  ●              |;;;;
    |    ヽ、_  ●       ノ;;;;   
    ヽ、          (⌒) _,/;;;'゛
      `ヽ、_        `´,.,;‐';;;;゛゛
        "'''=ー;‐---‐‐'';';"-''"゛
こんこん柏餅

¥250(税込み)

5 :名無し:02/07/28 22:29 ID:ooLTlIaZ
男は女を食べないと死んでしまいます

6 :名無し募集中。。。:02/07/28 22:31 ID:YA4OPdIG
>>5
そうでもない。

7 : :02/07/28 22:35 ID:4spjZ9Dv
>>6
でも食欲と性欲は本能だから我慢は出来ない。

8 :梨華たんまちゅり ◆TA.WKR8s :02/07/28 22:35 ID:BDEJjM4r
     新スレ!! \                       /| 誤爆 \150 .|
    おめでとう!! \    〜oノハヽo〜 / ̄ ̄ ̄ ̄ / |______|
   ございまーす♪! \     ( ^▽^) < 新スレお/_
 -=〜oノハヽo〜  -= \  = ⊂   )   \__//(M)ヽ
-=≡ (^▽^∩) -=≡ ( \= (__/"(__) トテテテ... / /ノノハヽ < 新スレおめでと
+ -=( つ┯ノ    -=(  \         /   ( ^▽^ )      __
-=≡ ヽ  /ノ   -=≡ (  / ノ\∧∧∧∧/     /::::::∞::::ヽ  _|____|
=≡  (_)/    -=≡_ し( /) < 祭かそ >     |~|;;;;;;;;;;;;|~|  | ■■ |
-= (◎) ̄))    -= (◎) ̄)) .< りおろ > ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└──┘\
──────────────< のりそ >──────────────
        ___         < 予んろ ..>    〜oノハヽo〜
       ミ ◎ ◎ \       < 感    >      ( ^▽^)
     <(   ___/      /∨∨∨∨\ _____(つ_ と)___
     <(  ノ∨∨∨ / ̄ /*** TIME\\        ___\
    <( \( ^▽^)<新ス/| | | | | | | | | | | | | |\\______|i\___ヽ. /
   <(   ∋ ̄ ̄∩ \ / 新スレ誕生 おめで \ ※ ※|i i|.====B|i.ヽ  新ス
⌒⌒⌒⌒(      )  /|..|..| | |┌─────┐ ......\ ─-.|\.|___|__◎|_i‐>\
___(__)∃_)∃ / | |読| | |│〜ノハヽ〜...│ . ─ \ ̄|. | ̄ ̄ ̄ ̄|
             /| | | |者| | |│ ( ^▽^)..  |   | | | | |\\|.かおりん.|〜


9 :かおりん祭り ◆KAORinK6 :02/07/28 22:38 ID:3daWHaLs
  ノノノハヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (()~´ー`~()< 新スレおめでとうございま〜す♪
= ⊂   )   \_______
= (__/"(__) トテテテ...



10 :名無し募集中。。。:02/07/28 22:40 ID:U9tbKNlC
よっすぃーらしい発言ですね
実にシンプルです

11 :名無し募集中。。。:02/07/28 22:58 ID:ezv5N8LE
>>2
@ノハ@
( ‘д‘)<ウチもタコ焼き食べた〜い!!

12 :名無し募集中。。。:02/07/28 23:01 ID:DgY5smhl
いたいがないたいがな

13 :名無し募集中。。。 :02/07/28 23:21 ID:Xcul/kCf
@ノハ@ ○
( ‘д‘) ノ <たこちゅうやっちゅーねん。

14 : :02/07/29 00:03 ID:jS6RV/gn
 

15 :中澤裕子:02/07/29 08:06 ID:8jA5miou
でも、食べ過ぎなんとちゃうの?

16 :名無し:02/07/29 08:10 ID:UWS4NY7I
悲しい生き物ですね

17 :名無し募集中。。。:02/07/29 20:16 ID:uUQoxN/H
>>1
めしを食べなければ死ぬ、という言葉は、
自分の耳には、ただイヤなおどかしとしか聞えませんでした。
(いまでも自分には、何だか迷信のように思われてならないのですが)

18 :(‘ ε ’):02/07/29 20:21 ID:Y99UoxC9
自分の贅肉を食うべし

19 :名無し娘。募集中。。。 :02/07/29 20:22 ID:frsNCTxW
>>17
太宰治必死だな(w

20 :名無し募集中。。。:02/07/29 20:23 ID:N36wSG9h
人間は食べ過ぎると太ってしまいます

21 :yyyyyyyyyy:02/07/29 20:24 ID:1JmiEZ5Y
食べすぎとちゃいますか


22 :ひとみ:02/07/29 21:11 ID:o+Hb78d+
誰が食べ過ぎなの?
教えて!

23 :名無し募集中。。。 :02/07/29 22:31 ID:3YqLWX1Q
誰か吉澤に食べ過ぎだって
教えれよ

24 :名無し募集中。。。 :02/07/29 22:33 ID:mIyMWeKk
育ち盛りなんだよ!

25 :ひとみ(悪魔):02/07/29 22:40 ID:6HozCGmm
食べちゃいなYO!
前だってすぐ元に戻ったから大丈夫だYO!
それにここまで来たら1kgや2kg変わらないYO!

26 :ひとみ(天使):02/07/29 22:41 ID:6HozCGmm
食べちゃダメだYO!
鏡を見てみなYO!
その後に1年前の自分の写真と見比べてみなYO!
天才的美少女と呼ばれたあの頃に帰ろうYO!


27 :名無し募集中。。。:02/07/29 22:51 ID:N9FLI4Ab
@ノハ@
( ‘д‘)<ウチら4期は育ち盛りなんやでぇ!!食べなオッパイ大きくならんでぇ〜!!

28 :名無し募集中。。。 :02/07/29 22:59 ID:aE2PScu6
石川も太るんだな

29 :名無し募集中。。。 :02/07/30 21:32 ID:LM8IrmD6
>>27
>食べなオッパイ大きくならんでぇ〜!!

そりゃ一大事だ。
食え食え、もっと食え。

30 :桃尻ぷりん:02/07/30 21:44 ID:7E/h1QaX
>>28
ののたんは別の部分が大きくなっているようだが……

31 :名無し募集中。。。 :02/07/30 21:47 ID:h17d34x8
>30
部分というよりは全体…

32 :M・P・D:02/08/02 23:48 ID:PO3ZlXPh
このスレ死んでるか?

いらなかったら此処もらうよ。
いるって奴がいたらレス付けておいて。
8/3 10時までに返事求む。

33 :M・P・D:02/08/03 22:17 ID:GtBYy8Zn
↑で宣言した通り、ここ貰っちゃいます。

どうしようかな?また最初から載せていった方がいいのかな?
ま、明日考えます。

34 :頑張れ:02/08/04 00:59 ID:L1UlAuqD
もらっちゃえもらっちゃえ!

35 :名乗れません:02/08/04 18:17 ID:Btp2nvAO
期待sage

36 :M・P・D:02/08/05 23:20 ID:iCDRiuQx
『森 裕太の話をしよう』

彼の名前を記憶している人がいったい何人いるのだろう。
たぶん異常な犯罪マニア達の記憶の片隅と、被害者と加害者の肉親ぐらいか。
普通に生活している人々は彼の名前すら知らないだろう。
なぜなら、彼の名前は事件当初『少年A』だったのだから。

彼は今から約3年前、16歳の誕生日前日に逮捕された。
容疑は殺人。
殺害した数6名。
しかも彼は殺した死体を食べていた。
日本犯罪の中でも凶悪で異常な殺人犯に分類される人物である。

この事件が明るみに出た当初、すべてのメディアが取り上げたものだった。
だがすでにこの事件は早々と風化してしまった。
今一番の話題は芸能人の麻薬逮捕について。週代わりで話題は変わっていく。
新鮮じゃなくなったら捨てる。ニュースでさえそんな時代になった。
いつまでも変態を紙面に取り上げるなんて馬鹿はいない。


37 :M・P・D:02/08/05 23:22 ID:iCDRiuQx
では、なぜ私がこの少年を語るのか?
それは森裕太本人からの要請である。
彼が私に書いてくれと頼み、私がそれを承諾したからである。

なぜ彼が私を知っていたのか?
彼は私のホームページを見に来ていた常連だったらしい。
私はネット小説を書き、ホームページで発表していた。
彼はその私の作品がお気に入りだったらしく、逮捕後面会に来てほしいと
母親に頼んでいたらしい。
そして母親は私にメールをいれて、私に接触してきた。
当時の私は暇を持て余しており、その要請を受け入れ彼に会ったのである。

彼は私に自分のことを小説にまとめ、どこかで発表してほしいと依頼してきた。
ギャラはなし。メリットも何もない依頼である。
でも私はひきうけた。なぜなら彼に興味があったから。
彼は私に日記をよこし(警察に見つからないように隠してあった)、
それを元に書いてほしいという。


38 :M・P・D:02/08/05 23:23 ID:iCDRiuQx

こうして私はこの小説を書き始めた。
この物語のすべては彼の日記、彼の両親の記憶
そして被害者の肉親と親友
そして学校の生徒と教師の証言をもとに書かれる。
私の考えは一切挟むことはない。私はただ森裕太について語るのみ。
私は彼に選ばれたストーリーテラーである。

39 :M・P・D:02/08/05 23:24 ID:iCDRiuQx
『森 裕太とはどんな人物だったのか』

では、彼がどんな人物かを書いていこう。
身長:167cm
体重:51kg
視力:1.0
外見は普通の高校生そのもの。まさに特徴のない人物だ。
女性に好かれることもなく、嫌われもしない顔。
しいていえばおばさんには好かれたようだ。

スポーツもずば抜けて上手くもないし、
学力もまさに平均点という平凡な高校生である。
全てにおいて平均値に居る人物。
それが『森裕太』である。


40 :M・P・D:02/08/05 23:24 ID:iCDRiuQx

それはクラスメイトの証言からも明らかだった。
彼の隣の席になったことのある保田圭の証言を見てみよう。

「森君ですか?うーん、まぁおとなしいほうだったかな。
べつに無口なわけでもないし、バカみたいに騒ぎもしないし。
話も男子としてたし、ずっと一人で何かやってたって印象は無いです。
ただ本を良く読んでたぐらいかな・・・。
ごめんなさい。正直あんまり印象が無いんですよ」

そう、私が彼について調査を始めて一番多かった意見は
「あんまり印象が無い」という言葉である。
たぶん大人になって同窓会を開いても、欠席していても別に構わない。
あー来てないんだ、で済んでしまうような人物である。

41 :M・P・D:02/08/05 23:25 ID:iCDRiuQx

おおよそ犯罪者らしくない人物である。
神戸のかの有名な殺人者である彼は自らを『透明な存在』と語っていたが、
実際の彼はかなりオタクっぽい人物であった。
存在感はなかったのかもしれないが、決して透明ではなかった。
実際神戸の彼は、多少なりともアブなさを醸し出していた。
そして人を見下す傾向があったのも十分な特徴として見ることが出来る。
だが森裕太は違う。
彼は一切そうゆうものがなかった。
彼こそが『透明な存在』と呼ばれるのにふさわしい人物だ。

42 :M・P・D:02/08/05 23:26 ID:iCDRiuQx
彼は自らをこう表現していた。
下記の文章は彼の日記から抜粋したものである。

「僕はこの世に生まれたときからすでに、歯車として動くことを決められている。
だか不満はない。世の中は圧倒的多数の歯車で動いている。
特別目立つ必要も感じないし、自分の殻に閉じこもるつもりもない。
これからの長い人生に失望する事もなく、ただただ生きていくのが僕の使命だ。
余分な考えは持たないで、学校生活を過ごすんだ。
高望みするな。勘違いするな。僕は決して選ばれし人間じゃない」

私は面会で彼に会ったときにこの文章の真意を聞き出そうと質問をした。
この文章を読むとある種の悲壮感が漂っているが、
本人曰く意味は全くないと私に語った。

「別にこの文章は僕の感情を書いたものじゃないんです。
僕が小説やエッセイを良く読んでいた時に、自分も特別と勘違いしそうになったんです。
でも実際はそんなこと出来るわけがない。僕は普通の高校生だったんだから。
そんなふうに勘違いを起こさない為に、この文章を書いたんです。
日記の中ならどんなに偉そうに書いても誰にもわかんないでしょ。
だからワザと格好いい言葉使って書いたんだ(笑)」


43 :M・P・D:02/08/05 23:27 ID:iCDRiuQx
このように彼は理想も思想もなく、ただの高校生であることを望んでいた。
そんな人物がなぜ殺人を犯すことになったのか。
それにはもっと過去にさかのぼる必要がある。


44 :M・P・D:02/08/05 23:27 ID:iCDRiuQx
『インプリンティング』

多くの殺人鬼達は幼少の頃に受けた心のキズや、すり込みによって
罪を犯すケースが非常に多い。
さらに、食人の罪を犯した犯罪者達は非常にそのケースが特筆である。
アルバート・フィッシュ
ジェフリー・ダーマー
佐川一政
彼らは、幼少の頃の記憶と幻想が実際の犯罪に向かわせたと診断されている。

45 :M・P・D:02/08/05 23:28 ID:iCDRiuQx

アルバート・フィッシュは5歳の時に父親が死んで、孤児院に入れられ、
陰惨な少年時代を送っている。
フィッシュは2年間の孤児院生活中に、裸にされて背中を鞭で叩かれるという
折檻を繰り返し受け、同時にマスターベーションなどの性的遊技を覚えた。
フィッシュはこの折檻を受ける際に、必ず勃起を伴ったという。
つまりフィッシュは7歳の時すでに、サディズム・マゾヒズムやセックスの快感、
痛み、禁断の喜びに目覚めていった。

46 :M・P・D:02/08/05 23:28 ID:iCDRiuQx

ジェフリー・ダーマーは少年時代に、鳥や動物の死体に異常な興味を示したという。
孤独な少年は蝶や蛾、トンボやカマキリなどの昆虫採集をしていたが、
次第に大きな生物を求めるようになっていった。
犬や鳥、ネズミの肉をはがすとき、おそらく医者になったつもりでいたのだろう。
もしかしたら、動物を解体して骸骨にすることが攻撃欲のはけ口とし、
同時に自己主張への欲求も満たしていたかもしれない。

47 :M・P・D:02/08/05 23:29 ID:iCDRiuQx

佐川一政は彼は生まれつき病弱な子供であったが、小学生時代は非常に賢く、
精神的にも肉体的にも活発な少年だった。
このころに正月に彼の弟と叔父と一緒に遊んだゲームが、彼の食人願望を芽生えさせる。
そのゲームは叔父が人食い巨人を演じ、子供達を捕まえて鍋で煮るまねをするものだった。
病弱だった佐川は、この遊びによって病的なマゾヒズム的興奮を感じていたのだろう。

中学生になると読書好きでクラシック音楽を聴くようになり、内向的で孤独、
さらには問題を起こしがちな青年に転じてゆく。
このころから「ロマン主義」的作品に傾倒し始め、浸り続けることによって、
「罪」を好ましいもの、痛みを伴うほどに魅力的なものと見るようになっていた。
このことが、のちに人肉を食べることへの執着につながり、
それを一種の究極の充足と考えるようになる上で影響をおよぼした。


48 :M・P・D:02/08/05 23:30 ID:iCDRiuQx
このように殺人達は、幼少の頃の影響が非常に大きいことが分かるだろう。
では森裕太はどのような子供だったのだろうか。

彼は幼稚園に入学するのに受験をしたことがある。結果は失敗だった。
この時に、彼は非常に精神的苦痛を受けていたと語ってくれた。

「幼稚園にはいるときにね、母親はいいところに入れたかったんじゃないかな。
親父とも離婚寸前だったし、自分も高卒っていうコンプレックスもあったんじゃない?
だから子供には良い学校に行ってもらって、自慢の息子にしたかったんだと思う。
でも普通の人間しかいない家庭じゃ無理でしょ。
当時はものすごく母親が怖かったって記憶しか無いなぁ。
失敗すれば怒られるって、いつもビクビクしてたもん」

この時から彼は、空想の中で遊ぶことを覚えていったという。
そんな中で彼は一つの作品に心を奪われていった。


49 :M・P・D:02/08/05 23:37 ID:iCDRiuQx
しきり直しの為、一応今までの文章を載っけてみました。

前スレで読んでくれていた人達、ありがとうございます。

前スレでも書いていたように、ここでは誰のドコの肉を食べたいか?を
募集してます。(保田以外でね)



50 :名無し募集中。。。:02/08/06 14:18 ID:gOKdzJ+I
保全じゃけん

51 :名無し募集中。。。:02/08/07 22:56 ID:hEQLkHa6


52 :名無し募集中。。。:02/08/08 21:04 ID:Mj8bnzfi
加護の脚キボン

保全

53 :名無し募集中。。。:02/08/11 02:22 ID:WhndyzOy
保全

54 :M・P・D:02/08/13 22:14 ID:zHorAdlQ
>>51-53
保全してもらってスイマセン。
ちょっと仕事がつまってまして、まったく話を書けません。
今日ようやく寝れる・・・ホント三日徹夜してました。
この時期は、稼ぎ時なんで忙しいんですわ。

更新予定は20日以降になってしまいますが、
よかったら保全お願いします。


55 :名無し募集中。。。:02/08/15 00:12 ID:m0vAvn5r
待ってるよ保全。

56 :名無し募集中。。。:02/08/15 14:49 ID:bsQgi3sv
頑張れよ保全

57 :名乗れません:02/08/16 22:21 ID:VXUkh4U+
無理するなよ保全。

58 :名無し募集中。。。:02/08/17 15:16 ID:nKr5aAGW
今日24時間だな保全

59 :名無し募集中。。。:02/08/18 14:55 ID:1mri0flV
みんな24時間どうよ?保全

60 :名無し募集中。。。:02/08/21 12:41 ID:/yaAvgGR
飯田ががんばってた保全

61 :名無し募集中。。。:02/08/22 14:40 ID:xJTovSuS
後藤の新曲は売れそうですか?保全

62 :名無し募集中。。。:02/08/24 19:42 ID:ALaKfj5E
微妙っぽいね保全

63 :名無し募集中。。。:02/08/25 11:31 ID:EN3npuJK
ハロモニ。始まり保全

64 :M・P・D:02/08/27 00:00 ID:8tTyxBoW
『おとぎ話と現実と』
子供というのは、分かっていて驚かされるのが好きである。
彼も例外ではなく、いつもその話を聞くのを楽しみにしていた。
その話とは『赤ずきんちゃん』である。
あなたも覚えているだろうか?そう、非常に有名なあのおとぎ話である。

彼は幼稚園の頃、その話がお気に入りだった。
特に赤ずきんにオオカミが襲いかかる所が、非常に好きだったと私に語った。
「幼稚園の石黒先生が、すごく話し上手な人でさ。
いつも先生に絵本を読んでもらうのを楽しみにしていたなぁ。
あの『それはお前を食べる為だよ!』ってとこがさ、毎回楽しみで。
さぁくるぞ、くるぞ、きたぁ、みたいな。また先生が上手いこと話すんだ(笑)」

私は、幼稚園の時の石黒彩先生とコンタクトをとった。
彼女は最初は拒否していたが、私の取材が興味本位でないことを理解してくれた。
ここで彼女について書くことは野暮なので控えるが、私は非常に好感を覚えた。
彼女に森裕太の話を聞くと、やはり顔を曇らせたが、
しっかりとした口調で話してくれた。


65 :M・P・D:02/08/27 00:02 ID:8tTyxBoW
「裕太君は非常に本の好きな子供でしたね。
よく私に絵本を持ってきては読んでくれってせがんできました」
−彼は先生に本を読んでもらうのを、楽しんでいたようです。
−先生は話し方が上手で、非常に気に入っていたと嬉しそうに話していました。
「それは嬉しいな。今でもそうやって覚えていてくれたんだ」
−えぇ、彼は非常に楽しそうに話してくれましたよ。

彼女はそれを聞いて目を細め、ほんの少し微笑んだ。

−彼はどんな子でしたか?
「うーん・・・泣き虫だったな。よく女の子に泣かされてたわ。
あとは、大人しい子だったわね。人見知りが激しかったかもしれない」

66 :M・P・D:02/08/27 00:03 ID:8tTyxBoW
−彼のことで、記憶に残る悪戯などはありましたか?
「いいえ。ホントに大人しい子で、ちょっと子供っぽくなかったかも」
−というと?
「うん・・・裕太君はその頃から虐待を受けていたんです。
だから自分の殻に閉じこもっていたのかもしれない」

−幼児虐待をどうして気づいたのですか?
「裕太君が身体測定で上着を脱ぐのを拒否し続けたんです。
私は彼が脱がないのは恥ずかしがっているのだと思っていました。
そして無理矢理脱がしてみたら、体中痣だらけだったんです」

−それで?
「彼は『自分でぶつけて出来た怪我』だと言っていました。
でも、どう見ても大人の叩いたものでしたから、母親に注意しようとしたんですが、
それを彼は恐怖に思ったんでしょうね。
他の人にばれたら自分のせいだ、だから余計に叩かれる。
そうなるのが怖かったんでしょう」


67 :M・P・D:02/08/27 00:04 ID:8tTyxBoW
−幼稚園側の対応は?
「現在のようにドメスティックバイオレンスに対応出来なかったのは事実です。
警察にも言えなかったし、家族にも問いただせなかったというのはありました。
こちらが言っても、家の勝手だと言われてしまえば、何も言えなかったんです」

−他に裕太君について覚えていることは?
「・・・・実は彼は一度だけ事件を起こしています」
そう話し石黒先生はさらに表情を曇らせた。
「今になってみれば彼が起こした事件の発端だったのかもしれません。
裕太君が・・・人を食べたいと思っていたことを、
一番最初に実行した事件だったんでしょう」

−その事件とは?
「裕太君が同級生の女の子に噛みついて、肉を食いちぎったんです」

68 :M・P・D:02/08/27 00:14 ID:8tTyxBoW
ここまで。

非常に遅くなりましたが更新です。
保全していただいた方々ありがとうございます。
こんなへっぽこ小説を保全してもらって、なんか申し訳ない。

書いてる奴の趣味丸出しなんで、面白いのかどうかわかりませんが、
(娘。も出てくるの少ねぇし)だらだら続けていきます。

69 :M・P・D:02/08/27 00:20 ID:8tTyxBoW
あと感想、批判、罵倒、アドバイス等はいくらでも書いて貰って結構です。

荒らし行為以外は何でもOKなんで、
できれば読んだ人はなんか残していってほしいな。(sageでね)

70 :名乗れません:02/08/27 10:20 ID:OkerOZ8j
更新お疲れさまです。

この、外堀を埋めて話の核心に徐々に近づいていく
書き方が、実にそそらせてくれます。

71 :代打名無し:02/08/27 23:14 ID:wpXYEA7X
やせろよっすぃー

72 : :02/08/27 23:17 ID:+hKAmfE6
そうだよよっすぃー

73 ::02/08/28 00:14 ID:91a/4BEN
さげろよよっすいー

74 :名無し募集中。。。:02/08/28 18:55 ID:auHllMY2
更新キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!

やっぱおもろいね
毎度いいところで止めるし続きが気になっていい
楽しみにしてます
保全

75 :名無し募集中。。。:02/08/29 13:21 ID:pufxLfo9
(;´∀`)ココラデイップク保全

76 :名無し募集中。。。:02/08/30 01:17 ID:bFmtiOP3
(;´∀`)ココラデイップク保全

77 :M・P・D:02/08/30 23:37 ID:7PtJWAlB
>>75-76
はやってんの?それ・・・。
保全はありがたいのだが、ageないでくれよぉ。

次回更新は9/1を予定してます。(できなかったらスマン)

78 :名無し募集中。。。:02/08/31 04:28 ID:ssHFz1/6
>>77 スマソ
9/1か・・・楽しみにしてます
あんまり無理すんなよ
(;´∀`)ココラデイップク保全

79 :名無し募集中。。。:02/09/02 22:16 ID:f3W0udFe
保全

80 :名無し募集中。。。:02/09/03 02:33 ID:LFDbAlOR




81 :名無し募集中。。。:02/09/03 23:26 ID:LFDbAlOR
保全

82 :名無し募集中。。。:02/09/04 16:22 ID:NVxECEO1
保全

83 :名無し募集中。。。:02/09/04 22:24 ID:or5p3IKv


84 :M・P・D:02/09/04 23:42 ID:1vtw5qAt
『何故人を殺しちゃいけないの?』

−裕太君は何故そんなことをしたんでしょう?
「裕太君はいじめられていたんです。たぶん復讐だったんじゃないかしら」
−なぜそれが彼の事件と結びつくんですか?
「・・・その時の顔が私には忘れられなかったんです」
−顔、ですか。
「えぇ、非常に無機質な笑みを浮かべていたんです」

この話を聞いていくうちに『子供だけが持つ純粋な殺意』を思い出した。
子供は純粋であるが故に残酷である。
子供の頃に持つ殺意は、大人になった者には持ち得ないものだ。
大人は人を殺すときに、常識や痛み、そして苦悩を持ってしまうからだ。
しかし子供はそれを持たない。動物的本能に最も近い純粋な殺意である。
しかしその殺意は実行されることは無い。力や知識が圧倒的に足りないからだ。
そして力や知識が付いてくる頃には、常識や人の痛みを知ってしまう。
こうして人は殺意をなくしていくのだ。


85 :M・P・D:02/09/04 23:44 ID:1vtw5qAt
話を戻そう。
彼はどのようにしてこの事件を起こしたのか。
それを数人の証言と当時の記録からおこしていこう。

この事件は6月17日午前10時30分ごろに起きた。
加害者:森裕太
被害者:福田明日香
共に幼稚園の年長組である。

この事件が起こる以前から明日香は、裕太が気に入らなかったようだ。
明日香は裕太が暗いところが嫌いだった。
裕太を虐めると、それを裕太は先生に言う。
それがまた気に入らなくて虐める。イジメの悪循環が出来てしまっていた。
時には口で、時には手を出し、裕太を虐めていた。

事件前日、裕太は母親に虐待を受けていた。
全身痣だらけの裕太は非常に痛々しく、先生達はあぁまた殴られたのだなと思い、
裕太を特別視していたらしい。
明日香はその様子を見て、先生をとられたと思い、いつもよりも激しく虐めた。
裕太は体を触られるのでさえ苦痛だったが、明日香は背中を思い切り叩く。
ようするに「もみじ」の要領だ。
裕太が泣くと先生が来るので逃げ、先生がいなくなると叩くのを繰り返した。
そのうち明日香が裕太の髪の毛を掴み、何かを囁いたらしい。
その瞬間、裕太は泣くのを止め明日香の左手首に噛みついたのだ。
この時に裕太が何を言われたのかは分からない。真実ははっきりしていないのだ。

86 :M・P・D:02/09/04 23:44 ID:1vtw5qAt
噛まれた明日香はパニック状態になり、泣き叫びながら裕太を引き離そうとした。
しかし裕太は、殴られても蹴られてもまったく放そうとしなかった。
この乱闘は約2分ほど続いていたという。
乱闘が終わったのは明日香が転び、肉を食いちぎられて放れたからだった。

その騒ぎを聞きつけた石黒先生が来たのはその後だ。
裕太はその時、口から一筋の血を流しながら笑みを浮かべていたという。
明日香は半狂乱状態で泣き叫んでいた。

先生はすぐに明日香を保健室へ連れて行く。
裕太はその後をついてきていたらしく、保健室に一緒にきた。

明日香はパニック状態だったために、なかなか泣きやまなかった。
傷口は約1cmほどの幅で、肉が浅くえぐれた程度だったという。
裕太はその頃、先生に怒られていつもの泣き虫裕太に戻っていた。


87 :M・P・D:02/09/04 23:45 ID:1vtw5qAt

これがこの事件のわかり得る限りの全貌である。
残念なことに福田明日香とは連絡が取れなかったので真相は分かっていない。



88 :M・P・D:02/09/04 23:45 ID:1vtw5qAt
私はこの話を聞いたときに書かないでいようと思っていた。
森裕太が犯行を犯した原点であるとは思えなかったからだ。
森裕太本人はこの乱闘騒ぎを全く覚えていなかったし、
人を食べたいと思ったのはもっと後だったのだ。

しかし今回このエピソードを載せたのは、
彼の中に『子供だけが持つ純粋な殺意』が残っているのではないかと思ったからだ。
彼は殺害事件でもこの乱闘騒ぎでも全く躊躇せずに行っている。

このエピソードは純粋な殺意が表に出た事件であった。
しかし彼が起こした殺人事件も、非常に近いものだったと取材を通して分かった。

これは森裕太が犯した殺人事件についての裁判記録からの抜粋である。


89 :M・P・D:02/09/04 23:46 ID:1vtw5qAt
裁判長「君はなぜ殺人を行おうと思ったんですか」
森裕太「人の肉が食べたかったからです」
裁判官「人の肉をですか」
森裕太「はい」
裁判官「なぜ人の肉だったんです?牛や豚ではだめなのですか」
森裕太「はい、僕はほかの肉は食べられなかったんです」
裁判官「なぜそんなに人の肉が食べたかったんですか」
森裕太「わかりません。ただ食べたかったんです」

裁判官「君は人を殺すときに何を考えていましたか」
森裕太「何も考えていません」
裁判官「犯罪を犯すことに恐怖はなかったんですか」
森裕太「全くありませんでした」
裁判官「何故?」
森裕太「僕にとって殺すことは自然だったからです」
裁判官「自然?人を殺して食べることがですか」
森裕太「はい。僕には寝るのと同じことだと思っています」


90 :M・P・D:02/09/04 23:47 ID:1vtw5qAt
抜粋した文章で彼は、自分の犯行は自然なことと語っている。
つまり『子供だけが持つ純粋な殺意』と変わらないものを持っていたのだ。
彼にとっての殺人は、人肉を食べるためのプロセスに過ぎなかった。
何故そこまで人肉を食べることにこだわったのか。
それは彼自身の言葉で語られる。


91 :M・P・D:02/09/04 23:58 ID:1vtw5qAt
スイマセン遅れましたが更新です。

本当は9/1にupしようとしたのですが、
何故か一太郎ファイルがぶっ壊れてしまったので全てパーです(泣)
元々この小説はストックを作って無かったんですが、up分が消えて
へこみまくったので更新できなかったっす。

内容も多少変わってしまいましたねぇ。
さてこれからどうなっていくんでしょうか?
まだなーんも考えていないので、どうしようか迷ってます。

92 :名無し募集中。。。:02/09/05 00:25 ID:5DWhZFE6
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!

本能のまま書け。そっちの方がおもろくなるかも
頑張ってくれや

93 :名無し募集中。。。:02/09/05 06:05 ID:Jl8V7akp
>>91
ただ文章を書くだけならエディタ使った方が遥かにいいですよ。
フリーでもTeraPadとかK2Editorとかいろいろありますから。
後漏れは使った事無いけどStory Editorとか。
とにかくがんがってくらさい。

94 :名無し募集中。。。:02/09/05 22:42 ID:5DWhZFE6
ほ ぜ
 ん

95 :名無し募集中。。。:02/09/06 21:10 ID:/us9qijk
とりあえず加護の脚が食われれば・・・・保全

96 :名乗れません:02/09/08 02:07 ID:fWiNdLqf
保全。

97 :名無し募集中。。。:02/09/09 18:24 ID:SKpIcEW5
ほぜ〜〜ん

98 :プリンス羊:02/09/10 01:53 ID:VNj1gT8Y
小説みっけ。

99 :名無し募集中。。。:02/09/11 02:32 ID:/OeNRIOB
99保全

100 :名無し募集中。。。:02/09/11 02:32 ID:/OeNRIOB
わんはんどれっどほぜん

101 :名無し募集中。。。 :02/09/12 16:13 ID:b/wqdlBX
なんか、ひきつけられるなぁ・・・
怖い結末がまっていそうナリ・・・

102 :M・P・D:02/09/14 00:27 ID:WyHzcP6/
>>98
みっかっちゃった(明石家さんま風に)
っとボケてる場合じゃないっすね。
なんか話が上手くつむげねぇんすよ。なんで時間掛かってます。
ホントみなさんにご迷惑かけてます。ゴメンね、来週中には上げますから。

>>93
Story Editor落として使い始めました。
いやー一太郎に慣れまくってたんで、こんなのあったんだーとちょっと感動。
有効利用させてもらいます。感謝。

>>101
怖い結末っすか・・・どうなんでしょう?
一応捕まるのは決まってるわけですからねぇ。
ま、自首か逮捕なのかはお楽しみに・・・・。

今一人目の犠牲者の殺し方を悶々と考えてます。
映像は頭の中で描けてるんですが、文章で表現できるのか挑戦中です。
なるべく血の臭いや、映像が伝わるようにしたいなぁ。

103 :名無し募集中。。。:02/09/14 17:09 ID:j7hjrr2T
今日予備校たりいな保全

104 :名無し募集中。。。:02/09/15 10:37 ID:hiwZSqqQ
今日でもう9月の半分保全

105 :名無し:02/09/15 21:02 ID:Z82lefGU
ほぜん

106 :紺野あさ美:02/09/15 21:07 ID:1D3yejXY
川o・-・)<吉澤さんて案外少食なんですね!

107 :名無し募集中。。。:02/09/16 19:42 ID:qOebtejQ
3連休ももう終わりか・・・・
( ・∀・)つ(:゚::) ミカンでもどうぞ π ο θ Ω くコ:彡 C:。ミ
保全

108 :名無し募集中。。。:02/09/17 21:44 ID:VzlqLdBB
一日一回保全

109 :名無し募集中。。。:02/09/21 23:53 ID:welpUYcs
高校最後の文化祭でした保全

110 :名無し募集中。。。:02/09/23 22:51 ID:xVn4F8o9
17歳おめ&卒業おめ保全

111 :名無し募集中。。。 :02/09/25 23:14 ID:ITBoaJBr
あげ保全

112 :名無し募集中。。。:02/09/28 00:08 ID:FsB00yN+
保全

113 :名乗れません:02/10/01 01:59 ID:j9+diu+m
保全。

114 :名無し募集中。。。:02/10/02 22:45 ID:iFKsUUV/
まさか放置じゃあるまいな・・・・
保全

115 :M・P・D:02/10/04 01:20 ID:klFt0H66
↑スマン。放置じゃないんだわ。
ちょっと仕事がキツかったんで、書いてるヒマがなかったんだ。
ホント悪い。長い目で見てやってください。

今から書き始めます。たぶん明日(いや今日か)にupしますね。
もうちょっと待ってね。

116 :M・P・D:02/10/04 23:24 ID:klFt0H66
私は森裕太の住んでいた家を訪れた。
この家は彼の母親の実家を改築して作られた家である。
その白い家は現在は人の気配すらなく、虚しさだけがそこに漂っているようだ。
逮捕直後は家の壁に無数の落書きが書かれていたが、今は消されている。


家の裏庭は手入れをされずに雑草が生い茂っていた。
その奥に彼が約8年過ごした離れ部屋がある。
元々は父親が仕事部屋として立てられたものだったが、裕太はその部屋を宛われた。
私はその部屋の中に入ろうと思っていたが、その願いは叶わなかった。
部屋は誰かが石でも投げ入れたのだろうか、窓が割られて中が覗けるようになっていた。
中を覗くと雨が入り込んだのだろう、かなり荒れていたが、其処には森裕太が残した
狂気の片鱗が顔を覗かせているかのようだった。


117 :M・P・D:02/10/04 23:25 ID:klFt0H66
彼は小学生から此処で過ごしてきた。
正確には此処へ逃げ込んだといった方が正しいかもしれない。
彼が母親から受けた虐待は、幼稚園の頃より激しくなっていた。
母親はこの頃離婚しており、酒に溺れ、イラついては子供にあたる日々を送る。
叩かれるだけでなく、煙草を背中に押しつけたり、コップを投げ付けられたりしていた。
彼はこの頃が相当トラウマとなっているのだろう、
背中の傷が癒えた今でも、未だに背中を椅子の背もたれに着けることはないのだ。

「小学校の低学年の時は、今考えても生き地獄だったね。
未だに夢で見ることがあるけど、よく生きてたなぁって感心するよ(笑)
あの頃の僕には逃れる術がなかったから。
それに自分が悪いんだと思っていたから、精神的にも追いつめられてた」

そう、彼は虐待される理由は全て自分にあったと思っていた。
だから先生に聞かれても一切母親のせいだと言わなかったし、
自分が悪いところがないか常に気にしながら生きていた。
これが彼が普通であろうとした原点だったのかもしれない。


118 :M・P・D:02/10/04 23:27 ID:klFt0H66
彼は学校が終わったらまっすぐ家に帰り、遊びに出かけることなく家にいた。
遊ぶことすらも彼は知らなかったのだ。
遊びに行くと母親は一人で家にいることになる。
それはダメなことだと裕太少年は思っていたと、本人は語っている。

「僕は母を一人にしちゃいけないと、ずっと思っていたんだよね。
母が時折見せる寂しそうな顔を見るたびに、絶対に一人にしちゃダメだって。
だって父親はもう帰ってこないって、当時は薄々気づいていたし、
寂しいのは可哀想なことだって当時は思っていた」

彼の虐待は小学校三年生の秋まで続いていた。
正確には母親が虐待を止めたわけではない。
裕太が離れ部屋に逃げ込んだのだ。

「小学校3年生だったかなぁ。僕はもう耐えられなかったんだよ。
母親にさ、『お前なんか産むんじゃなかった』って言われたんだよね。
それがショックでさぁ、なんだ僕はいらないんだって。
それまで父親とのことで僕に当たってたんじゃないのかよ、
だったら産むなよって話なんだけどさ(笑)。
だから僕は離れ部屋に逃げ込んだんだ。絶対に殺されると思ったから」


119 :M・P・D:02/10/04 23:28 ID:klFt0H66
こうして彼は自由を手に入れることができたのだ。
但し、それは同時に親の愛情を受ける機会も無くしてしまった

120 :M・P・D:02/10/04 23:29 ID:klFt0H66
私は彼との面会中に訪ねてみたことがある。
なぜ、彼は母親を殺さなかったのだろうか?と。
私は不思議で仕方がなかった。
普通に考えれば真っ先に殺害したいほどの恨みを持ち、もっとも恨んだ相手である。
彼との会話のメモから抜粋して此処に記しておく。

−何故母親を殺そうとしなかったんだ?一番殺したい相手じゃないのか?
「あぁ、普通はそうなんだろうね」
−そう、普通ならもっと早い段階で母親を殺そうとしたんじゃないのか?
「うーん。そうだね、たぶんそれが正しい選択なのかもね」
−私は、何故君が一番殺したい相手を殺さなかったのか、が分からないんだよ。
「ははは、なるほどね。うん、確かにそうだわ」
−じゃあ何故?
「殺すより過酷なものを背負わせたいんだ」


121 :M・P・D:02/10/04 23:31 ID:klFt0H66
−どういうこと?
「僕が受けた苦しみを味合わせてやりたいんだよ。
自分の子宮から這い出てきた子供が殺人鬼だって、一生背負って生きてもらうんだ。
自殺なんかさせはしないよ。生き恥を晒したまま死ぬまで後悔してもらう」

−それが復讐なのか?
「復讐・・・じゃないな。確かに虐待をうけて傷ついたけど、それはもういいんだ。
でも『お前なんか産むんじゃなかった』って言葉を母親が言うべきじゃないよ。
なにも僕だって好きで産まれてきたわけじゃないんだから」

−確かに。でも母親は一時的な気の迷いで、言ってしまった言葉じゃないのかな。
 当時は離婚した頃だし、苛立っていたのだろうから。
「わかってるよそんなことぐらい。
でもね、言った言葉は残ってるんだ。少なくとも僕の心の中にね。
だったら本当に後悔させてやろうと。吐いたツバ飲まんとけよってね」


122 :M・P・D:02/10/04 23:31 ID:klFt0H66
途中略

123 :M・P・D:02/10/04 23:32 ID:klFt0H66
「僕はいずれ捕まるってわかっていたんだ。もう小学生の時に覚悟は出来ていたんだよ。
僕はいつか人を殺して食べるんだってね。
そして捕まったら母親に言ってやるつもりだったんだ。
『本当に産まなければよかったのにね』って。産まなければ被害者もでなかったのにって」

−君はそれでよかったのか?
「まぁね。これが母親を殺さなかった理由の20%ぐらいかな。
本当はさ、食欲がわかなかったんだよね(笑)。不味そうだったからさー(笑)」

124 :M・P・D:02/10/04 23:43 ID:klFt0H66
ここまで。

ちょっと多めになってしまったなぁ。
削れるところも削らずに載っけてしまったよ。
読みにくかったらゴメン。

しかし俺も集中力が無いなぁ〜。一つの作品に集中できねぇんだよねぇ。
何故書き始めると他の作品のアイデアが浮かんでくるかなぁ。
今現在書いてるのが2つに、未発表・未完成が4つもあるよ。
しかも書くのが遅えし、救いようがないな。

まぁマターリやっていきます。dat落ちしたら終了ってことで(藁)

125 :名無し募集中。。。:02/10/05 00:24 ID:vfPKMcBN
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!

まちくたびれたよ。。いやーきたね!
別に読みにくいことはないので気にせずに・・・・
マターリがんばれ。楽しみにしてます
保全

126 :名乗れません:02/10/05 23:21 ID:Oo8WJTKq
落とさせるもんですか!(笑

まあ、ゆっくり更新してください。

127 :名乗れません:02/10/07 01:58 ID:V9K4TQ52
保全。

128 :名無し募集中。。。:02/10/08 18:00 ID:nAtFIf7V
旅出たい


保全

129 :名前は無い:02/10/10 01:35 ID:5/aE7SyC
【不幸のレス】
   このレスを見た人間は十三日以内に死にます。
      ※あなたに訪れる死を回避する方法が一つだけあります。
     それはこのコピペを一時間以内に7つ、別のスレに貼り付ける事です

130 :名無し募集中。。。:02/10/10 17:04 ID:/N5DBnZP
>>129 保全さんくす

131 :名無し募集中。。。:02/10/10 17:51 ID:d67yT36E
>>129
ある意味このスレにふさわしい保全方法。

132 :M・P・D:02/10/11 00:07 ID:yrq09Fqs
>>129
これ、狙ってやっていたらすごいね。レベル高いなぁ。
ただ、本当に荒らしのつもりが、ネタになったんだったら格好悪いな(藁
ま、ネタだね。sageで書いてあるし。
ま、羊でもっとも不謹慎なスレなんで、荒れてもしょうがないけど。

さて、あと1,2回で最初の被害者の話にしようとおもってます。
しばし待たれよ。
一応人物は決めたんだけど、まだ食べる場所が決まってないんだよ。
なので、保全する方はドコを食べたいかも書いてみてね。

133 :名無し募集中。。。:02/10/12 17:04 ID:MyTigKKM
脚が好きです保全

頑張れ

134 :名無し募集中。。。:02/10/15 18:06 ID:HLBlFtNn
焼き肉食います保全

135 :名無し募集中。。。:02/10/17 01:40 ID:k6s0QyHz
焼き肉いいな

136 :名乗れません:02/10/17 21:51 ID:RIRF0dRc
焼き肉もsageでおねがいします。

二の腕がイイナ!

137 :名無し募集中。。。 :02/10/20 01:50 ID:9r5roDVd
保全


138 :名無し募集中。。。:02/10/20 21:06 ID:yUn/5nJn
今日坊主にしてきました保全

139 :名無し募集中。。。:02/10/21 22:20 ID:1yeOLxCS
明日から5日間消えるからみなさん保全よろしく保全

140 :名乗れません:02/10/23 02:48 ID:d7zHez4B
髪の毛も保全しなきゃ。

141 :名乗れません:02/10/25 00:05 ID:5Z7x5izr
といいつつ坊主憧れるなぁ保全。

142 :坊主:02/10/26 19:40 ID:yUxyVOCG
旅行から帰ってきたYO!
ただいま保全

143 :もうたべさせません!:02/10/27 03:23 ID:sS8SV8hW
うちの犬、公園でウンコ食いました。ちょっと目を離したスキに、、、
しかも大きいウンコ。もしかしたら浮浪者のクソではないかと、、、鬱。

144 :名無し募集中。。。:02/10/29 04:20 ID:qS62SOQH
保全


145 :名無し募集中。。。:02/10/30 17:18 ID:oye64LEx
ウンコお疲れ
保全


おれもすっかり保全屋だな

146 :M・P・D:02/11/01 01:02 ID:GPk3oRGf
>>145
ごめんなぁ。
出来れば早く書いていきたいんだけど、なかなか時間が無くって。
仕事でパソコン使ってると家に帰ってから使うのが億劫でねぇ。
まぁdat落ちしてしまえばそれでもいいんだけども、みんな保全してくれてるんで
頑張って書いてみます。
今、書き始めたんで2〜3日中にupできるよ。

>>143
わかる!ウチの犬も一回やりやがったんで、説教くれてやったことがある。
でも何で食べるかねぇ?犬はスカトロ願望でもあんのかな?
俺は人を食べたいと思っても糞だけは無理だ。

147 :名無し募集中。。。:02/11/01 16:19 ID:5a5jDSCf
>>146 頑張れ(^▽^)

148 :名無し募集中。。。:02/11/03 17:08 ID:w/xeJX79
保全


149 :名無し募集中。。。:02/11/04 01:49 ID:xsbSeG0K
3連休最後の日だ保全

150 :名無し募集中。。。:02/11/06 05:01 ID:Q1cU3+wy
保全


151 :名無し募集中。。。:02/11/06 22:52 ID:ABxbGZmh
ヤンパパ見て後藤好きになった
のはオレだけだろうか・・・?保全

152 :名乗れません:02/11/08 00:09 ID:wQKtJr5S
君だけではないはず保全。

153 :M・P・D:02/11/08 00:40 ID:cN/jn7e2
『ナチュラルボーンキラーズ』

彼が初めて人を食べたいと思ったのは小学校2年生のころだった。
それは裕太少年にとって人生の分岐点だったのかもしれない。
彼はその頃からどう思っていたかを語ってくれた。

−いつ頃から人を食べたいって考えてた?
「小学校二年生の時だったかなぁ、学芸会で赤ずきんちゃんやったんだよね。
その時にさ、僕オオカミの役をやったんだよ。何人かでオオカミを演じるんだ。
それで僕のパートがさ、赤ずきんにおばあさんのフリして襲いかかるところだったんだ。
今考えると面白いよね(笑)。俺が一番好きな話の、一番好きな場面を自分がやるんだよ、
それが嬉しくってさ」

中略

「劇の練習をやっているとき僕は人を食べたいなって初めて思ったんだよね。
なんだろう・・ハッキリとしたものじゃないけど、あぁこれが僕のやりたいことだって。
たぶん普通の子供って、これぐらいの時に将来何になりたいって聞かれたら、
警察官とか、パイロットとか言うでしょ?でも僕は『人を食べたい』だったんだ」

154 :M・P・D:02/11/08 00:42 ID:cN/jn7e2

−それを誰かに言ったことがある?
「ないよー(笑)。そんなの言える訳無いじゃん。
頭おかしいって思われたくなかったし」

−それはそうだね。
「でしょ。それに僕は目立ちたがり家じゃないし、人気者でもないんだから。
下手したら僕はいじめられるでしょ?そんなの絶対にイヤだよ。
家で親に虐待されて、学校でいじめられてたら逃げ場がないんだよ。
多分そんなことになったら自殺をしてたんじゃないかな。」



155 :M・P・D:02/11/08 00:43 ID:cN/jn7e2

−どうやって人を食べたいと思った?
「最初はね、やっぱり子供だったから漫画みたいな想像だったよ。
どう言えばいいかな・・・・そう、小さい人形を頭からかぶりつくみたいな感じ。
そこからだんだんリアルに想像するようになっていったかな。

中略

とにかく女の肉を食べたかったね。
男はまずそうだし、堅いイメージがあったからさ。
出来れば軟らかい肉を生で食いたいじゃん(笑)」


156 :M・P・D:02/11/08 00:44 ID:cN/jn7e2

この証言から分かるように、彼は小学2年生から喰人願望を持つことになった。
そしてその願望を持つことにより、彼は非常に苦しい学生生活を過ごすことになる。

−以前裁判で肉が食べられなかったって証言していたよね?
「うん。小学校の・・・4年からかな。」

−何故?
「うーん・・・なんでだろう?とにかく不純な物に感じたんだよ。
食べたら僕が汚れていくような感覚があって。
だから学校の給食が僕には苦痛でしかなかったよね。
僕の通ってた小学校って給食残すとすごい怒られたんだよ。
だけど食べれない、食べなきゃ怒られるから必死だったな。
とにかく口の中に入れてトイレで吐くようにしてた」

−じゃあ全く肉を食べていなかったの?
「猫の肉は食べてたよ」


157 :M・P・D:02/11/08 00:45 ID:cN/jn7e2
−猫の肉?
「うん。最初は近所の野良猫がうるさいから殺しちゃったんだけど、
その死骸を見ていたら急に腹が減ってきて(笑)、我慢できなくて食べたんだ。
そしたら旨かったんだよね(笑)。それから猫を定期的に殺しては食べてた」

−それはいつ頃?
「小学校5年生の時かな」

−魚は?
「魚は大丈夫だよ。とにかく肉がダメだったんだよね。
でも猫も頻繁に食べていたわけじゃないんだ。3ヶ月に一回程度だった」

中略

「猫を食べることは正直余りしたくはなかったんだ。
結局人間を食べたい欲求を解消するまでには至らなかったからね。
逆に人間を食べたい欲求は強まるばかりで苦しかった」



158 :M・P・D:02/11/08 00:46 ID:cN/jn7e2

彼は私に自分がいかに人を食べたかったを語ってくれたが、私はもっと知りたいことがあった。
彼は殺しについてどう思っていたのだろうか?
私がこの依頼を受けたときにもっとも知りたかった部分でもある。
彼と接触を図っていくうちに彼は語ってくれた。

−人を殺すことに躊躇いは無かったの?
「勿論あったよ・・・だから此処まで時間が掛かったんだ。
僕にだって悩んだ時期があったさ。だってやろうとしてることは最悪のことだから。
それを実行するのに躊躇わなかったなんて言ったらウソになるよ。
だから真剣に自殺を考えたこともある。
中学生の時は毎晩ナイフを手首に当てたまま寝ていたよ。

中略

そしてある晩決心したんだ。
すごい勝手な考えだけど死ぬのはいつでも出来る。
だったらやることやってから死のうってね」


159 :M・P・D:02/11/08 00:47 ID:cN/jn7e2
−殺したことに後悔してる?
「いや、今は全く後悔してないよ。夢が叶ったからね。
Dream come trueさ(笑)。
よく言うじゃん、夢は見るものじゃない、叶えるものだって。
だから僕は殺して食べた。それだけのことだよ(笑)」

この時の彼の笑顔が私は頭から離れない。
よく目が笑っていない笑顔と言うが、この時は本当の意味でその笑顔を見た気がした。
すざましい狂気を内に秘めた彼の目。
彼はまだ完全に満足した訳じゃないのかもしれない、と私は思った。

160 :M・P・D:02/11/08 01:01 ID:cN/jn7e2
ここまで。

すいません、お待たせいたしました。
いやー今回は時間がかかったね。
途中から変な方向に行っちゃって書き直ししてたら遅くなったよ。

さて、非常に個人的な質問で申し訳ないのだけど、此処に来ている人は
俺が書いている「一緒に暮らすならどの娘。」も知ってるんでしょうか?
実はあのスレで書くのを止めて、どっかの死にスレに移動しようと思ってます。
あそこは回転が速すぎてついていけなくなったんで(笑)。

俺はHPつくる時間もないし、見ての通り更新が遅いんで
どっかで腰据えてやっていったほうがいいかなと。

161 :名無し募集中。。。:02/11/08 18:10 ID:fjl57Oqi
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!

次あたりすごいの来ると見た
加護の脚・・・

>>160 うーんオレは知らん

162 :名乗れません:02/11/08 23:44 ID:Uo9A6ZRn
>>160
更新お疲れ様です。
スレ移動、するときはお知らせくださいな。
そういえば、「例えば君が(ry」のそら。さんってどうしたんでしょうか。
HPなくなってたし・・・。

163 :名無し募集中。。。:02/11/10 01:31 ID:ZotKiOUX
女とメッセは楽しいな保全

164 :名無し募集中。。。:02/11/11 01:32 ID:71T6WYDV
ほほほほぜん

165 :名無し募集中。。。:02/11/12 17:16 ID:SNVhLy5Z
ほぜむ

166 :名無し募集中。。。:02/11/14 17:18 ID:brQ5jvmt
オレ以外保全してねじゃねえかよ!

167 :名乗れません:02/11/16 01:00 ID:wg+W5ZJ4
隙をうかがっている奴はちゃんといますよ!

168 :名無し募集中。。。:02/11/16 22:14 ID:pHO7r5JI
>>167 おお、いた
ちゃんと保全しないとねぇ・・・
恐い世の中ですたい
保全

169 :名乗れません:02/11/18 22:20 ID:xLYCY9EF
風邪引いた・・・鬱。保全。

170 :名無し募集中。。。:02/11/19 17:24 ID:GfwoqlME
>>169 お大事に
保全

171 :名乗れません:02/11/21 02:21 ID:OAzS6J+Y
フカーツ(゚∀゚)保全。
>>170ありがとう。



172 :名無し募集中。。。:02/11/21 21:16 ID:ZYG+0Ck3
>>171 よかったねぇ

今日のうたばんは石川特集でよかった石川ヲタです。
保全

173 :名無し募集中。。。:02/11/22 18:50 ID:/lcR1ad3
>>160
地下スレ漁りしてたらここを発見。
俺はあのスレは半年ぐらい読んでない。

発見のついで保全

174 :名無し募集中。。。:02/11/24 18:12 ID:y1NYVF4O
ハロプロ大運動会ってオレ行ってないけど
あれ現場では盛り上がったんかね?
保全

175 :M・P・D:02/11/27 00:33 ID:kRA0W+BE
すいません、ちょっと時間がとれなくって書けてません。
仕事がつまってまして書いてるヒマがないんですよ(泣)。

ただ、ようやくこの小説の骨格ができてきました。
結構面白くなりそうなんで気長におつき合い下さい。

>>173
いらっしゃーい。
こんな辺鄙なところですが、今後ともよろしくお願いします。

あと、此処を見た人たちへ
よかったら感想、意見なんでもいいので書いてってください。
別に批判でも、読みにくいでもなんでもいいっす。
俺もはっきり言って初心者です。
色んな声をきいて勉強していきたいのでよろしくおねがいします。

176 :M・P・D:02/11/27 00:35 ID:kRA0W+BE
あと、>>160でも書いてましたが、もう一個の小説書く場所を決めました。
http://tv2.2ch.net/test/read.cgi/ainotane/1037563395/l50
↑此処で書いていきます。ヒマだったら覗いてやってください。

177 :名乗れません:02/11/28 23:07 ID:AJfG1QaO
これから出てくるであろうシーンですが・・・
えぐい所は躊躇しないでえぐく攻めちゃって下さい。
保全。

178 :名乗れません:02/12/02 00:22 ID:EWGoiVDn
保全。

179 :名無し募集中。。。:02/12/05 12:52 ID:OKt+0J9F
保全

180 :ねぇ、名乗って:02/12/08 17:46 ID:wiHIgFdQ
(w

181 :M・P・D:02/12/08 23:38 ID:huaxDBfg

>>176
ここでやると書いてましたが、出張中に落ちちゃいました(w
一回も更新してないのに・・・。
http://tv2.2ch.net/test/read.cgi/ainotane/1037612784/l50
↑ここで新しくやります。申し訳ない。

あと、此処の更新もなるべく急ぐようにします。
ようやく時間がとれるようになりました。もうちょっとだけまってね。

182 :名乗れません:02/12/10 22:33 ID:CnFNnnrY
保全。

183 :名無し募集中。。。:02/12/12 18:31 ID:HbkJYUN3
ほほほほほほほ
ぜぜぜぜぜぜぜ

ん?

184 :名乗れません:02/12/14 18:19 ID:szQiFHhn
↑何かオモロイ。保全。

185 :名無し募集中。。:02/12/15 18:21 ID:I8c7G8VE
http://ip0.tosp.co.jp/Kj/Tospi200.asp?I=ys50151&P=0&Kubun=K3



186 :名無し募集中。。。:02/12/16 13:28 ID:VJpdm8V1
ほぜんぜほぜんぜほぜんぜほ

187 :M・P・D:02/12/17 00:10 ID:ux9LsSqz
『サンクチュアリ』


森裕太の家の横にある長い坂道を上っていくと、山につながっていた。
山は結構大きく、上に登れば町全体を眺めることが出来る。
その山の中腹には神社がある。
私はそこである人物と待ち合わせをしていた。
私が神社の本堂へ向かうと、セーラー服の彼女はそこで退屈そうに木の葉を眺めていた。
彼女が長い髪を風に遊ばせている姿は非常に美しく、
少しだけ時間が止まったような感覚を味わった。
これが彼女との初対面の印象である。


188 :M・P・D:02/12/17 00:11 ID:ux9LsSqz
彼女の名前は飯田圭織。森裕太の同級生である。
私が彼女と会うことになったのは、裕太本人から言われたことだった。

「僕のことを知りたいのなら彼女に会ってみてよ。
多分誰よりも僕のことを知っているから。
そして彼女に預けてあるものを見せてもらえばいい」

そういわれては接触しない訳にはいかない。
私は何とか彼女と連絡を取りつけた。
彼女は最初は報道記者やフリーライターと思ったらしく、全く相手にされなかった。
私自身が裕太本人から頼まれた、彼から預かっている物を見せてほしいと話したら、
彼女は私に重い口を開いてくれた。
「今度の土曜日に神社に来て。渡す物があるわ」


189 :M・P・D:02/12/17 00:12 ID:ux9LsSqz
私は我に返り彼女に挨拶をした。
しかし彼女は無表情のまま、私に質問をしてきた。

「彼のなにを知りたいの?」
私は本人から直接頼まれて文章にしているだけだと説明をした。

「それだけの理由?なら止めた方がいいわ」
どういう意味なのか私には理解できなかった。
私が困惑した表情を見せると、彼女は睨むような目線を向けてくる。

「ここから先はあなたの人生を狂わせることになるわ」


190 :M・P・D:02/12/17 00:13 ID:ux9LsSqz
「あなたは今、ある境界線を跨ごうとしているの。
それは私や裕太のいるこちら側と、今あなたが暮らしているそちら側。
あなたが興味で裕太のことを調べているのなら、今すぐ止めるべきね。
もしあなた自身が本当に自分の意志で知りたいと思うのなら・・・」
彼女は鞄からある物を取り出し、私の目の前に差し出した。
「これを受け取る資格があるわ」

191 :M・P・D:02/12/17 00:13 ID:ux9LsSqz






192 :M・P・D:02/12/17 00:14 ID:ux9LsSqz
彼女が預かっていた物、それは裕太が残した日記である。

日記の存在を知っているのは彼女と裕太しかいなかったのだ。

日記はCD−Rに焼かれて、計13枚あった。
いや、日記と言うにはあまりにも複雑なものである。

自ら創作した文章、ダーウィンの進化論、πの神秘、ルーシーモノストーンmp3など
彼が気に入っているものがすべて突っ込まれているようなものだった。

193 :M・P・D:02/12/17 00:16 ID:ux9LsSqz
「さ、行きましょう」
彼女は立ち上がり歩き始めた。
私も夢遊病のように彼女の後をついて行っていた。

私達は山の中へ入っていき、約15分ぐらいだろうか?山を登りつづけた。
道はけもの道を歩いていたので足場は悪くなかったのだが、
傾斜がきつく非常に疲れた。

そして山頂付近のある場所で彼女は歩くのを止め、
横倒しになった木に腰をかけた。

そこはちょっとした空き地のようになっていて、
地面には薪をした跡があり、人がいた形跡が残っていた。
そしてこの場所にはとても大きな木がそびえ立っている。
それは非常に雄大で力強く、私たちを迎え入れてくれてくれているかのようだった。



194 :M・P・D:02/12/17 00:17 ID:ux9LsSqz
彼女は鞄からペットボトルを出し、一口飲み話し始めた。
「さぁ何から聞きたいの」
−此処は?
「裕太の隠れ家・・・いや、彼を育てた場所かな」
−裕太はここで何をしていた?
「彼は此処で猫を食べ、自分に葛藤し、知識を増やしていたの。
裕太の本当の姿を知っているのはこの場所だけよ」

私自身もこの場所に踏み入れた瞬間、裕太の陰を見たような気がした。
ここは彼にとってのサンクチュアリだったのだ。

彼以外に知られることはない。
絶対に汚せない聖域。
そして今でも染みついている彼自身の気配。
彼の本当の姿を語るにはこの場所こそがふさわしかったのだろう。
彼女もそのことを知っていた。

「此処は私と裕太の二人だけが知り得る場所なの」


195 :M・P・D:02/12/17 00:18 ID:ux9LsSqz
私は彼女に質問を始めた。

−何故私をこの場所に連れてきたんだ?
「あなたは裕太に選ばれた人だから。
そしてあなたが一番知りたいことの始まりの場所だからよ」
−始まりの場所?
「そう・・・彼が初めて人を殺し、そして食べた場所」

そうこの場所こそが最初の被害者、加護亜衣の殺害現場だった。


196 :M・P・D:02/12/17 00:31 ID:ux9LsSqz
ここまで。

ゴメンね。時間かかってしまいました。
考えた小説内容に近づけるには今回の話がどうしても必要になってしまったんで、
ちょっと長いけど書いてみました。

さぁ最初の被害者がとうとう登場しました。
加護ちゃんはどのように殺され、どのように食べられたのか?
どうなってしまうのか?まて次回!!!

こっから俺の文章力が問われる部分ですね。
どうなるんだろうな・・・。不安しか出てこねぇよ。
いいのか?大丈夫か俺?

197 :M・P・D:02/12/17 00:51 ID:ux9LsSqz
それから毎回の保全、本当にありがとう。
こんな思いつきを気長に待っていただいてる方々には頭が上がりません。
(足を向けて寝れないのだが、ドコにいるのか分からんのでそれは無視)

もう一個の小説もこれぐらい寛大な心で見て欲しいんだけどなぁ。
(なんか一匹鬱陶しいのがいて場が荒れ気味です)
急かされても仕事は減らねぇつーの。

愚痴っぽくなってきたなぁ、いかんいかん。
まぁ次回はなるべく早く書けるはずなので(仕事納めが24日なんです)、
もうしばらくおつき合いください。

あと食人について興味がある人
http://academy.2ch.net/test/read.cgi/whis/990595677/
↑此処覗いてみて。結構詳しい食人の歴史とか載ってるから勉強したい人にオススメ。
私もたまに書いたり覗いたりしてます。(名無しだけどね)


198 :名無し募集中。。。:02/12/17 09:05 ID:AO+BIsN8
更新キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!
そして加護キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!

いやー加護かー・・・いいですなあ・・・保全
頑張ってね

199 :名乗れません:02/12/17 15:33 ID:quJjmkKM
更新お疲れ様です。
>(足を向けて寝れないのだが、ドコにいるのか分からんのでそれは無視)
立って寝ればよかったりして。でも階下にいたりして。
否、冗談冗談。足向けるななんて畏れ多いことはいいませぬ。
純粋に楽しみにしている故なので。

200 :雷禅:02/12/19 11:34 ID:KSc6SYM/
200get

腹減った。

201 :名乗れません:02/12/21 13:16 ID:QdiaKsHq
保全。

202 :名無し募集中。。。:02/12/21 14:24 ID:MJoO6uo9
ほほほほほほほ前

203 :名乗れません:02/12/23 14:40 ID:Io48rO+0
おでん。

204 :名無し募集中。。。:02/12/24 00:08 ID:YcWaaiNq
>>203 やるな

205 :名乗れません:02/12/25 07:01 ID:qU15Kdsw
帰省します。保全をお願いします。

206 :名無し募集中。。。:02/12/25 23:26 ID:7Ed6AFUz
>>206 まかして

207 :名無し募集中。。。:02/12/27 15:38 ID:FKlUmT/F


208 :名無し募集中。。。:02/12/31 11:29 ID:Pqh6Th7/
時間はとまねっす!YO!チェケラチョ!

209 :M・P・D:02/12/31 22:19 ID:WR8jJ58s
保全ありがとうございます。
ちょっと今年中に更新できませんでした。
ゴタゴタしてまして書くヒマなかったっす。

なんか彼女が結婚してくれオーラを出してきました。(家族に紹介されてしまった)
鬱陶しいっつーの。結婚なんかしねーよ!!!!
と、今年最後の鬱憤をここではらしてっと。

今年一年本当にありがとうございました。
来年1発目がいきなり不謹慎極まりない小説になりますが、おつき合い下さい。


210 :名無し募集中。。。 :03/01/02 20:52 ID:qML0UVhK
吉澤さん、引退してください。

211 :vvv:03/01/02 20:53 ID:KNe9O4Tl
◆◇◆◇◆最新情報◆◇◆◇◆
http://yahooo.s2.x-beat.com/linkvp/linkvp.html


212 :名乗れません:03/01/03 22:40 ID:KSEQ5Ogh
sage

213 :名乗れません:03/01/05 22:44 ID:CIdN6Egv
保全。

214 :名乗れません:03/01/08 23:58 ID:DS7AuYe+
保全。

215 :山崎渉:03/01/10 17:03 ID:WMf2v4nq
(^^)

216 :名無し募集中。。。:03/01/12 15:09 ID:dz93QJ1k
保全

217 :あぼーん:03/01/12 16:36 ID:eES8nM9u
あぼーん


218 :名無し募集中。。。:03/01/13 23:31 ID:M8aYJtHk
積極的に保全!

219 :nanasi:03/01/14 00:50 ID:+ig4QhXB
http://harunacci.axisz.jp/cgi/source/angel8_1375.mp3

220 :名無し募集中。。。:03/01/14 01:54 ID:9rBABZuk
おれトムクルーズ目指す

221 :名無し募集中。。。 :03/01/15 01:48 ID:gW6Wju17
底辺より浮上

222 ::03/01/15 01:53 ID:7QDYVB7K
何だ?このスレ

223 :名乗れません:03/01/16 01:46 ID:xMqP1Qb5
下げで保全。

224 : :03/01/18 21:42 ID:tLScyMDh
モー板はこんな糞スレでも200以上逝くのか…

225 :名乗れません:03/01/20 02:11 ID:rMjvcnVW
保全。

226 :名乗れません:03/01/24 06:18 ID:Bzc7urA9
保全。

227 :名乗れません:03/01/27 05:45 ID:vU6K31ZX
徹夜あけ保全。

228 :山崎渉:03/01/28 13:59 ID:3mTZ7UF2
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉 

229 :名乗れません:03/01/31 00:36 ID:/FwiZb3Y
今夜も保全中。

230 :山崎渉:03/01/31 10:41 ID:hcR/4xMn
(^^)。

231 :名乗れません:03/02/03 15:29 ID:ATem1LOa
保全。

232 :M・P・D@壊れかけの木魚:03/02/06 00:54 ID:zCRBGJXi
ごめんなさい。
ちょっと入院してまして書けませんでした。(2/1退院)
前から調子の悪かった首の爆弾が爆発しまして、即入院でした。
(首の骨が変形して神経を圧迫してる。確かXのyoshikiと同じ症状)
突然激痛が走ったと思ったら動けなかった。
病院でのたうち回るぐらいの激痛に襲われ、本気で死ぬかと思った。

手術はしないでリハビリで直す予定です。

んで、小説なんですが、一応書いたんですがとても発表出来ない。
どうもスランプ突入です。申し訳ない。
なんかイメージと違うんです。自分の才能の無さに打ちのめされてます。
なのでちょっと時間を下さい。

233 :M・P・D@壊れかけの木魚:03/02/06 01:03 ID:zCRBGJXi
えーっと「名乗れません」さんでいいのかな?

狩りで短編小説書いてましたよね?(人違いだったらスマン)
今日見ました。面白かったです。
ああいう萌え短編なんて、自分はよう書かんので感心しました。
それ読んで多少なりとも刺激を頂いたので、自分も頑張りたいと思います。

あと、非常に個人的で我が侭なお願い。
「保全」ってものすごく味気ないので、オススメの本でも書いてください。
小説・漫画ジャンルは問いません。
1保全に付き一冊で結構です。よろしくお願いします。

234 :名乗れません:03/02/06 14:40 ID:Tf+4WqFz
ばれましたか(w
あちらの更新情報に載るとは思ってなかったので。

うーん、自分はごく短いシナリオとかシーンが浮かんで、
そこから構想をつくるタイプなんで、萌え短編は書けるんですが
ストーリー作りが要求される中・長編はよう書きません。
なのでM・P・Dさんのように長いものを書いていく方はやはりすごいなあと。

本っすか。大学に入ってからはいわゆる新書しか買ってないなあ。
じゃあ、吉田戦車「伝染るんです」から。

首ですか。大事になさってください。

235 :名無し募集中。。。:03/02/06 22:00 ID:WZHpTE8b
M・P・Dさん、首お大事にしてください。。
保全
オススメ本→『20世紀少年』浦沢直樹 マンガです

236 :名乗れません:03/02/09 13:41 ID:qo47bad/
土田よしこ「つる姫じゃ〜!」
下らなすぎてなかなかよろしい。

237 :松キング:03/02/12 04:51 ID:VXltT76D
あ〜あ
つまらんスレになったものだ
全盛期の・・

61 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)