5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

台風襲来◆矢口が心配なので明日は休む!

1 :過保護:02/07/09 22:00 ID:WZkTTg9p
矢口は小さいから風に飛ばないか心配。
矢口は小さいから洪水でおぼれないか心配。
矢口は小さいから俺がいないと心配。


944 :名無し募集中。。。:02/10/07 02:10 ID:mpFLku65
不定期ドラマ「タイフーン娘。」(前話は>>839-842
●第10話「頼りになるのはあなただけ!生徒会長、かまいたち保田!」

「だからゴメンって言ってるじゃ〜ん」
「うるさい、バカ、黙れ、近づくな」
 生徒会室に、マリと保田の声が響く。
 保田は前回、富士山の九合目に置き去りにされたことを怒っているのだ。
 あの台風の中、小川達を連れて無事に帰還するとはさすがに保田である。
「まあまあ保田さん。マリも謝ってるんだし、ここはこのよっすぃーの顔に免じて・・・」
「あんたも勝手に下山したでしょーが!」
「うえーん、保田さん顔が怖いー」
 そんな先輩連中の様子を、笑顔で見守る小川と新垣。
 二人は世話になった保田を補佐すべく、それぞれ生徒会の書記と副会長に就任していたのだ。
 なんのかんの言って、意外と人望の厚い保田に感心するマリとよっすぃーであった。
「でも、ホントは脅されたんでしょ?」
「そこ、うるさい!」

 こんな平和っぽい学園生活を送っているマリたちだったが、お気楽なだけではいられなかった。
 あと6人のタイフーン娘。を捜さなければならないのだ。
 すでに後藤にはコトの次第を話し、独自に捜索をしてもらっている。高橋も同様だ。
「飯田先生は?」
「それが・・・なんか休暇とって旅行に行っちゃったらしいんだよね」
 彼女らしいといえば彼女らしいのだが、と頭を抱えるマリ。気苦労の絶えない主役である。
 あと6人――それがどこにいるのか、まったく手がかりはない。
 富士山から帰ってからというもの、毎日のようにあちこちを歩き回って捜索しているが、そう簡単に見つかるものでもない。
 いささかマリたちにも閉塞感のようなものが漂っていた。

945 :10話/2:02/10/07 02:11 ID:mpFLku65
「何、人捜し?」
 そんなムードを察したか、保田が明るく声を掛ける。
「そうだけど・・・かなりアバウトな話なんだよね」
 保田に話して何になるものでもないが、「つーく」という男から手紙が来た女の子を捜している、と告げるマリ。
「あと6人いるはずなんだけど、世界中のどこにいるのかも分かんない始末で・・・」
「そうそう。こんなこと保田さん達に話してもしょうがないんだけど・・・って、なにその紙切れ!?」
 見ると、保田、小川、新垣の3人がそれぞれ胸ポケットから同じ封筒を取り出していた。

 ――その頃。飯田先生は、北海道にいた。
「・・・ここに来るのも、5年ぶりね・・・」
 真顔で呟く。風が吹く。長い髪がなびく。その手には、タイフーン娘。を募るあの手紙がある。
「この手紙、あなたのところにも届いているはずよね・・・」
 飯田先生は目の前にある建物――病院へと歩みを進めていった。

「いやー、偶然ってあるんだねぇ・・・」
「よっすぃー、これご都合ってやつだよ」
 マリが呆れたように言う。それもそのはずだ。
 保田、小川、新垣といっぺんに3人も「タイフーン娘。」が見つかってしまったのである。しかも、こんな身近に!
「ただのイタズラみたいな気もしたんですけどね」
「なんかこの手紙が気になってたんです」
 小川と新垣が言う。捨てるに捨てられなかったところが、微かに流れる台風界の血なのだろう。
 だが、問題が一つある。果たして魔王だの台風界だのと説明して、保田たちが信じるだろうか?
 いや、信じてもらえたところで、戦うことを納得してもらえるだろうか?
 ただのお遊びではない。強大な力を持つ魔王との「戦争」である。
 格闘家としての闘争本能を持っているよっすぃーと後藤はともかく、保田たちはただの女の子なのだ。
 ともかく、話をしないことには始まらない。マリは魔王ユーコのことを順を追って話し始めた。

946 :10話/3:02/10/07 02:12 ID:mpFLku65
 やけに白く塗られた病棟の一室に「彼女」はいた。
 ベッドから身を起こして座るその姿に、飯田先生は優しく声をかける。
「・・・久しぶりね、なっち」
 なっちと呼ばれた女性、安倍なつみはゆっくりと首を動かし、飯田先生を見つめた。
 その瞳には生気が感じられない。記憶と感情を失っているのだ。
 なっちの首筋をそっと抱いて、飯田先生は呟く。
「・・・ごめんね、なっち。もう一度あなたを目覚めさせなければならない・・・」
 ベッドサイドの小さなテーブルには、封の切られていないつーくからの手紙が置かれていた。

「・・・つーわけなんだけど・・・信じてもらえる?」
 マリの説明を聞いた小川と新垣はポカンと口を開けている。
 台風界とか魔王だとか言われてもなかなか実感もないし、ゲームのやりすぎ程度に思われても仕方ないだろう。
 だが、保田の目は真剣だった。
「・・・それで、わかったわ。ちょっと見てて」
 そう言って、保田がスッと右手を挙げる。
 ひゅっ。がこん。
 軽く手を振り下ろすと、部屋の隅に置いてあった花瓶が縦に真っ二つに割れた。
「!」
「・・・かまいたち!」
「子供の頃から、自分だけこんな事が出来るのを不思議に思っていたの。でも、マリの話を聞いて納得したわ」
 それは、彼女が台風界の血を引くことの何よりの証拠だった。
 保田はマリたちと共に戦うことを承諾した。つまり、タイフーン娘。への参加表明である。
 戦闘力といい存在感といい、頼りになる存在がまた一人増えたことになる。
「で、あんたたちはどうする?誰も強制はしないよ?」
 保田が小川と新垣に訊く。
 新垣は「保田さんが行くなら」と即答し、小川は一つだけ条件を出した。
「その、魔王ユーコを倒したら・・・」
「倒したら?」
「・・・みんな、山岳部に入ってもらえますか?」

947 :10話/ラスト:02/10/07 02:13 ID:mpFLku65
 なっちの目を、飯田先生の手のひらがそっと塞ぐ。
 5年前に、泣きじゃくるなっちの記憶を封印した時と同じ恰好だ。
「・・・いくよ、なっち」
 飯田先生の手のひらに極小のサイクロンが発生し、なっちの頭部を包んでいく。
「目覚めよ、安倍なつみ・・・!」
 風が止み、飯田先生の手が離れる。
 まぶたを開いたなっちの目には、明らかな意志があった。
「・・・『時』が来たんだね、カオリ」
「うん・・・ごめんね」
 力無く微笑むなっち。その瞳に、深い深い哀しみが溢れる。
 飯田先生は、泣いていた。

「つーわけで、あと飯田先生が帰ってくれば今判明してるタイフーン娘。は全員集合って事になるね」
 とあるファミレスの大テーブルにマリ、よっすぃー、後藤、保田、高橋、小川、新垣が揃っている。
 初対面組の自己紹介も終わり、とりあえずは和気藹々の雰囲気だ。
 そんな中、後藤は対面に座る保田の顔をちらちらとうかがっていた。
(やっぱりこの人、どこかで会ったことある・・・)
 明確には思い出せない。だが、それは確かに後藤の胸に残っていた。
 保田は。――保田は何も語ろうとはしなかった。

 その頃、モーニング学園の前に一台のタクシーが到着する。
「お釣りは要らないので、領収書だけ下さい・・・。名前は紺野で」
 降りてきたのは、眼鏡を掛けた少女だった。
 その眼鏡を外し、つぶらな瞳で学園を見上げる。
「ここが、明日から私の通う学校・・・」
 爽やかな風が、校庭に吹いていた。         (つづく)

 1話目を書いた時はこんな話になるとは思っても見なかった矢口。魔女っ子ものだったし。
 スレ終わる前にあと3話・・・ちと苦しいかもなぁ。
(〜^◇^)<真里エンバード勝ったー!

286 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)