5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

台風襲来◆矢口が心配なので明日は休む!

1 :過保護:02/07/09 22:00 ID:WZkTTg9p
矢口は小さいから風に飛ばないか心配。
矢口は小さいから洪水でおぼれないか心配。
矢口は小さいから俺がいないと心配。


839 :お待たせを致しました1:02/09/12 01:15 ID:3AAYuNsW
不定期ドラマ「タイフーン娘。」(前話は>>696-699
●第09話「今なんて言ったの?春一番高橋の意外な秘密」

 突如富士山に現れた男――列車つーくに、マリは質問をぶつける。
「台風界の力が弱まってるって・・・どういうこと!?あなた何か知ってるの!?」
「知っとるのは、俺やない。このお方や」
 そう言ってつーくは振り返る。彼の後ろから現れたのは、マリの見覚えのある少女だった。
「・・・1年の高橋さん!」
 間違いない。保田の選挙の時、小川と一緒にいたのを見たことがある。
 しかしなぜ、彼女が?そんなマリの疑問に、高橋は意外な事実を口にする。
 実は自分が、「春一番」の妖精であること。
 闇に支配された妖精界から逃れて、人間界に身を隠していること・・・。
 台風界の人間であるマリだから信じたものの、普通なら誰も信じないおとぎ話である。
「このつーくは、私と一緒に妖精界から逃げてきたしもべなんですよ」
「・・・この人も妖精なの?」
 マジマジとつーくを見るマリ。なんかこう、どことなく胡散臭い。
「なんや、失礼なやっちゃな!こう見えても俺は列車の妖精やで!あと上沼恵美子に似とるし」
「それ関係ない」

840 :お待たせを致しました2:02/09/12 01:16 ID:3AAYuNsW
――閑話休題。
「・・・でも、妖精界が闇に支配されたってどういうこと?」
「すべては、魔王ユーコのせいなんです」
 魔王ユーコ。マリにとって、初めて聞く名である。
 高橋が言うには、魔王ユーコはこの世界すべてを闇に染めようとしている、悪の根元らしい。
「それが、台風界を襲っているというの!?」
「今はまだ、外堀を埋めている段階です。しかし、魔王ユーコが本気になれば、
 いくら台風界と言えどもひとたまりもないでしょう・・・。妖精界が征服されたのも、あっという間でした」
 マリは唇を噛んだ。自分の故郷が、そんな危機に陥っていたなんて。
 父王や母君、妹、そして辻加護たちの姿が脳裏に浮かぶ。
「・・・いったい、どうしたらいいの?台風界を救うにはどうしたらいいの!?」
「そのために、あの手紙を出したわけや」
 つーくがニヤリと微笑む。そう、マリやよっすぃー、後藤たちが受け取った「タイフーン娘。」の手紙である。
「あの手紙を受け取った方には、多かれ少なかれ台風界人の血が流れているのです」
「マジで!?」
 意外であった。マリは当然ながら台風界の人間だが、よっすぃーや後藤にも同じ台風の血が流れていたとは・・・。
 マリと親しくなったのも、必然なのかも知れない。
「手紙を出したのは、あんたと愛様を含めて11人や。全員揃えば、魔王ユーコとも互角に戦える」
「いったい、あと誰に出したの!?」
「それが・・・」

841 ::02/09/12 01:16 ID:3AAYuNsW
 つーくは言葉を濁す。手紙には意志があり、勝手に台風界の血を引く人間のところへ飛んでいったのだという。
 つーくという男、登場が謎めいていた割には役立たずであった。
「ほっとけ!」
 それにしても、ことは重大である。台風界を征服すれば、魔王ユーコは人間界にもその魔手を伸ばすだろう。
 台風界を救うためにも、一刻も早く「タイフーン娘。」を集結させる必要がある。
 だが、それはそう簡単なことではない。マリ、よっすぃー、後藤、飯田先生、高橋の他に、あと6人もいるのだ。
「・・・それでも、やらなくちゃ!その、よく知らないけど年増っぽい魔王なんかに負けてらんないもん!」
「その通り!」
 聞き覚えのあるその声に、マリはハッと振り向く。
 そこには、よっすぃーがいた。
「帰りが遅いから、見に来たんだ。偶然立ち聞きしちゃったけど、あたしも関係あることだからいいよね?」
 よっすぃーの目が燃えている。戦いと聞いて、格闘家の本能に火がついたのだろう。
「やろうよ、マリ!マリの故郷が危ないんでしょ?だったらなおさらやんなきゃ!」
「よっすぃー・・・」
 よっすぃーは、マリが台風界の人間であることを承知でそう言ってくれている。
 それはマリにとって、あまりに心強い言葉であった。――少なくとも、つーくより何百倍も。
「だからほっとけちゅーねん!」

842 ::02/09/12 01:17 ID:3AAYuNsW
 高橋がマリたちの前に進み出る。
「こうしてはいられません。すぐに学校に戻り、残りのタイフーン娘。メンバーを捜しましょう」
 力強く頷くマリ、そしてよっすぃー。今ここに、タイフーン娘。はその第一歩を踏み出したのである。 

一方その頃。
 ひとけのないモーニング学園の職員室では、飯田先生が嵐の吹き荒れる窓の外を見つめていた。
「・・・ついに、タイフーン娘。が始動する・・・。あの人と戦うために・・・」
 美しい横顔に、憂いの色がにじむ。
「・・・彼女を、目覚めさせなければならない・・・。私の手で・・・」
 ピカッ。稲妻が、飯田先生の姿を照らす。その目の光は、狂気じみた決意に満ちていた。

そしてまた一方その頃。
 富士山九合目の山小屋では、一向に帰ってこないマリとよっすぃーの身を案じつつ、
 ますます強くなる風雨にビビっている小川たちがいた。
「マ、マリさんたち、どこまで行っちゃったんでしょうか・・・?」
「あいつらのことだから心配は要らないけど、あたしたちどうなんのかしら・・・」
 その途端、突風が山小屋の屋根を吹き飛ばした。
「ぎにゃーっ!」
「助けてー、ヘルプミー!」
「おぼえてらっしゃい、マリーっ!」
「・・・次回までに、下山できてるといいけど・・・」
 もうすっかり山岳部なんかどうでもよくなっている一同であった。
                                   (次回に続く)

――あと4話で収拾つくのかなぁ、とちょっと不安になってきた矢口。
(〜^◇^)<紺野、もうすぐ出番あるよ。
川o・-・) <ここまで引っ張ったんですから、かなりいい役ですよね?
(〜^◇^;)<・・・・・・・。

286 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)